Coolier - 新生・東方創想話

長座体前屈

2012/02/20 03:53:47
最終更新
サイズ
1.6KB
ページ数
1
閲覧数
578
評価数
11/30
POINT
1540
Rate
10.10

分類タグ

 長座体前屈、記録は3センチ。

 まず、この座り方ができたことを褒めてもらいたいものだ。
胸を張ると、というか背を丸めることが出来ないのだが、いつも以上に胸を張ると、
「硬すぎる!」
やっぱり叱られた。

 怪我をするといけないからと、青娥は芳香に柔軟体操するよう言っている。
芳香からすれば不思議なものだ。
怪我なんて痛くもかゆくもないし、死ぬこともない。
なんてったって、すでに死んでいるのだから。
どうしてそこまで口うるさく言うのか。

 なんてことを考えていたら、背中に思い切り体重がのしかかった。
「うごごごごご・・・!」
「ほら、もっと曲がる!まだまだ!」
気づけば、手伝っていた青娥の方が、汗をかいていた。

 前屈はもちろん、あらゆることにおいて仙人がゾンビに劣るはずがない。
ただ一点、死という経験を除いては。
不老長寿の青娥は未だ、死の苦しみを知らない。
分からないからこそ、怖いのだ。

 芳香は一度死んでいる。
死の恐怖を味わい、そして死に、なのに生き返った。自分が生き返らせた。
怪我の痛みはないという。でも、怪我して死ぬという恐怖は痛まないのか?
死なないと分かっていても、過去の死を追想することはありえないのか?
考えすぎかもしれないけれど、自分の知らない感情に、想像は追いつけない。

「痛い痛い痛い・・・!」
足元から響く鈍い声で我に返り、慌てて乗せていた腰を上げた。
「ご、ごめんなさい!大丈夫・・・?」
「いやぁ、痛い、ような気がしただけで」
普段どおりの表情に、青娥はほっと胸をなでおろした。
罪悪感なんてたいそうなものじゃない。
でも、柔軟程度の痛みで、もっと大きな痛みが防げるなら、それでいいじゃないか。

「ほらほら、見てくださいよー」
へらへらと笑う血色の悪い顔に、こちらの心がほぐされそうになる。
が、ここで甘やかしては意味ないし。
「まだまだ、硬すぎる!」

 長座体前屈、今日の記録は4センチ。
第2作目。
今度は、「芳香」というお題に応えて書きました。
数をこなして慣れていけたら。
ロボ(東方亭就活)
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.700簡易評価
1.10名前が無い程度の能力削除
だから短いんだよ
4.80名前が無い程度の能力削除
「鬼と瓢箪」と合わせて拝読しました。短いのは前のと同じですが、こちらは短く完結するものとしての味があるように思います。芳香の何気ない一日、が端的に表現されていて、すごくコンパクトなのにきちんとまとまっている。
ただ、やっぱり「作者さんの幻想郷」がもっと見えた上での方が面白みが増すかな、とも思うので80点で。
10.90名前が無い程度の能力削除
完結してるなら作品の長さは関係ないでしょう。
和みました。
11.80名前が無い程度の能力削除
前作と合わせて読みました。
お話や雰囲気は好きよ。でもちょっと短すぎる気がするから、短編が多く投稿されているジェネリックの方に書くか、
小噺集として4、5本まとめて投稿してもらった方がいいかもしれませんね。
13.80名前が無い程度の能力削除
例えば落語の様なノリで書けば、話しが長くなっても中身は薄くならないかも、と思いました。
14.90久々削除
文章の長短でしか評価の良し悪しを決められないのなら、最初から長文だけ読んどきゃいいと思う。

この作品は、小説というよりは詩的な色が強い作品だと思います。いい意味で。
芳香を想うからこその、青娥の敢えての厳しい指導。
短い文章の中で、それを暖かく表現した作品だと思いました。
個人的にはこの路線を極めるのも面白いんじゃないかなと思います。
15.50名前が無い程度の能力削除
前作と併せて読みました。
どちらも短いと思いましたが、もっとこの話の続き、もしくは別シーンを読みたいと思わされました。
今後の期待を込めて、あえて辛めの点数にさせていただきます。
16.90がいすと削除
よしかちゃんワッショイ!よしかちゃんワッショイ!!よしかちゃんワッショイ!!!
20.100名前が正体不明である程度の能力削除
なんか、進化しそうな作者さんだね。
21.80名前が無い程度の能力削除
今って立位体前屈じゃないんだ…
30.90名前が無い程度の能力削除
よかった