Coolier - 新生・東方創想話

いつか、懐かしく思い出せるように

2012/01/25 00:17:56
最終更新
サイズ
3.01KB
ページ数
1
閲覧数
2192
評価数
24/84
POINT
4950
Rate
11.71

分類タグ


「や~る~気~でねぇ」
「だからってこっちこないでよ」

今日も今日とてアリス邸。
二人がけのソファーに座った魔理沙とアリスがそれぞれの作業をしている。
いや、していたというべきだろうか。
なにやら複雑な裁縫をしているアリスの肩に分厚い本から顔を上げた魔理沙が後頭部を乗っけた。
アリスの肩によりかかった魔理沙の金髪がアリスの手にふわっとかかる。

「なに? もう終わったの?」
「んー。やることはいっぱいあるんだがどれも簡単に終わりそうに無い」
「じゃあちょっとずつやるしかないじゃない」
「そーいうのは私の趣味じゃない。パパッと天才的なひらめきと力技が私の真骨頂だぜ」
「よく言う」

あきらめていったん手を止めたアリスは、こてん、と首を傾けてほほを魔理沙の額に当てた。

「もうだめ?」
「んー」

仰向けになったままアリスの首元に頭をこすり付ける魔理沙。
むずがる子供のような仕草に、アリスはふふっ笑った。

「もう、子供みたい」
「子供じゃないんだぜ」
「じゃあもうちょっとおとなしくしてなさい」
「でも大人しくするほどでもないんだぜ」
「もう」

苦笑するアリス。
手に持った布と針をテーブルに戻して、手を魔理沙の首に当ててやる。
そのまま猫をあやすかのようにのどをなでると、くくっと魔理沙が笑ってその髪を肩にこすりつけた。

「じゃあ大人でも子供でもない魔理沙さんはいったい何者かしら?」
「それはかわいい乙女に決まってるじゃないか」

すすすっとアリスの指がおとがいに伸びる。
魔理沙の肩がこわばった。

「じゃあ乙女のやる気に一番効くのは?」
「……甘いもの」
「ふーん」

ぽすっ

アリスは魔理沙の首に当てた手を引いて頭をその太ももの上に落とした。
魔理沙の金髪がざっと広がってアリスの膝をおおう。

アリスの指が魔理沙のくちびるをゆっくりと、何度も撫ぜてやる。
しばらくして耐え切れなくなった魔理沙が口を開いて、



かぷっ



「……それは流石に風情が無いんじゃないかしら」
「ふぁりすふぁふぁるい」
「はいはい」

そうしてアリスと魔理沙の金髪が交わった。













「とまあこのように、首を極めてから膝に落とすことでノックアウトできるわけよ」
「……いや、そーいうのじゃないでしょうこれは」

博麗神社、そのコタツ。
霊夢はジト目で隣のスキマ妖怪を見た。
うふふ、と扇子を口に当てて目で笑う紫の真意は霊夢には計り知れない。
仕方ないのでもう一度コタツの上においてある小さな板のような機械を見た。
そこにはまた最初からやる気の無い魔理沙がアリスにちょっかいを出しているところが写っている。
紫が手に入れた外のものだとかで、見たものを写せるそうな。

「無駄遣いにもほどがあるんじゃない?」
「いいのよ、こういうのこそ後世に残さなきゃ」
「こんなの残されたら後世のやつらも迷惑でしょうに」

というかあたしなら死ぬ。
霊夢はそう考えながらあごをべったりとコタツの上に乗っけた。

「あー。知り合いのこういうの見るの正直微妙なんだけど」
「あら、参考になるじゃない」
「なんの」
「次に霊夢と会うときの」



ガンっ



霊夢は額をコタツに打ち付けた。
ギギギッと首を回転させながら紫を睨む。

「わたしが、こういうのを、のこすのは」
「まあ霊夢はきらいかもしれないけど」

紫はいつもとかわらぬ顔で笑う。

「私は、霊夢に遺してほしいとおもってるのよ」
「……嫌だからね」

こんなときにどういう顔をしていいかわからない。
わからないから、霊夢はこう言うしかなかった。


















「ほかのやつに見せるの」
ちなみに本人達にお見せしたところ。
「いっそ殺せ。さあ殺せ。というかむしろ死ねー!」
「流石にこれははずかしいんだけど……」
とのコメントをいただきました。
アステルパーム
asuterusosowa@gmail.com
https://twitter.com/asuteru100
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.2600簡易評価
9.100名前が無い程度の能力削除
>こういうのこそ後世に残さなきゃ
全くだ!!
11.70愚迂多良童子削除
一見甘いように感じるんだけど、紫より霊夢が先に逝ってしまうことを鑑みるにちょっとセンチな気分になった。
12.100名前が無い程度の能力削除
出来ておる喃
13.100名前が無い程度の能力削除
こんな時どういう顔をすればいいか分からないの
甘いけど切ない
16.100名前が無い程度の能力削除
笑ったりほのぼのしたりした後、題名を思い出して……切なくなった……。
17.100名前が無い程度の能力削除
笑って読んでいたけれど、「のこす」の漢字が変わっているのに気付いて切ない気分に…
21.100名前が無い程度の能力削除
細かいところまで凝ってますね
26.100名前が無い程度の能力削除
甘さの中に潜む苦さが絶妙です。
28.90奇声を発する程度の能力削除
甘さと切なさが良かったです
34.100名前が無い程度の能力削除
にがあまくて良かったです。
35.100名前が無い程度の能力削除
好きやわぁ
36.100名前が無い程度の能力削除
Good
38.100名前が無い程度の能力削除
2828と切なさを感じたいい作品でした!
39.100名前が無い程度の能力削除
そうかー、そういうことかー
41.100名前が無い程度の能力削除
この短さでこのインパクトはすげえ。マリアリ、ゆかれいむ成分補充できました。
43.100名前が無い程度の能力削除
最初ものすごい勢いで2828してたけど,最後でしんみりした
49.100名前が無い程度の能力削除
あかん、これはあかんで……
54.100名前が正体不明である程度の能力削除
だが寿命差だ。
切ないんだ。
56.100名前が無い程度の能力削除
ゆかりん…
57.100名前が無い程度の能力削除
売ってください
59.100名前が無い程度の能力削除
いずれ来る別れを思い出させてしんみりしました。
61.100名前が無い程度の能力削除
いつか別れがやってくるのでしょうね。そう思うと
冒頭のいちゃいちゃする2人のシーンが切なく思えます。
68.90名無しな程度の能力削除
ニヤニヤ
でもちょっとしんみり
83.100非現実世界に棲む者削除
甘くて切ない作品は大好きです。