Coolier - 新生・東方創想話

食べ物ではない

2012/04/01 19:32:13
最終更新
サイズ
1.16KB
ページ数
1
閲覧数
393
評価数
2/13
POINT
690
Rate
10.21

分類タグ


ボリボリボリボリ

……お嬢様の部屋から音が聞こえる。
なにか得体の知れない音が聞こえる。

ガリガリガリガリ

何かを削り取るような、はたまた噛み砕くような。
お嬢様はどんなことをしだすのか全く予想のできない性格ではあるけれどもそれでも毎回いろいろやらかすのは後始末が面倒で。考えるだけで鼻血が出てきて肩がこるわね。

ガッガッガッガッ

こんどは少し力の入った音が聞こえてきた。
そんなにガッガッと音を立てて……私はまだぬるぽしてませんよ?
ああ、お嬢様にガッされるところを想像すると……ウフフフフフフフフフ。




いけないいけない、少しトリップしてしましましたわ。
妄想はこれくらいにして、そろそろこの音の正体を確かめなければいけません。
しかし……以前醤油をコーラだと言って飲んでいたお嬢様。どんなレベルの奇行も覚悟しておかなければならないでしょう。さて深呼吸して、こんどこそ突撃ですわ。


ガチャ

ドアを開けると、お嬢様がこちらに背を向けて何かを食べていた。

「お嬢様、何を食べているのですか?」

「咲夜? えっとこれなんだけど、なかなかいい感じよ」

そう言ってお嬢様はとあるものを見せてきた。
それを見た瞬間、私はほんの少しの間放心状態になり、決死の思いでこういった。






















「お嬢様、醤油のビンは食べ物ではありません」
以前それはしょうゆですをやりました。
まあそうなればこのネタもしなければならないと思いまして(勝手に)
反省も後悔もしていません。
ふれいむ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.490簡易評価
6.100名前が無い程度の能力削除
あなたはレミリアになにをさせる気ですか
7.無評価名前が無い程度の能力削除
(´゚Д゚`)・・・・・・・
13.100名前が無い程度の能力削除
吹いちまったwww