Coolier - 新生・東方創想話

藍と八雲の名にかけて

2012/03/16 18:48:24
最終更新
サイズ
3.48KB
ページ数
1
閲覧数
1063
評価数
2/14
POINT
280
Rate
4.07

分類タグ

これは、八雲の名と藍の話です。・・・・・・



「つぁ・・・やっぱり叶わないか・・・紫様には・・」
藍が嘆く、藍が嘆いている理由は、30分前に遡る。






「紫様!私と勝負して下さい!」
「何よ、突然~あ、変な物でも食べたかしら?藍」
「いえ・・・そうではなくて、あの・・・その・・・なんというか・・・」
藍は顔を赤くして、もじもじしている。 それに対し紫は
(あぁ・・・私の式かわいぃわぁ~) 
なんてのんきな事を思っていると、
「私に  八雲  の名が欲しいのです!」

八雲の名とは、八雲一家伝統の、紫の様に、強い妖怪等に与えられる物であり、決してその名の座敷は低くない、むしろ高いぐらいである。

「ん・・・藍の思いは分かったわ、でも勝負と八雲の名に関係が有るのかしら?」
「藍が勝ったら、八雲の名を頂きたいのです!」
「私に勝つ、か・・・そうね、それぐらいの力があれば差し上げましょうか。」
「わ~! あと一つお願いが有るのですが・・・」
「なぁに?藍?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



と、いうわけである。そして藍の横には、橙もいた。
「むぅ・・・らんしゃま・・・強いですね、ゆかりしゃま・・」
「あぁ、でもここで諦めたらダメだ、ダメでもやる、それが強くなる第一歩だぞ?橙」
「なるほど・・・・ちぇん、頑張ります!」
「橙は物わかりの良い子だなぁ・・・」 なでなで

そんなほんわかな会話に対し、紫は・・・
(これも、一つの作戦かしら?奥義級のスペカ準備?そうなら隙がある今がチャンス!だけど藍がそんな安易な事をする訳が無いわ、だいたい違ったら・・・)
と、優位に立っているのに何故か切羽詰まっている。



藍が紫にお願いしたお願いは、藍にパートナーを一人(1妖)を加えること、
それが橙である。 何故藍は橙をパートナーにしたか? 橙には申し訳ないのだが、ストレートにいうと、幻想郷には橙よりも強い者達は沢山いる。

歴史を喰う知識者 時とナイフを扱うメイド長、 半人半霊の2刀流剣士
日陰の少女や 人形遣いもいる 普通の魔法使いや楽園の巫女なんてもいい。

では藍はなぜこの者達を選ばなかったか?忙しい、それも有ると思うが、一番の理由は、 藍と紫の事を一番知っているのは橙以外いないからである。
2人(妖)であるが故にコンビネーションが大切、バラバラでは紫には勝てない。 結局橙が一番適しているのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「行くわよ!藍・橙!」

―結界「客観結界」―

紫がスペル発動後、地面に光が4つ走る。 
「わっ避けられないっ」
「らんしゃまぁっっ!」

―鬼符「赤鬼青鬼」―

それに負けじと橙はスペル発動、両者のスペルは暗殺を起こすものの、紫のスペルには光が残る。でもこれぐらい簡単に避けられる。
「よっと・・・ありがとう橙」
「わ~い!らんしゃまにほめられた~」
危機を打開された紫は
「そろそろ出すわよ、覚悟!」
と一言。

―魍魎「二重黒死蝶」―

紫の得意中の得意のスペル、華やかな蝶が舞う中、藍と橙は避けようとはしない。避けるのを諦めた訳でも無く、理由はただ一つ。決着を付けるのみ―



「ちぇん!」 「らんしゃま!」

―鬼神「鳴動持国天」―
―式神「十二神将の宴」―

あまりに多い弾の量


(私の式達も、成長したわね・・・おめでとう 八雲藍 )
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結局紫は避ける事は出来ず、藍は念願の 八雲の名をもらえたのである。

「ありがとうございます!紫様!」
「もっともっと頑張るのよ~ 八雲藍」
「はい!紫様!」
「おめでとうございます!らんしゃま!」
「ありがとう橙」 なでなで
「よし、今日は私が腕を振るうわよ!紫特製和食フルコース!」
「「わ~い!やったぁ~」」


紫は確かにあの弾幕は確かに避けられない、でも隙間を使えば避けられる、余裕で、
では何故使わなかったのか?それは
藍が、八雲の名にふさわしい力を持ったため、あえて避けなかったのである。
(私の式達の成長が楽しみだわ♪)
そう思いながら紫は料理を作るのである。
こんにちは、桜風です。 初投稿です、これからよろしくお願い致します。
誤字・脱字・間違いが沢山あると思いますが、よろしくお願いします。

さて、今回の話ですが、藍と八雲の名について書いてみました(そのまま過ぎますね^^;) 早く橙にも八雲の名を与えて欲しいと思います。
あと、僕の設定では普段は藍がご飯を作ったりしていてめでたいことなどが有ると紫が作る・・・という感じです。ちなみに、どちらも作る料理の質はかなり高いです。
途中、何人かが、出てきましたが、基本的に頭の中に浮かんだキャラを書いてます。咲夜・けーね辺りは好みですが(ぇ
ともかく、僕の作品を読んで下さり、ありがとうございました!
桜風
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.230簡易評価
1.20名前が無い程度の能力削除
文章が全体的にちぐはぐで、やや読み辛かったです
12.30名前が無い程度の能力削除
暗殺→相殺じゃないですか?