Coolier - 新生・東方創想話

阿求とチルノの阿呆問答①

2013/02/05 20:34:34
最終更新
サイズ
1.25KB
ページ数
1
閲覧数
1636
評価数
3/21
POINT
410
Rate
3.95

分類タグ

阿求とチルノの阿呆問答

目次

前書き(執筆中)
第一季 第一節 寺子屋の日常
    第二節 阿求のため息
後書き(執筆中)


阿求は正月から慧音の寺子屋を手伝うことになった。
もとより子供は嫌いな方ではなかったし、教えるのもさほど下手ではなかった。
ただひとりの問題児を除いては・・・

阿求「・・・」
チルノ「ねぇ? 1+1=?ってチルノのことだよね?」
阿求「何度言ったら分かるんですかー[2]ですよ、にー」

そうやって阿求はぎこちない笑顔を浮かべた。

阿求「友達何人いますか?」
チルノ「えっとねー、ええーっと、ねー、ひーふーみーよーうー☆」
阿求「途中から中国語になっちゃってるじゃないですか(汗)」
阿求(心の声)「諏訪子ちゃん連れてくるといいかもだわ、うんきっとそう☆」
阿求「んん~じゃあ、チルノちゃん、今日はここまでにしといて明日またここから始めましょう?」
チルノ「うん、わかったよ1+1=?」
阿求「この子、だめぽ」
チルノ「なんか、いった?」
阿求「い、いや、なんでもないですよー、へへへ」

その日の夕暮れ間際の寺子屋で阿求は慧音に相談してみた。

慧音「ん?どうかしたのか阿求。」
阿求「ええとですねー、・・・、そのチルノちゃんがちょっと・・・」
阿求「・・・」
慧音「ぷぷw、いわなくてもわかるからいわなくていいぞw」
慧音「ふむ、阿求でもだめだったか」
慧音「もしあれだったら、他の子の指導についてもいいんだぞ?」

(第二話に続きます)
会話形式と短編形式をとっていますので、ライトノベルになってしまいました。

トイレにて次回作執筆中!
ONOZUKA
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.380簡易評価
3.10名前が無い程度の能力削除
これは…正直言って面白いとは思えないなぁ
つづく、とあるので続きが面白いことを祈って10点
5.無評価名前が無い程度の能力削除
ふざけてるとしか思えません
13.無評価名前が無い程度の能力削除
いつまでトイレにこもってんだよ
19.無評価名前が無い程度の能力削除
最近のライトノベルって発言者まで書いてんの?
とりあえずまともな「小説」読んで「小説」がどういうものか知るところから始めたほうが。
トイレはネタだろうけど読者の反感煽るだけだからやめたほうがいいと思うよ。
20.無評価名前が無い程度の能力削除
ライトノベルですらないと思います
21.10名前が無い程度の能力削除

ライトノベルになんてなってませんよ。これは走り書きのお母さんの買い物メモ以下のナニかです。
23.103削除
もっと頑張りましょう。