Coolier - 新生・東方創想話

森のレミリアさん

2012/07/22 04:35:26
最終更新
サイズ
2.01KB
ページ数
1
閲覧数
620
評価数
11/24
POINT
880
Rate
7.24

分類タグ

 レミリアは、道に迷っていた。常に道に迷っている、レミリアだが今回は今までの中で設定上一番安直な道だ。

「ちょっと、何? 待って私は迷ってなんかない」

 突然おかしなことを言っているのは、ここが何処だか分からなくて困っているからだ。

 当然、上記のレミリアは道に迷っていたに対してではない。それが全てであり事実だ。

「そもそも、私は吸血鬼で夜の王なのだから全然怖くないもの」

 時刻は、午前2時30分で、怖いなんだかその場所に束縛されている幽霊が出てもおかしくない時間である。本心は怖いのだ。というのを必死に否定しっている。



 

 咲夜は今夏休み中で、避暑を兼ねてエスキモーとアザラシ狩りに出かけてしまっているから主人のピンチに気付いてなどいないだろう。

 心いくまで、凶暴なアザラシと徒手格闘しているころだろう。このあいだ、美鈴に格闘を教わっていたから、素手で戦うつもりなのだろう。




 ちなみにここは、なんだか暗い森だった。しかも、深くてじめじめしている。なんで森に出かけたのは、本人にしかわからない。

「……フランにね、珍しい宝石でもあげようと思って来たのに」

 独り言だ。けして、耳元で誰かがレミリアに話しかけているわけじゃない。

 実際レミリアは、強いのだから本来は怖がったり強がったりする必要はないはずなのに、何か得たいの知れない恐怖と戦っていた。



 ガオオオオオー!

 音だ。雄叫びだ。ライオンをモチーフにした。トラのような牛の雄叫びだ。

「違う今のは、雄叫びじゃない! 木の葉のすれる音よ」


 いったい、なにに向かって否定してるのか?

 何が、雄叫びをあげているのか?


 世界が平和でありますように。短冊に願うのは7月7日のこと。


「……一人は怖いのよ。ここは、暗くて嫌よ。でも、全然余裕だけど」

 
 レミリアは、突然怖くなって右往左往、でも縦横無尽だ。




「それでも、フランに宝石を見つけて帰る!」


「それでも、フランに宝石を見つけて帰る!」


 大事なことだから、二回言った。虚空に向かって大声で叫んだ。 





 そんな、レミリア背後にレミリアが!なんで?あれ?お姉様!
  
 
 


「ごめん、フラン。その人形遊びやめてくれないかしら?」


 声が聞こえたレミリアの声が、突然聞こえた背後からだ。


  

「え? これからが面白くなるところなのに!」
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.360簡易評価
2.10名前がない程度の能力削除
ようするにフランが人形あそびして、その人形がレミリアだったっことだろ。わかりにくい。
3.50名前が無い程度の能力削除
だが夏休みに徒手空拳でアザラシと戦う咲夜さんの話の方が気になります
4.50名前が無い程度の能力削除
少し日本語がおかしいのもフランちゃんの独白だからだろうか
5.60名前が無い程度の能力削除
うん、いいんじゃない?
ところどころ、文章が変なのは演出なの?
6.20名前が無い程度の能力削除
文章のおかしいところが演出だとしても、演出の効果より文章力のおかしさが前に出ちゃってるんだよなぁ……
8.50名前が無い程度の能力削除
もうちょっといろいろ肉付けがほしかったです
9.10名前が無い程度の能力削除
(iPhone匿名評価)
10.30名前が無い程度の能力削除
発想を作品に形作る力がない
12.100名前が無い程度の能力削除
えっ、これはこういう楽しみ方の小説ですよね^^;?
18.50名前が無い程度の能力削除
面白いのにこの分量ってのはないでしょう!なんか色々膨らませられそうで期待し始めたらオチが来てとても悲しかった。
22.90名前が無い程度の能力削除
なかなかいいと思いますよ