Coolier - 新生・東方創想話

営業部、雛課長と平のにとりさん

2012/07/25 15:18:46
最終更新
サイズ
1.62KB
ページ数
1
閲覧数
488
評価数
9/20
POINT
810
Rate
7.95

分類タグ


「雛課長、わざわざ、屋上に呼び出して話って何?」
「それはね、にとりの成績が悪いことよ」
「え? 私の成績が悪い?」
「そう、あなたの成績はこの課で後ろから3番目。とても悪い」
「でも、私の下に2人もいるじゃない」
「そうね、でも、その二人は新人の物部と、早苗執行役員の愛人小傘なのよ」
「……まあ、えっと、確かにそうだけど」
「だからね、にとりには、ほかの事で頑張ってもらおうと思って」
「ちょっと、私の成績が悪いなんて、前からのことじゃない。それに、山の経営も順調だし。なんで、い、今更!」
「むしろ、経営が上手くいっている今だからこそ人員の再構築が必要だと思うのよ」
「そんな、酷い! 雛と私は同期じゃない! その同期の私を他に異動させるなんて!雛は流し雛の売込みで大成功して今のポストを手に入れたけれど、私だってこつこつがんばってきたのに」
「昔、言ったことがよね。農家さんといっしょに汗を流し、きゅうりを栽培することが、にとりの仕事じゃないって。でも、あなたは聞き入れなかった。きゅうり栽培する、農家の諏訪子をカカアに娶るとかいって営業の仕事をしなかった」
「それなら、あの時なんで諏訪子が人妻だと、教えてくれなかったの?」
「それは」
「雛は、いつも最初から知っているくせに、後になって教えるよね」
「それは、えっと、あの時、事実を知ったにとりの涙の塩味がするきゅうりが美味しかったからよ」
「うそ! そんな、事実はないよ」
「そうね、捏造だけれども、私は流し雛、所詮はカタシロにすぎないのよ」
「意味がわからないよ。変に話をすりかえているだけじゃない」
「そうね、今まで私は逃げていただけかもしれないわ」
「何? 何から? それよりも、他のところっていうのはどういうことなの?」



「にとり、私はもう逃げない! 言いたかったことを言うわ。今度の異動先は、私の立ち上げる新会社の専務よ!」
「え? なにそれ、微妙! 普通副社長とかじゃないの?」
10年後
「まさか、雛の会社が東証2部に上場するなんて」
nasuのよっちゃん
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.370簡易評価
1.30名前が無い程度の能力削除
すまない、よくわからなかった
4.10名前が無い程度の能力削除
(iPhone匿名評価)
5.80名前が無い程度の能力削除
年齢層がちがくないか?
7.70名前が無い程度の能力削除
面白いけど、幾ら何でも短すぎるんじゃないですか。世知辛く退屈な会社の日々をもっと読みたかった。
10.80名前が無い程度の能力削除
カオスw
面白かった
11.30名前が無い程度の能力削除
よくわからない
14.40名前が無い程度の能力削除
最後まで読んでみて意味がわからなかったけど、オチの2行を再読して納得しました。
17.10名前が無い程度の能力削除
東方でやる意味はどこだろう…
20.90名前が無い程度の能力削除
なんか笑った
諏訪子の旦那は神奈子かな