Coolier - 新生・東方創想話

博麗霊夢と×××

2013/05/20 21:54:30
最終更新
サイズ
4.27KB
ページ数
1
閲覧数
2407
評価数
6/23
POINT
1240
Rate
10.54

分類タグ



「霊夢、これはどういう事なんですか?」

 まだ冷たい風の吹く博麗神社の境内。
 一通りの掃除を終え、縁側で霊烏路空の黒い羽に包まり一息ついていた霊夢の所に、華扇が怒鳴り込んで来た。

「あら、いつの間に来てたの」
「たった今来た所です。 そんな事より、これはどういう事なんですか? はっきりと説明してもらいますよ」

 そういきり立つ華扇は、手に持っていた紙を霊夢に向かって突き付ける。
 何処かで見た事が有るような文字が並んでいて、写真が一緒に載っていた。
 擽ったそうに羽を揺らしている文と、蕩けた顔で夢中になって羽をいじっている霊夢の写真が。

「ああ、これの事?」
「これの事、ではありません!」
「いやまあ、それはその」

 あの羽触り心地良いし、などという正直な感想を言えるはずも無く、霊夢はお茶を濁そうとする。
 霊夢の隣で温泉卵を頬張っているお空は、そんな二人を不思議そうに眺めていた。

「まったくもう、こんなうらやま不純な誘惑に負けてしまって」
「はいはい分かった分かった――今なんて言った」

 さらっと、仙人らしからぬ言葉が聞こえた気がして、顔を上げる霊夢。

「どうかしましたか、霊夢?」
「ふーん」
 
 何事も無かったかのように続ける華扇を見て、霊夢は怪しい笑顔を浮かべる。

「あんたも触りたいの?」
「えっ? あっ」
「別に良いわよね、お空」
「うん、いいよ。んぐんぐ……」

 お空は笑顔で頷いて羽を広げ、また無心に温泉卵をかじっている。

「わ、私は大丈夫です。それに、それくらいなら普段から触れていますから」
「大丈夫、そんなのよりこっちの方がずっと気持ち良いわよ」
「そんなの……って! 貴女よりずっと愛情を掛けているという自負は有りますよ!」

 何処か華扇の逆鱗に触れてしまったらしい。羽に関して負けられない何かが、華扇には有った様だ。

「良いから良いから、一度触ってみれば分かるわよ」
「そこまで言うのなら、一度だけですよ」


 華扇は少しご機嫌斜めと言わんばかりにずかずかと歩いて、お空の隣に座り、


 ぽふ


 と、その羽に身体を預ける。


「こ、これは……!」

 その瞬間、華扇に戦慄が走った。

「等しく整った並びにムラの無い濡れ羽色の艶、僅かな風にも靡く軽さは絹の様にきめ細やか。
 それだけでも調度品の様に美しいのに、風を纏って揺れる様は正に空を舞う羽衣に匹敵している。
 触れば見た目に違わず手首まで埋もれる柔らかさに包まれて、尚も潰れない一枚一枚が肌をくすぐる様。
 かつ抜け落ちるという弱さは微塵も感じさせない力強さが有り、手を動かし掻き分けても乱れる事無く元の形に収まる。
 そして、仄かに心地良い暖かさが安心感も生み出し……!?」
「気付いた?」
「……匂い? この匂いは自然のものでは……まさか」
「その疑問、私が説明しましょう!」

 その声に気付いた華扇は、驚き顔を上げる。
 その先、いつの間にか現れていた早苗は、射命丸文を従えてニヤリと口元を歪ませた。

「私は外の世界の技術を惜しみ無く使用しました。これがどういう事か分かりますね」

 自信に満ちた早苗を前に、華扇は動揺する。

「わ、私の負けです……!」

 華扇は敗北を覚悟して両腕をわなわなと震わせ、お空の羽に顔を埋めて悶えだした。
 早苗もまた、文の黒羽に身体を巻かれて、上機嫌で勝ち誇っている。

「あのー……よく分かりませんが、変な勝負に私を出すのはやめてくれませんか、早苗さ……んんっ」

 妖怪としての尊厳を軽く失いながら、文は早苗に羽を撫でられて、身体を震わせる。
 どうやらお気に入りに認定されてしまったのか、早苗はその羽毛マフラーから離れようとはしていない。


「結局、華仙は何に負けたのよ……まあ、いいか」

 この羽の暖かさが有れば割とどうでも良い事だと、お空の温泉卵を一つつまんで、霊夢は思う。
 
「で、早苗は何しに来たの?」
「天気が良いので文さんと一緒に遊びに来ただけですが、なんだか面白そうなのでつい」
「なるほどね。で、そっちのカラスは?」
「カラスじゃなくて鴉天狗ですっ! ちなみに私もいつも通りネタを探しに来たんですが」
「良いネタならそこに居るわよ、好きなだけとっていって良いわ」

 そう言って指差すお空の隣、黒く柔らかい羽に包まって身悶えている華扇は、実に良い表情をしている。
 それを容赦無く写真に納める射命丸、こちらも良い表情をしていた。

「助かりました、これで次回の新聞もバッチリです。出来上がったら真っ先にお届けしますね」
「あ、私にも一部お願いしますね文さん」

 文は嬉しそうに何かを手帳に纏めて、丁寧に頭を下げる。
 

「で、本当の所は?」

 口の端を持ち上げて、霊夢が訊ねる。

「やはりバレてしまいますか」

 ちろり、と舌を覗かせて、顔を赤らめる文。

「それじゃあ、ネタの『代金』を貰いましょうか」
「お手伝いしますよ、霊夢さん」

 霊夢と早苗は揃って座り、両手を怪し気に動かして今か今かと待ち構える。

「……優しくしてくださいね」

 そう呟く文の羽は、ばさばさと激しく揺れていた。




「はね

 もふ」
「うにゅぅ……」

 
(これ堕ちてるな……)
ライア
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.700簡易評価
7.100名前が無い程度の能力削除
魔理沙「実は私も羽を生やせるんだぜ☆」
完墜ちあやや美味しいです。
12.80名前が無い程度の能力削除
あらゆる快楽を経験し尽くした我々が最後にたどり着いたのは、羽毛へのフェチズムだった。
13.100名前が無い程度の能力削除
あの話大好きでした
今回も可愛いなー
16.80奇声を発する程度の能力削除
良いです
18.100名前が無い程度の能力削除
そら堕ちるわ
19.803削除
藍のしっぽもふもふネタはよく見ますが、この羽根ってのは珍しいですねぇ。