Coolier - 新生・東方創想話

日没するところの、戸隠~エピローグ~

2012/08/01 04:18:54
最終更新
サイズ
1.6KB
ページ数
1
閲覧数
773
評価数
10/23
POINT
860
Rate
7.38

分類タグ

 あんちゃん今日は豪華な服を着ているのね

 霊夢、豊聡耳神子に会いにいくんや当然や

 あんちゃん子の使命は戸隠が書いたssを東方創想話に届けることだった

 戸隠は前回別名で投稿してばれている。これ以上の失敗は作者はかさねることができない




 あんちゃん子は、唐方創想話の読者にssを送ったのだった。



 あんちゃん子:戸隠、日没するところの作者、戸隠、日いずるとことの読者に捧ぐ

 豊聡耳神子:と、とんでもない奴だ。これを、読者に見せるのか?

 あんちゃん子:豊聡耳神子様が激怒するのは、わかってるんや。読者もきっと激怒する

 豊聡耳神子:あんちゃん子、また戸隠は、投稿しては削除を繰り返すか?

 あんちゃん子:この戸隠の酷書で読者様がちょっとでも、ニヤッとすれば問題ないやん

 豊聡耳神子:……行って来い。部下に物部もつけてやるから




 こうして、あんちゃん子と物部は旅に出たのだった。

「兄貴! この旅は、生きて帰れる確率はかなり低い」
「物部、お前はええ、ここぞというときにボケ担当をしていればええんや」


 二人の旅はこうして恥まった。ここで、あんちゃんこについて、説明しなくてはならない、あんちゃん子はあんちゃんが1000年前に名乗っていた名前ある。

 名前に子がついているが、女ではなく男だ。



 さて、日没する所の戸隠が書いた酷書を届ける冒険はネットサーフィンという自由で快適でありながら、超えるのが難しい敷居を越えなくてはならないのだった。


「兄貴、船着場までついたな」
「せやな」
「どっちの、船に乗るんですかい?」


 船着場には、家畜人と外国の巨大企が作った船があった。どちらも、行き着く先は同じ、そう東方創想話なのである。

「第三勢力、華氏に乗っていくんや」
「あんちゃん子」


 二人はエムピースリー型客船に乗り込んで、東方創想話に乗り込んだのであった。
 
さて、4度目の戸隠
戸隠
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.240簡易評価
1.100もんてまん削除
荒れそうですな。
沈没しないことを願っております。
2.80名前が無い程度の能力削除
不覚にもニヤッとした。単なるテンプレ作品よりましなんだかなぁ。
しっかりとした続編を、書いてくれよ。
5.80名前が無い程度の能力削除
沈没した後の漂流という感じでしょうか。こんなにすっきりした戸隠作品を読める日が来るとは思わなかった。
カオス成分が後退したのは残念な気持ちもありますが、物語が表に出てきてこれはこれで面白いかもしれません。
いかんせん短すぎるのが欠点かと。もっと構想を続ければ見栄えのある奇書に達するのではないかと思うのです。
6.80名前が無い程度の能力削除
ニヤッ
7.80名前が無い程度の能力削除
実は結構好きなので
めげずに頑張ってください
9.80奇声を発する程度の能力削除
おおっと
思わずニヤッとしてしまいました
11.10名前が無い程度の能力削除
えと、なんだコレ?としか言えないのですが。
13.10名前が無い程度の能力削除
(iPhone匿名評価)
16.10名前が無い程度の能力削除
何がなんだか全くわかりません
20.90名前が無い程度の能力削除
くそっ!面白いじゃないか!
でももしかしたら荒れるかもしれませんね…。
23.無評価名前が無い程度の能力削除
あんちゃんを事前に知っておかないと、楽しめない。