Coolier - 新生・東方創想話

八雲一家の昼ご飯

2011/11/25 13:41:22
最終更新
サイズ
1.17KB
ページ数
1
閲覧数
619
評価数
2/14
POINT
410
Rate
5.80

分類タグ

~八雲一家の昼ご飯~



最近、橙にパソコンを買ってあげてから、外に遊びに行くことが少なくなった。

一人で「ティロ・フィナーレ!!」とかムーンサルトしながら言っているし。

駄菓子菓子、今日は外に遊びに行っている。

私は当然の如く冷蔵庫から狐饂飩の材料を取り出した……筈だったが

ついに狐饂飩の材料が切れたのだった。

「ふむ、私としたことが、材料を切らしてしまうとは。」

そこに空間の境が出来た。

うにょろんっと言った感じに紫様が出てきた。

「どうしようかしら、藍、スキマの中にこんな物があったのよ。」

スキマから出てきたのは……

狐饂飩だ。

ざっとみると14年分位か。

よし。


キューピー×
藍の三分藍クッキング


そしてー。


「橙ーご飯だぞー」

「灰ー今行きますー」

橙は階段からムーンサルトをしながら降りてきた。かっこいい。


そして、昼ご飯は始まった。

「いやー美味しいでござる」

橙が言った

「なによその「ござる」って」
紫が言った

「こら、二人とも行儀が悪いぞ。」
藍が言った


そんなこんなで昼ご飯が終了した。

「ねぇ橙、口の周りに青のりが付いてるわよ、なんで狐饂飩で青のり付くのよ……。」 クス……クス……

紫しゃまが笑ったきがした。






八雲一家の朝ごはんを9999999回ループしてから

↑を9999999999回戻る
やはり短い。

八雲一家の朝ごはんの続編的存在。

橙オタク化……の巻……でござる…でござる



ループした人は……


何も貰えません!!

「貰え委員会!!」

「貰えないでござる!!」

「狸饂飩食べたい!!」
大蒜
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.230簡易評価
7.100名前が無い程度の能力削除
あなたが神か。
9.無評価名前が無い程度の能力削除
んー……んー? んー……。

↑読んだ感想はこんな感じ。
これをSSとして評価するのはいささか躊躇われる。点数はいらんだろう。

むしろ、発表の場を間違えている作品な気がしてならない。
産ぱ……むにゃむにゃの方が正しい評価を貰える気がする。
あそこは良くも悪くも懐は広いから……。
11.無評価名前が無い程度の能力削除
また貴様か
12.80名前が正体不明である程度の能力削除
ぐるんぐるん。
 →
↑ ↓
 ←
13.無評価名前が無い程度の能力削除
ここでは評価されにくい作品だな…

・ニコニコ動画の東方手書き劇場
・東方projectの同人誌漫画
・pixivなどの巨大なコミュニティ

ここに移動されることをお勧めする。その方がもっとファンも増えるだろう
14.無評価名前が無い程度の能力削除
駄菓子菓子、ってなに?(だがしかし?)