Coolier - 新生・東方創想話

壊れた傘と、人だった君。

2012/07/07 05:06:34
最終更新
サイズ
5.29KB
ページ数
1
閲覧数
937
評価数
13/36
POINT
1780
Rate
9.76

分類タグ










 写真には、狭い部屋に一人の女らしき者が居る様子が撮影されていた。
 その姿は筆舌に尽くしがたい。きっと、この者は人の形をしていたのだろう。そう理解することがやっとに見える状態であった。
 髪の毛は、頭皮ごと大部分を損失しており、残っている部分も、元の色を把握することは難しいほどに色あせている。脱色剤になり得るほど強力な酸をかけられたか、はたまた単に燃やされたのか。
 眼孔に、目は存在していない。恐らく視神経ではないかと思われる細い糸の束が、片方からだけ垂れ下がっていて、もう片方には目の周りを保護しているはずの骨すら見当たらず、前頭から頬の辺りまで肉がへこんで見えた。
 服を着ている様子はない。胴の部分にはぼかしがかけられている。見る者への配慮だろうか。ただ、服を着ている様子ではないというのに、そのモザイクの下に見える色は、全体に赤だったり、黄色味を帯びた白であった。
 そして、四肢は。
 左足を残すのみとなっており、その左足でさえも関節が、決してそう曲がるはずのない方向にねじ曲げられていたり、ぼかしの先に見える赤色の中に、白無垢のラインが見えたりしていた。
 人間なら生きているはずがないだろう。
 そしてこれが妖怪であっても、こうなってしまってはもう、先が短いだろう。
 そう思わせるに充分の写真だった。女らしき者の少し後ろに、茄子色の唐傘が転がっていた。705
 だが、次の写真で女――少女は驚くべき回復を見せていた。
 まず何より写り主が女だと、それも少女だということが分かるほど。ぼかしが掛かっていた体は肌色に包まれ、胸にある二つの膨らみが、水色の下着で包まれていた。
 四肢は相変わらず左足しかなかったが、その足は人として正しい方向につま先を伸ばしてあった。
 頭にはしっかりと頭皮がついていた。しかしまだ髪は不揃いで、髪色も抜けているままだ。
 目はまぶたで閉ざされている。
 だが、まぶたの上からでも普通は分かる、眼球の丸い膨らみは、確認出来なかった。630
 更に続く写真だと、少女はまたも順調に回復していた。なんと、四肢が生え揃っているのである。
 二枚目の写真では確かに存在していなかった右腕が、左腕が、右足が。縫い合わせた継ぎ目もなく、元通りになっていた。
 まだ治りかけなのだろうか、その三つの手足には添え木がしてあり、ぴんと真っ直ぐしたまま動かすことが出来ないようにしてある。
 ついには女の命とも言える髪の毛も、一枚前のそれに比べると圧倒的だった。美しいアクアマリンの色をした髪の毛。それがしっかりとした長さで、たっぷりと蓄えられていたのである。人の手を加えて、植毛でもしなければ、これほどまでに劇的な変化は遂げない。
 そして目元はまるで今治療中だとでも言うかのように、黒いアイマスクで覆われていた。622
 それがどうだろう、四枚目の写真。
 其処には、一枚目の状態からは想像もつかない、一人の少女の元気な姿が映されていた。
 カメラの被写体に選ばれたことを誇らしげにしているような、挑発的に決められた自信満々のポーズと、その表情。
 目線はレンズに向けられている。その瞳は、サファイアとルビーをそれぞれの瞳に埋め込んだような、輝かしいオッドアイだった。
 顔は生気で満ち溢れており、一時は欠損状態となっていた四肢も、躍動感に満ち溢れたポージングを取れるほどに回復しているのだ。
 太陽の光を受けて、髪に浮かぶのはエンジェルリング。美しい頭髪の象徴でもあるようなそれ。
 写真の中の少女は茄子色の傘を持って、本当に幸せそうな顔をしていた。505



「どうですか、この奇跡の写真! 死にかけの妖怪を保護して、これほどまでに元気な状態まで回復させることが出来る、神の奇跡。その奇跡の神を住まわす社、守矢神社! これで宣伝すれば、きっと信仰が増えるはずです!」

 そう、東風谷早苗は自信たっぷりに言ってのけた。
 写真を見せられた洩矢諏訪子は、うーんと少しだけ唸ってから、隣に居る八坂神奈子へ意見を求める。

「どう思う?」
「いや、いいんじゃないか? 分かりやすい媒体で残された神の奇跡だ。これなら信仰も集めやすいと思うんだが、諏訪子はそう思ってないのか」
「うぅん、私もそう思うよ。そうだね。じゃあこれを採用して、守矢神社をますます発展させていこうかね」

 二柱からの太鼓判を聞いて、早苗はその表情に喜びを映し出す。

「やった! 頑張ったかいがあった!」
「まあ、公衆へ出す前に、少しだけ修正させて貰うけどいいね? そんなに大きくは変えないよ。被写体の情報をもっと隠すとか、そんなところ」
「はい。ではその辺りはお任せ致します! よかった、久しぶりに私も、守矢神社の役に立てたみたいで」

 そっと胸を撫で下ろす早苗を見て、神奈子も嬉しそうに笑う。

「あっはは、早苗は私たちと共に居てくれるだけでも、本当に充分なんだ」
「いえいえ。それではただの居候になってしまいますよ。もっと、目に見える形で役に立っておきたかったんで……あっ、いけない。そろそろお夕飯の時間ですね。支度をして参ります。今日は気分もいいので、うんと豪華に作りますね」

 言葉尻にハートの形が見えるかというくらいの上機嫌で、早苗は台所のほうへと消えていく。
 神奈子が感心したような頷きを見せてから言った。

「いやぁ、早苗も神として随分成長したみたいね。こんな奇跡を起こせるなんて」

 その言葉を聞いて、諏訪子が鼻で笑ったような息を漏らす。
 早苗を小馬鹿にした様子にも見えて、神奈子が少し眉をひそめた。

「何、我が子の成長みたいなものよ? もう少し喜んでいいと思うんだが」
「成長、ね。まあ確かに成長かもしれない。でもこれは、奇跡じゃなくてただの現実さ、ほら、此処を見て」

 諏訪子が示すのは写真の右下。其処にはそれぞれ、三桁の数字が刻んであった。
 神奈子はそれを見ても、何のことやらと首を傾げる。

「この数字が、何だと?」
「うん。まあ私もカメラにはそんなに詳しくないから、断定じゃないんだけど。この数字は恐らく――」

『日付』だよ。
 そう言って、一息置いて。諏訪子は写真の数字を、若い順に並べ直しながら続けた。
 この写真は、神の奇跡による少女の回復日記じゃない。

「これは単なる、妖怪虐殺連続写真さ」

 確かに私には似てきたね。
 諏訪子はそう言って、肩を竦めた。



 少女はあれで、町の子どもの人気妖怪だったから。
 幼い子たちが口にする。


「最近、唐傘のお姉ちゃん、見ないね?」


水上 歩
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.840簡易評価
1.50名前が無い程度の能力削除
(iPhone匿名評価)
3.50名前が無い程度の能力削除
(iPhone匿名評価)
4.100もんてまん削除
小傘ェ……。
6.100名前が無い程度の能力削除
犠牲になったのだ……
8.60名前が無い程度の能力削除
これはこっち向きではないような気がするし、某コピペと内容がたいして変わらないってのはなあ。
最後の諏訪子の台詞は好みだったので。
11.50名前が無い程度の能力削除
(iPhone匿名評価)
14.70奇声を発する程度の能力削除
これはこれで
17.100名前が無い程度の能力削除
ひぃえええええ・・・!
なんてこった、早苗さんは、サ?コパスだったのかー!
ただもう純粋に恐かったです。こんなぞっとする話久々に読んだ・・・!
19.100名前が無い程度の能力削除
やばいぞこれは
22.70名前が無い程度の能力削除
諏訪子様、淡々としていて良い味だ
26.60名前が無い程度の能力削除
カナコ様ドン引きじゃね?wしかし、祟り神はやっぱりこえーなw
正直こっち向きなのか少し疑問なのでこの点数で
27.50名前が無い程度の能力削除
コピペのパクリやん(´・ω・`)
33.80ばかのひ削除
うむ
あっさり