Coolier - 新生・東方創想話

super moon

2012/05/05 23:24:56
最終更新
サイズ
3.87KB
ページ数
1
閲覧数
362
評価数
3/12
POINT
670
Rate
10.69

分類タグ

 今日の月は、いつもとはまるで違っていた。
 微かに紅く、満天に輝いている。星々が霞むほどの、大きな月だ。夜があまりにも永かった時のように、半端に欠けている訳でもない。ここまで狂っている満月を見るのは、恐らく十数年ぶりだろうか。
 赤の瞳がいっぱいに月の光を受け止める。瞬きをすると、まぶたの裏に残影が見えた。

「こういう眩しさは、嫌いじゃないわー」

 太陽のように主張が激しすぎる光は苦手だが、幻想を反射するだけの儚い光はむしろ好きな方だ。
 ルーミアは、そっと手を月へ伸ばした。仄白い腕が、月明かりに透けていく。
 届くはずもない距離だが、別にいいのだ。この光は、色んなことを思い出させてくれる。

 ――そう、掠れかかったはずの、昔のことを。

 初めは何時だったか。何を考えることもなく漂っていると、見知らぬ境界の内に辿り着いていた。
 今いる場所を疑問に思ったことはない。ただ、月と夜さえ有ればそれでよかった。自分にとって必要なものは、それくらいだったから。瞳を閉じ、ルーミアは回顧する。

 記憶には、大したことは残っていない。強いて言うならば、このリボンをつけた時の事ぐらいか。それも、ルーミアが境界を超える前の話だ。
 何故わざわざ自らの力を封じたのか、誰かに問われたことがある。……理由は単純だ。そんなの、月が見えなくなったからに決まっている。
 永い時を経るにつれて、最初は見えていた月が、自ら生み出す闇にかき消されてしまった。闇を操るらしいこの力は、無意識にでも漆黒の世界を作り出す。多少練習すれば制御することも容易かったのかもしれないが、ルーミアにはそれすら面倒であった。

 だから、このリボンを髪に括りつけたのだ。リボンの効果は著しく、ルーミアから漏れだす闇を最小限に留めてくれた。

(結構気に入ってるわ、これ)

 ……ただ、誰に貰った物かは覚えていない。自分の目の色と同じ、紅い月のような赤。自分がここまで物に執着するのは珍しい。ルーミア自身でさえそう思うのだが、これをくれた人のことだけが思い出せない。

「誰だったかしらー……?」

 月に問いかけてみるが、もちろん返答は無い。月はただ、沈黙を保つだけ。

(全く、貴方はいつもそうよね)

 ルーミアが何度話しかけても、月が応えてくれたことは一度も無い。なんという一方通行の関係だろうか。これでは、秘めた思いに身を焦がす乙女のようだ。
 ――でも、それが何よりも心地良かった。応えがない方が、かえって安らげる。その事実に気づくまで、何年もの時を費やした。

 自分という存在が始まった直後は、ルーミアは様々なものに興味を持ったものだ。力を大いに使い、好き勝手に振舞った時期もあった。まあ、そういった心は、すぐに擦り切れてしまったが。身に心に刻まれた傷は、治る前に忘れた方が早い。だから、その頃の記憶は殆ど喪ってしまった。忘れれば忘れるだけ、魂が軽くなっていくような錯覚にさえ、ルーミアは囚われた。

 ……そんな生き方をしているからだろうか。月と、月明かりを煌めかせるこのリボンが、なにより愛おしく感じる。
 自分がどんなに忘れようとしても、月だけは毎夜空に浮かぶ。嫌でも、あの輝きは忘れられなくなる。――月も、自分のことを覚えていてくれる。
 いや、実際にはそんなことは有り得ないのだろうが、ルーミアはそう感じずにはいられなかった。月が、月だけが、自分の存在を忘れないでいてくれるのだ。遠回りした、恋人達にも似たような関係に、ルーミアは惹かれていた。

 そして、その間を取り持つ紅いリボン。これがなければ、きっと自分は存在する意義を失っていただろう。

(本当に誰だったかしら? このリボンくれた人って……)

 改めてお礼でも言いたかったのだが、その姿がそれこそ闇に塗り潰されたように思い出せない。

(ま、いっか。空でも飛んでたら思い出すかもしれないし)

 そもそも思い出したところで、その人物に会えるかどうかも怪しいというのに、自分は何を考えに耽っていたのか。追憶なんて柄じゃないわ、とルーミアは独りごちた。

 ふわり、とルーミアのつま先が夜空に浮かぶ。こんな夜は考え事をするより、月と共に散歩をするのが一番だ。
 黒いワンピースに包まれた身体は、すぐに夜空へと舞い上がった。
 空に浮かんだルーミアの身体に、満月の光が一杯に降り注ぐ。それだけでルーミアの心は満たされた。そのまま月に近づくように、夜空を思うままに飛翔する。

(夜明けでこの月とはお別れだけど、それでもいいわ)

 身に纏う闇は要らない。ただ何も考えず、月と一方的に世界を紡げればいい。そのことだけを心に刻んだルーミアは、眠るように瞳を閉じた。


 今日の風は、いつになく心地良い。
・初投稿です。今日の月を見て突発的に書いてみましたが、求聞史紀等の設定をガン無視していることに気が付きました。1時間クオリティなのでご容赦を。

でも、私の中のルーミア像はこんな感じです。
金釘セセリ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.390簡易評価
1.90詐欺猫正体不明。削除
そうそうわによーこそ。

今日はあれだってね、スーパームーンとかいうやつ。

読んでてなんとなくmoon light step思い出した。
4.90奇声を発する程度の能力削除
あの曲の感じがありました
12.100名前が無い程度の能力削除
こんなルーミアも良いですね。
また別の物語も読んでみたいです。