Coolier - 新生・東方創想話

黒歴史ノート(汗)  随時更新

2012/11/21 00:41:29
最終更新
サイズ
15.27KB
ページ数
1
閲覧数
3653
評価数
4/9
POINT
130
Rate
3.10

分類タグ

『PROJECT X PHANTASM』の設定とあらすじです。
できる限り相性が良いと思われるパロディやクロス、そして私の妄想で色々と膨らませました。(汗)
なお、物語序盤の舞台は、『極めて近く、限りなく遠い世界』となります。





 EX  それが、コイでしょう  投稿済み


 EX  正拳伝説  投稿済み


 EX  秘封倶楽部の黒歴史  投稿済み


 EX  Hearn's Report  投稿済み

 

WANTED!! - おぜうさまとの戦い -   投稿済み
(旧タイトル名: …押しても、いいんだぜ! なつかしい簡易評価ボタンをよ!)


犬鍋 (上)   投稿済み

犬鍋 (中)   投稿済み

犬鍋 (底)

 あらすじ

  バチュリー特製の『魔導器・妖精の素』。
  妖精を召還するステキな魔導器さ!
  やり方は、とってもカンタン!


  レミリア
 「ねって、ねるねるねる~♪ う~☆」
 
  
  妖精の素に水を混ぜ、よ~く、ねってからオーラを込めるだけ!
  『魔導器・小悪魔の素』もヨロシク!!

 

魔牢 ~ 紅魔館 真章 ~

 あらすじ

  魔神との契約により、パチュリーはトラップを自在に設置し、
  操ることができるようになりました。
  トラップ・コンボの実験体にされるのは、もちろん小悪魔。
  小悪魔の受難の日々を綴ります。

   パチュリー
  「花瓶、スプリングフロア、スパイクウォール、クエイクボム……と。
   こんな感じかしら。
   小悪魔、こちらへ来なさいな」



悪魔嬢レミリア 十六夜の夜想曲   投稿済み



恐るべき娘達計画

 あらすじ

  パチュリー主導のもと、吸血鬼ハンター、サクヤ・ベルモンドの遺体から得た遺伝子と、
  戦闘技術を組み込んだ最強のホムンクルス部隊を製造する計画が発動。
  サクヤ・ベルモンドの容姿と能力を引き継いだホムンクルス第壱号は、
  『十六夜 咲夜』と名付けられ、レミリア付きのメイドとなるが……。
  
 

笑ゥせぇるすうーまん 
   
 あらすじ

  ある日、紅魔館にとてつもなく胡散臭いセールスウーマン、
  マエリベリー・ハーンがやって来ます。
  果たして、レミリアのココロのスキマは満たされるのでしょうか?  


  マエリベリー
  「その土地の名は幻想郷……。
   きっと、レミリア様のココロのスキマ、お埋めします」



悪夢の始まり   投稿済み



ぼんびーっ☆



甘い家  前編   投稿済み
 
甘い家  後編



妖夢とぶ
  
 あらすじ

  『まんまるドロップ』『ぱっくんチョコ』『ロイヤルゼリー』を購入する為に、
  妖精の村を訪れた妖夢。
  お使いで来ただけなのに、”ゆらぎ”から現れたドラゴンと戦うハメに……。


  大妖精
  「やっちゃえ、妖夢さん!
   必殺の、オーラ斬りだぁっ!!」
   
  妖夢
  「南無三!!」



ゆらぎの里のアリス

 あらすじ

  ”ゆらぎ”から現れる未知の怪物達に、人間達の精神は追い込まれ、
  住人同士のトラブルが絶えなくなった幻想郷の人里。
  そんな不協和音な里で、
  アリス・マーガトロイドは、とあるマニアック仙狐と遭遇する……。 


  シャオムゥ
  「ま、まさか、アリス・マーガトロイド!?
   あの胡散臭い極まりない書き込みは本当じゃった!
   幻想入りするだけじゃなく、東方キャラと巡り会えるなんて……。
   PC-98版からプレイし続けているワシにとって、こんなに嬉しいことはない!
   とりあえず、サインくれ!
   ワシ、ヌシのファンなんですぅ~♪」

  アリス・マーガトロイド
  「……はい!?」



FOX DAYS


  沙夜
  「あん、いけずね~。 
   同じ狐同士じゃないの。 
   ……見逃してくれたら、
   腐れ縁のお嬢ちゃんから教わった、
   ”特選・油揚げパフェ” をご馳走しちゃうわよ~♪」
   
  藍
  「(と、特選・油揚げパフェ!?) 
   い、いかなる甘美なモノで懐柔してこようとも、この八雲藍、容赦せん!」



自警団の誇りを思い出せ!

 あらすじ

  人里に悲鳴が響き渡る。
  黒、赤、金といった色とりどりの巨大蟻の群れが襲撃してきたのだ。
  だが、恐れることはない。
  自警団には、
  侵略者(インベーダー)ハンター、嵐一(あらし はじめ)がいるのだから……。

  
  自警団員A
  「アリだー!!」



蟲の王

 あらすじ

  突如、妖力値がS級クラス並となり、
  容姿や立ち振る舞いが大きく変わってしまったリグル。
  巨大蟻や巨大蜘蛛の群れを引き連れ、
  人妖問わず無差別に襲撃を始めるリグルにミスティアの声は届くのか!?  


  リグル
  「余は、リグル・ナイトバグ。
   至高にして唯一絶対の蟲の王なり!」      

  ミスティア
  「そ、そんな……、声まで変わって!?
   ……って言うか、どうしちゃったのさ、リグル!!」



週刊・少女のつくり方

 あらすじ

  蟲退治が終わり、平穏を取り戻した幻想郷。
  再び、人形作りに精を出すアリス・マーガトロイドの元に届けられたモノ。
  それは、完全な自立人形の作成を目的とするアリスにとって魅力的なモノであり、
  新たな異変を起こすモノでもあった……。


  雪華綺晶(きらきしょう)
  「(お父様と同じぐらいの力を感じる……。
   この人形師ならば、私の体を……!)」



アリス・ゲーム



霧雨魔法店 VS 魔女デネブのお店

 あらすじ

  キノコが大好きな魔法使いと、
  カボチャが大好きな魔女のバトルが始まる……。


  デネブ
  「失礼しちゃうわ。
   こ~んなジャリガキと間違えるなんて!」

  魔理沙
  「んだと、このパチモンがぁぁぁーーッ!!」



リッチな屍術師

  二バス
  「ほほう……。
   貴女の魂と肉体、実に興味深いですネ~」

   妖夢
   「な、何者!?」





 あらすじ

  突如、視力を失ってしまった古明地こいし。
  妹のためにさとりがとった行動。
  それは……。


  ~ 永遠亭 庭 ~

  燐
  「さとり様!
   お空の目までえぐるなんて、あんまりです!」

  さとり
  「こいしのためなのよ。
   ……そうだわ。
   貴女の目もよこしなさい!」      



奇機怪械 (ききかいかい)

 あらすじ

  河童の河城にとりは、制作したコピー・ドールに、
  香霖堂で入手した『No.A』と刻印されたコンピューター・ユニットを組み込む。
  すると、突然暴走を始め、他のコピー・ドールや機械を操り暴走を始めてしまう。
  ぼんびーっ☆巫女の霊夢と、化け狸のマミゾウがタッグを組み、
  新たな異変へと立ち向かうが……。


  霊夢
  「げぇっ! ホントに私そっくりじゃないの! 
   まったく、あの河童ったら、ロクなモノしか作らないんだから!!」

  コピー・ドール (No.A)
  「人類…。
   知性という武器を身につけた悪魔のサルめ!
   遺伝子のカケラまで滅ぼしてくれるがががーっ!」

  マミゾウ
  「ワシは狸じゃがな!
   ……奴は、姿どころか、能力まで霊夢殿と同じと聞いておる!
   破壊せねば、大変なことになるぞい!
   鼻じゃ!
   鼻が弱点じゃ!」



実験室のフラスコ

  レミリア
  「私には予知能力があった……。
   未来を垣間見ることができた。
   そして……、幻想郷の未来は暗雲に包まれていた……。
   それはそうだろう?
   妖怪、妖精、人間、霊、神、怪獣、ロボット、更には異星人までもが、
   この狭い世界に存在している。
   こんなデタラメな世界が、いつまでも続くわけがない!!」



幻想入り

  自らの意思で幻想郷へ行く方法
  
  1.パソコン(Win)に東方ゲームをインストールします。

  2.インストールしたパソコンに両手を添える形で『錬』を行います。

  3.プレイヤーの身体・精神ごと幻想郷に引きずり込まれます。


  マエリベリー
  「自力で幻想郷に入る為には、東方ソフト、パソコンの他、
   念能力が必要です。
   念を習得していない方は、頑張って習得してくださいね~♪」



マエリベリーが先か、紫が先か



FOX DAYS´



死者の指輪

  ~ マナの要塞 最深部 ~
  
  魔理沙
  「パチュリー!
   バカなことはやめろ!!」

  パチュリー
  「レミィの仇をとらせてもらうわ……ッ!
   冥府の王デムンザよ、
   この指輪に封じられし災いの力と深い慈悲の心を
   我に与えたまえ……。
   解けよ、封印ッ!!」


  勝利条件
    リッチクィーン(パチュリー)を倒せ!


  敗北条件
    霧雨魔理沙が戦闘不能。



マナの剣

  チルノ
  「あれが神獣か!」

  大妖精
  「さあ、行こう!
   急がないと、神獣が暴れ続ければ幻想郷に被害が広がるよ!」
           


 

 最終話  終焉(おわり)の郷のアリス   投稿済み



          ◇◇◇




★レミリア・スカーレット 
  種族:吸血鬼  B級妖怪(紅の眼発現時:A級妖怪)
  操作系能力者(紅の眼発現時:特質系能力者)
  性格:超々強気  
  オーラ・コマンド
  信頼 激励 期待 直感 魂 覚醒

  「運命を操る程度の能力」を持つ吸血鬼。

  戦闘時、気力が110以上になると眼が紅く輝く、特殊能力”紅の眼”が発現する。
  ”紅の眼”発現時は、念の資質が特質系に変わり、どの系統の能力も100%引き出せるようになる。
  操作系能力者は、どんなに強化系を極めても、60%しか肉体を強化できない。
  しかし、紅の眼発現時は、100%強化できるようになる為、
  吸血鬼が本来持つ、怪力、肉体の頑強さ、治癒力等をさらに高めることが可能。
  だが、”紅の眼”発現時は、カリスマ・ブレイクな言動を無意識に行ってしまうリスクを伴う。
   
  
  紫外線たっぷりの日光は、大きな弱点の一つであったが、
  あり余るオーラを常に体の周囲へ放出することによって、
  日光を屈折させることに成功し、デイ・ウォーカーとなった。
  

  「私にとって日の光は大敵ではないわ。 ピーマンと同じくらい大嫌いなだけよ」



★パチュリー・ノーレッジ
  種族:魔法使い  B級妖怪
  具現化系能力者
  性格:冷静
  オーラ・コマンド
  偵察 分析 ひらめき 集中 友情 隠れ身
  
  「火水木金土日月を操る程度の能力」を持つ魔法使い。

  五行に日と月の2属性を加えた属性魔法を使いこなす。
  また、悪魔と契約したことにより、様々なトラップを具現化できるようになった。
  設置したトラップは何回でも発動可能。
  しかし、トラップを発動させる度に魔力を消費する為、トラップを使用し続けると、
  アッという間にMPが尽きることになる。
  他にも捕らえた侵入者を素材とし、モンスター合成を行い、
  自らの使い魔としたりと、魔女らしい面も見せる。
  趣味は、読書と新しいトラップの開発とモンスター合成。
  

  「ようこそ、レミィの首を望む者。 ここは闇の館、紅魔館……」



★ホン・メイリン
  種族:元人間の中華妖怪  B級妖怪
  強化系能力者
  性格:温厚
  オーラ・コマンド
  ド根性 鉄壁 直感 修練 熱血 気迫


  「オーラを使う程度の能力」を持つ元人間の中華妖怪。
  
  筋力等をより高める強化系の能力と、得意とする八極拳との相性は抜群。
  そのため、接近戦に限ればレミリアと同等の戦闘力を有する。
  また、強化系能力者は放出系と変化系の能力と相性が良いため、
  メイリンは、かなりバランスの取れたファイターと言えよう。
  なお、食事に関しては、特に好き嫌いはないが、四足なら机と椅子以外、
  特に犬の肉を用いた犬鍋が大好物である。  

 バックストーリー
  数百年前、東の都から遠く離れた貧しい村は、飢饉で壊滅状態に陥った。
  村人であったメイリンは、生き延びるために自分の愛娘をも喰らう。
  その行為は、まさに外道であると同時に、外法”ニンゲン卒業”を成就する為の第一のステップでもあった……。

  主な技・能力
   鉄山靠:背中からぶつかる体当たり。
   百裂脚:片脚立ちの体勢から素早い蹴りの連打を繰り出す。
   気功拳:高めたオーラを掌に集め、相手へ向けて放出する。
  気鋼闘衣:オーラを硬い物質に変化させ、身にまとい防御力を向上させる。
      円:オーラを円状に広げ、範囲内の全ての物の形や動きを感知する。


  「アナタ達にはクンフーが足りなかった。 そして、私に挑むのは十年早かったわ」





■妖怪のランク

  妖怪は力量によって、「弱 E→D→C→B→A→S 強」にランク分けされる。
  なお、A級以上の妖怪になると、神話の怪物として語り継がれているモノさえいるとか。



☆半田反太(はんた はんた)
  賞金首(ブラックリスト)ハンター
  操作系能力者
  愛車:レッド・ウルフ  

  「車を神業の如く操る程度の能力」を持つハンター。

 バックストーリー
  中学生の頃、プロ・ハンターを志し、車の修理屋を営む父親に相談するが、
  「世間の冷たい風に当たって、のぼせた頭を冷やしてきやがれ!」
  と、勘当同然に家を追い出されてしまう。
  それから紆余曲折があったものの、念願のプロ・ハンターになった反太は、
  愛戦車、レッド・ウルフとともに、賞金首達を狩っていくのであった。



☆オズマ
  賞金首(ブラックリスト)ハンター
  操作系能力者

  「ワンちゃんを自在に操る程度の能力」を持つハンター。

  オズマは、熟練の老ハンターである。
  最盛期には101匹のバイオニック・ワンちゃんを自由自在に操る様から、
  「魔犬のオズマ」の異名を取り、恐れられていた。

 バックストーリー
  ハンター稼業を引退し、可愛いワンちゃん達に囲まれ、悠々自適に余生を送っていたが、
  ワンちゃん達のエサや薬、ハイテク動物病院の診療代等の急激な高騰により、
  貯金はアッとういう間にゼロになってしまう。
  愛するワンちゃん達の為、知り合いの賞金稼ぎ達と共に紅魔館へ赴くのであった。


  「行けぃ、ポチ! ”体当たり”じゃあああ!!」



☆バレッタ
  妖怪(ダークストーカー)ハンター  
  変化系能力者
  性格:狡猾

  「ラブリー過ぎる程度の能力」を持つハンター。

  様々な重火器等を具現化し、戦うのが彼女のスタイル。
  また、具現化した傭兵達を変化系の能力「薄っぺらな愛」で隠しておき、
  相手の不意をついて、総攻撃を仕掛けることも得意とする。


 バックストーリー
  怪物退治、そして何よりもお金が大好きな”赤ずきんちゃん”こと、バレッタ。
  そんな彼女がレミリアに目を付けない筈がありません。
  レミリアに懸けられた賞金が最高潮に達した知るなり、
  これぞ狩り時とばかりに、スキップしながら愛犬ハリーと共に紅魔館へ向かうのでした。


  「クソ吸血鬼の賞金は、このバレッタ様がイタダキよ~♪」



☆サクヤ・ベルモンド
  吸血鬼(ヴァンパイア)ハンター
  特質系能力者
  性格:超強気
  オーラ・コマンド
  迅速 集中 直感 孤高 電瞬 切り札 

  「吸血鬼を滅殺する程度の能力」を持つハンター。

  雑魚モンスターなら一叩き、
  ボスクラスのモンスターでも数回叩けば滅殺できるステキなムチ、
  ”聖鞭ヴァンパイア・キラー”……のレプリカをメインに戦う。
  体術に優れ、ナイフによる戦闘も得意であり、
  常に身に着けている純銀製の大型ナイフでのクロスコンバットの他、
  具現化した多数の投擲用ナイフを操作し、相手に投げつけることも可能。
  また、状況に応じて、十字架や聖水、オノ等も具現化して用いる。
  切り札は、懐中時計にオーラを込め、時を停止させることにより、
  敵を一方的に攻撃する「裁きの時間」。

  
 バックストーリー
  吸血鬼ハンターの名門、ベルモンド家の長女として生を受ける。
  ベルモンド家に産まれた宿命により、幼き頃から厳しい修行を積み重ね、
  代々伝わる戦闘技術を習得せねばならなかった。
  しかし、後継ぎとして弟がいる為、母親からは、ごく普通の幸せを得て欲しいと望まれていた。
  東洋人と西洋人の血が絶妙に混じった美貌。
  美しい銀髪。
  だが、瀟洒な外見に反し、戦闘に関するセンス、そして闘争本能は極めて高く、
  「私より強いヤツを殺ってくる」という書置きを残し、銀髪の美少女は紅魔館へと旅立つ。


  「聖水にはこういう使い方もあるんだ! 聖なる雨よ、邪なるモノを叩き落とせ!
   アイテム・クラッシュ!!」



☆嵐一(あらし はじめ)
  侵略者(インベーダー)ハンター
  放出系能力者
  オーラ・コマンド
  信頼 応援 熱血 激励 鼓舞 復活

  ”外の世界”から幻想郷に流れて来た男。
  名前以外のことについては、ほとんど憶えていない。
  いわゆる記憶喪失である。
  流れて来た際、 戦闘服を着ていたので、軍人だったと思われる。
  時折、「EDF! EDF!」と叫ぶことがあるが、EDFとは何なのか、
  彼自身も含め、誰にも分からない……。



☆博麗霊夢
  妖怪(ダークストーカー)ハンター
  特質系能力者



☆霧雨魔理沙
  貴重品(トレジャー)ハンター
  変化系能力者
  性格:強がり
  オーラ・コマンド
  努力 加速 集中 熱血 突撃 挑発


  「ど・ろ・ぼ・う? 私を呼ぶならトレジャーハンターと言ってくれ!」



★魂魄妖夢
  強化系能力者
  性格:真面目



★アリス・マーガトロイド  B級妖怪
  操作系能力者
  性格:神経質



★ミスティア・ローレライ  C級妖怪
  放出系能力者
  クラス:ディーバ
  スキル:歌舞音曲



★シャオムゥ  B級妖怪
  変化系能力者
  性格:お調子モノ



★沙夜  A級妖怪
  変化系能力者
  性格:気まぐれ
ご無沙汰しております。

きんもーっ☆

きんもーっ☆クエストⅢ  そして炎上へ…

も宜しくお願いします。
怪人二十HN
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.90簡易評価
1.10名前が無い程度の能力削除
パロディ云々より、楽屋裏を見せられても反応に困るというのが正直なところ。
それならば「ダークストーカーズ〜」を完成させた方が良いのではなかろうか。
2.無評価名前が無い程度の能力削除
待て待て待て待て、クソッ、いやこんな見え見えの釣り針に釣られる俺もダサいけどさ、何考えてんだよあんたマジで。読者に対しても創想話に対しても、どう考えても舐めすぎだろ。いい加減にしろよ本当に。
3.無評価名前がない程度の能力削除
なにこれ?
4.無評価名前が無い程度の能力削除
なんか勘違いしてるのかもしれないけど、ここはSSを投稿する場所であってノートに書いた落書きを投稿する場所じゃないからな
ひどい作品はたくさん見てきたけど、これはもうSSでもなんでもないからさっさと消せ
7.10名前が無い程度の能力削除
うん センス足りないね
8.10名前が無い程度の能力削除
ええと、設定集を見せられても、困ります。
他の方も言ってますが、ここはショートストーリーを投稿する場所で、設定を晒す場所じゃないんですが……。
9.無評価名前が無い程度の能力削除
なんとなく展開読める。
東方キャラが負ける話を書かれると、ファンとしては居た堪れないというかつまらないというか怒りが沸き起こるというか……

それにこれは小説以前にSSですらないでしょうに。
センスがないのは誰ですか?
10.無評価名前が無い程度の能力削除
イタタタタ
11.無評価名前が無い程度の能力削除
ここは『ぼくのかんがえた、すごいせってい』を書く所じゃありませんよ。
12.10削除
ここはチラシの裏じゃないよ
13.無評価名前が無い程度の能力削除
タイトルからして地雷臭がしたので本文を飛ばしてコメント欄を見た

だいたい思った通りだった
14.無評価名前が無い程度の能力削除
ここまで否定されちゃ、本編で取り返すしかないですね。
15.無評価名前が無い程度の能力削除
そもそもこれは何がしたいの? 『ネットの発達はバカに発言権を与えた』という言葉を思い出したよ。
16.無評価名前が無い程度の能力削除
別に無理して書かなくてもいいですよ
17.無評価名前が無い程度の能力削除
釣り針がでかすぎる、-114514点
19.無評価名前が無い程度の能力削除
何度見ても笑える。うすら寒いギャグセンスとしてはレベルたかいぜ、アンタ。
20.無評価名前が無い程度の能力削除
え?
22.無評価名前が無い程度の能力削除
何もするな