Coolier - 新生・東方創想話

魔怪旅行記3

2012/07/07 17:06:38
最終更新
サイズ
2.33KB
ページ数
1
閲覧数
605
評価数
0/4
POINT
150
Rate
7.00

分類タグ

コンコン
「夕食の準備ができたわよ。」
「はーい」「ああわかった」「夢子姉さん今日の夕食はなに」
三人とも本当の兄妹みたいな雰囲気で部屋にいた。
「今日はカレーよ、もう出来てるから早く来るのよ。」
そう言って私は部屋を後にした。
それにしてもあの二人霖之助にかなりなついてたわね。
「悪い人ではないみたいね…」

「さて、ご飯を食べに行こうか。」
ルイズとサラの二人を連れて食堂に向かおうとした。
「すまないが食堂はどこだい。」
そういうとサラはあきれ顔でルイズは笑いながら引っ張っていった。
そういえば昔は魔理沙にもこんな風に引っ張っていろんなところにつれてかれたな。こんな風に引っ張られて行くのも悪くないと思うなんてな。僕は案外、子どもの面倒をみるのが好きかも知れないな
食堂に行く途中で金髪の少女と水色の髪の少女に会った。
「あれ、サラとルイズと…誰?」
金髪の少女は僕を見て頭を抱えてる。
「僕は森近霖之助、魔法の森で古道具屋を営んでいるしがない半妖だよ。魔界の道具に興味があって来たんだがサラにつかまってしまった。」
「私はユキ、よろしくね」
「……」
「この子はマイっていうの、無口だけどいい子だからやさしくしてあげてね。あと私たちは双子なんだよ」
ユキとマイ、この二人もここに住んでるの。やはりここに住んでるから魔法が使えるのだろうか。後で聞いてみるか。
「霖之助、さっきから黙ってどうしたの」
僕はまた考え事をしていて黙りこんでいたみたいだ
「すまない、考えごとをしていたんだ。しばらくやっかいになるからよろしく頼むよ。」
「自己紹介もいいけどはやくご飯食べにいかないと夢子姉さんにおこられちゃうよー」
サラが少しあわててみんなに言った。
「そんなにあわてなくても大丈夫だろう。少し遅れたくらいで夢子が怒こるとは思えないのだが。」
「そんなことないよ、夢子姉さんすごく怖いんだからね」
そんなことを話しながら僕たちは食堂へ向かった。

食堂につくと満面の笑みをした夢子が待っていた。顔は笑っているが目がまったく笑っていない。
「霖之助以外は先に食べてなさい」
なぜか僕以外は見逃してもらえたみたいだ。しかも全員が夢子の後ろから僕のことを哀れみの目で見ていた。
「理不尽だ」
それから僕は1時間ほど夢子に説教され続けた。

説教から解放されてみんなでご飯を食べ始めた。みんな僕が解放されるまで待っていてくれた。
この日のカレーはいつも僕が作って食べているのと違い、懐かしく心の底から温まる感じがした。
サラやルイズたちを中心に幻想郷のことを聞いてきたため、幻想郷のことを話してあげたり、逆に僕が魔界のことを聞いたりしながらカレーを食べてほのぼのとした時間が過ぎていた。僕がある一言を言うまでは。
「アリスから聞いてた話のように魔界はいいとこなんだな。」

「「「「「えっ」」」」
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.150簡易評価
1.無評価名前が無い程度の能力削除
この程度の量を分ける意味が分からない
一回全部削除して、一つの大きな塊にしてから再投稿した方が良いよ