Coolier - 新生・東方創想話

もこたんの就職活動~圧迫面接官VS藤原妹紅~

2011/10/26 21:51:34
最終更新
サイズ
7.77KB
ページ数
1
閲覧数
1208
評価数
14/32
POINT
1850
Rate
11.36

分類タグ


慧音宅。
「決めた、あたし働く」
「えっ、どうしたんだ妹紅?急にそんなこと言い出して」
「慧音を見てね、思ったんだ。働くっていいことだなって思ったの。
すごく生き生きしてて、なんだか楽しそうで、あたしもやりたいなって」
「そ、そうか!なんだか照れるな、はは。私だっていつでも妹紅とやりたいぞ」
「?? けーね?」
「あ、ああすまんついいろいろと滑った」
「それでね?あたし、『しゅうしょくかつどう』っていうのをしてみるよ!」


※※※※


面接会場。
(うう……なんだかすっごく緊張してきた……。
この服もなんだか動きづらいし恥ずかしい。
『すうつ』と『すかあと』って言うんだっけ)

「――うん、うん!すごく似合ってるぞ。とってもキュートだ」
「きゅ、きゅうと?」
「かわいくて素敵だ、っていう意味の言葉だよ。今の妹紅にぴったりだな」
「そんな、だったら私は慧音のこと、いつもすごくきゅうとだと思うよ」
「も、妹紅……!お前というやつは本当に……ああ、パゼストしたい……」
「ぱ、ぱぜ……?」
「あ、ああすまんこっちの業界の話だ」
「??慧音ってものしりだね、ふふっ――」

(慧音はああ言ってくれたけど、やっぱりちょっと恥ずかしいな)
「はい、じゃあ次の人入ってー」
「は、はいっ!」


※※※※


「えー、じゃ藤原さん?改めて自己紹介してもらえるかな」
「あ、はい!はじめまして、ふじわらのもこうと言います!」
「ふじわら、の?何、その『の』って。ギャグなの?」
「えっ……あ、あのその」
「ああ、まあいいや。で?なんでうちに入ろうと思ったの」
「あ、は、はい!(慧音と練習したところだ……!)」

「――いいか、妹紅。志望動機は思ったことをはっきりと言えばいいんだ。
無駄に取り繕ってもすぐにめっきは剥がれてしまうからな。
嘘で固めたマトモことを言うんじゃなくて、素直な自分を見せるんだ。できるな?」
「う、うん!」
「じゃあ一度やってみようか。私を面接官だと思って言ってみるんだ」
「え、えっと……そ、その……」
「そんな風にもごもごしてちゃあ駄目だ。ほら自信をもってはっきりと」
「あ、あのね?私は、慧音が、大好きだよ?」
「!?」
「え、えへへ……正直に言ってみました。だ、駄目だったかな?」
「ああ、ああもう!お前はなんてかわいいんだ……
かわいすぎて思わず昼なのにワーパクパクしてしまうところだった」
「? わ、わーぱく、ぱく?」
「ああ、いやすまんなんでもないこっちの話だ――」

(素直に、正直に……!)
「私がこの会社に入りたいと思ったのは、とても楽しそうだったからです。
昔からおしゃれには程遠い生活をしてきて、いつもおしゃれにあこがれてきました。
お店を見たときに、こんなステキなところで働けたらなぁ、って思ったんです。
みんながおしゃれになれるお手伝いをして、みんなが幸せになれるような
そんな仕事をしたいな、って思ったんです」
「あのねえ、おしゃれになりたいとかいうけどね。そんなに幼稚な希望で受けたの?」
「えっ……」
「うちは遊びでやってるんじゃないの。お金儲けなきゃつぶれちゃうわけ。
その辺分かってる?仕事は道楽じゃないの。いろいろ大変なことやってんの」
「あ、あの……」
「頼むよほんと、こっちだって貴重な時間割いてるんだからさぁ」
「す、すいません……」

「で?君は何ができるわけ?アピールポイントとかないの?」
「あ、あぴーる……?」
「特技はっつってんの!」
「あ、わた、私の特技は……」

「――ふーんふふーん♪」
「……妹紅は綺麗な声だな。聴いているだけでいつも癒されるよ」
「えっ、そ、そうかな……。恥ずかしいよ……」
「恥ずかしくなんかないぞ。立派な特技だと思う。私は素敵だと思うぞ」
「あ、ありがとう。私も慧音が授業してる姿、とっても素敵だと思ってるよ」
「ほ、本当か?だったら何時でも夜の個人授業をしたっていいんだぞ?」
「??お昼じゃだめなの?」
「あ、ああすまん。夜にだけ咲く花もあってだな」
「そうなんだ!慧音って本当にものしりだねっ、あたしお花も大好きだよ」
「そうかそうか!じゃあ今度見せてやろうな綺麗な百合の――」

「わ、私歌がとっても好きなんです!」
「はあ?歌?それ仕事と何の関係があるの?」
「い、いえ特にはないですけど……でも万葉集とかすごい好きで」
「アーティストの話なんかどうでもいいんだよ!」
「あ、あーち……?」
「ああもう!英語とかできないの君は?これからはグローバル化の時代なんだよ、ねえ?
君英語もできないの?なんにも出来ないの君は、ねえ!」
「漢詩なら少しは……」
「古語!?確かにこれからはBRICSの時代だけどさ、古語じゃ駄目だよ通じないよ。
ふざけてんの君!?思わずツッコんじゃったよ!」
「ぶ、ぶり……?(さっきから分からない言葉ばっかりだ……)」
「君は何にも出来ないのにうちに入ろうと思ったの?
仕事舐めてない?そんなんでこれから人生やっていけると思ってんの?」
「な、なんとか1300年は頑張ってきました……」
「さっきから意味の分からないことばっか言ってるんじゃないよ!」

バンッ
「ふざけてるんでしょ?ねえ仕事舐めてるでしょ?」
「べ、別にふざけては……」
「ギャグ狙ってるのかもしんないけどね、面白くないの。
真面目にやってくれないとこっちも困るんだよねえ?」
「す、すいません……」
「そもそもね、なにその髪の色。これから面接って時になんなのそれ?」
「これは昔薬を飲んだときに……」
「つまり染め……飲んだの!?染料飲んじゃったの!?」
「は、はあ……」
「まあ、でも要は染めたんでしょ?いくらアパレルだからってね、
TPOってものがあるでしょう、守ってもらわないといけないものもあるの!」
「て、てぃーぴーおー……」
「なんでそんな簡単な言葉も分からないんだ君は!
今までどこで暮らしてたと言うんだねまったく!」
「た、竹やぶで暮らしてました」
「アウトドア派すぎるでしょう!家は!?」
「あ、ありません」
「アウトドア以前に家がないの!?ドアないじゃないそれじゃただのアウトじゃない!」
「で、でも今は慧音のおうちで住んでるからセーフです」
「アウトの意味は分かるんだ逆に!そっちにむしろびっくりだな!
……はあ、はあ、私もいろんな面接やってきたけどね。
いろんな学生やら何やらにどんどん突っ込んでいったけど、
ここまでツッコまされたのは初めてだよ」
「きょ、恐縮です」
「褒めてないよ!はあ、はあ……もういい、それで?
話し戻るけど本当に何もアピールポイントはないの」
「あ、あの……体が丈夫です」
「へえ、今までの中では一番マトモなアピールポイントだね」
「ほ、ほんとですか!」
「で、なに、体が丈夫ってことは何かスポーツでもやってたの?」
「妖怪退治です!」
「はあ!?今までで一番意味が分からないね、ちょっと褒めたらこれだ!妖怪だあ?」
「で、でも本当なんです!私も火で戦って……」
「火!ヒ!もうむちゃくちゃだな君は!なんだね、松明で殴るって言うの?
ずいぶん原始的な方法じゃないかおい」
「あ、火は出すんです」
「どこから?」
「手とか……」
「妄想癖はいい加減にしろ!なんだね、じゃあ君は今ここでも出せるって言うのか?
ん?出せるんだろうほら出してみろよおい!」
「は、はいっ!」

「――いいか妹紅、相手が食いついてきたらそこが勝負どころだ。
相手はお前の長所を気に入っているのかもしれない。
そんなときはとにかくガンガンいけ!お前のすばらしさをぶつけていくんだ」
「ぶ、ぶつける……!」
「そうだ、ほら試しに私を面接官だと思ってみろ」
「け、慧音……えいっ」
ぎゅっ
「こ、これでどうかな……えへへっぶつかってみました」
「も、妹紅……ああ、もう駄目だもう駄目だお前のせいだからなお前のせいだからな」
「け、慧音なにするの――」


ぼうっ
「な、ななな何だね君は!そ、それは手品か何かか!?」
「えっ、ち、違いますよほら!本当に火なんですよ」

ぶんっ
「ひ、ひぎゃああああああ!こ、こっちに投げるな!何だ君は!
さ、さては私が圧迫面接したから怒ってるんだろう!
ええい知るか知るか!お前みたいなやつは絶対雇わないぞさっさと帰れ!帰れ!」
「そ、そんなぁ!」


※※※※


帰り道。
「はぁ……頑張ったのにな……」
「あ、妹紅。おーい!妹紅!」
「慧音!!」
「どうだった面接は?上手くできたか?」
「……ううん、駄目だった。雇えないって」
「そうか……」
「やっぱり私、駄目なのかな……怖がられるし、普通じゃないから……。
そうだよね、私みたいなのが普通の生活だなんてやっぱり……」
「妹紅!」
「ひっ……け、慧音?」
「お前なんかぜんぜん怖くないぞ!
めそめそして、今だって必死に泣きそうなのを堪えて、人一倍悩んで。
それでも頑張ろうって思って、努力して、一生懸命で。
こんなにもか弱くて、けなげで、いとおしいお前が怖いわけあるもんか!
私から見たら妹紅なんてただの女の子だ!ちっちゃくてかわいい女の子だ!
だから……泣かないでおくれ、妹紅」
「け、けい、慧音……わああああん!」
「おいおい、泣くなって言ったばかりじゃないか」
「わ、わだし、げいねのごと、だいす、だいすきだよ、ふえええええ」
「よしよしそれ以上泣かないでおくれ。これ以上泣かれると鳴かせたくなってしまう」
「?? えへへ……ズズッ……けーねってたまに変なこと言うよね」

そして面接官は物理的に消され、その会社は歴史的に消された。
「もこたんにスーツ着せて圧迫面接して泣いちゃうシチュエーションがやばい」
と思って書き始めたのに気付いたら大惨事でした。
でも最後がいい話なら大体OKって聞きました。本当にごめんなさい。
よっけ
http://yokkemoko.manjushage.com/
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.720簡易評価
3.70奇声を発する程度の能力削除
>ドアないじゃないそれじゃただのアウトじゃない!
クソ吹いたwwww
そして、慧音が色々と駄目過ぎるw
6.80名前が無い程度の能力削除
キレ味鋭い面接官だなぁw
7.70名前が無い程度の能力削除
面接官ざまあww
8.80名前が無い程度の能力削除
特定のシチュを書きたくてたまらなかった感は伝わって来たので評価したいw
10.70名前が無い程度の能力削除
おもしろいなあ
11.60名前が無い程度の能力削除
テンションで押し切った感があり、正直幻想郷関係なくねぇ?と思いましたが
それでももこたんの可愛さを表現したい情熱は紛れもなく真実だと感じました
これは教師が悪い教師が。けーね!もこたんが面接で泣かないようにもっと先生しないとだめでしょう!!
と言うわけでこの点数をば
14.90名前が無い程度の能力削除
妹紅じゃなくてもこたんってかんじで感じで楽しめました

もこたんは純真で可愛すぎる
慧音は煩悩塗れで駄目すぎるw
面接官はツッコミの切れ味がスルでぇなぁw
 
惜しい男を亡くした
16.90名前が無い程度の能力削除
(この慧音はなかったことにしよう)
17.60名前が無い程度の能力削除
後半は面白かったですが、明らかに幻想郷じゃないような場所なのにそこらへんについては説明がなく本当に書きたいことだけ書いて置いてけぼりにされた感があるのでこの点で
19.100名前が無い程度の能力削除
もこたん可愛いなあ
そしてそれすら霞む面接官氏の突っ込みの切れ味
24.100名前が無い程度の能力削除
なんだろう…インパルス辺りのネタを見た気分だw
26.無評価よっけ削除
>>ドアないじゃないそれじゃただのアウトじゃない!
>クソ吹いたwwww
>そして、慧音が色々と駄目過ぎるw

ありがとうございます!
こういうネタはここではウケないかと思ったんで安心しましたw

>キレ味鋭い面接官だなぁw
若干面接官目立ちすぎましたね…w

>面接官ざまあww
もこたんをいじめたやつには報いを!

>特定のシチュを書きたくてたまらなかった感は伝わって来たので評価したいw
ありがとうございます!こんな話を書くつもりじゃなかったのに…w

>おもしろいなあ
ありがとうございます!そういっていただけてよかったですw

>テンションで押し切った感があり、正直幻想郷関係なくねぇ?と思いましたが
>それでももこたんの可愛さを表現したい情熱は紛れもなく真実だと感じました
>これは教師が悪い教師が。けーね!もこたんが面接で泣かないようにもっと先生しないとだめでしょう!!
>と言うわけでこの点数をば
本当にその通りですねw勢いに任せすぎましたw

>妹紅じゃなくてもこたんってかんじで感じで楽しめました
>もこたんは純真で可愛すぎる
>慧音は煩悩塗れで駄目すぎるw
>面接官はツッコミの切れ味がスルでぇなぁw
 >惜しい男を亡くした
ありがとうございます!もこたんかわいいですよねやばい!

>(この慧音はなかったことにしよう)
しかし消えてしまったのは面接官…

>後半は面白かったですが、明らかに幻想郷じゃないような場所なのにそこらへんについては
>説明がなく本当に書きたいことだけ書いて置いてけぼりにされた感があるのでこの点で
まさにその通りで返す言葉もありません…w
もこたんがかわいかったんです…

>もこたん可愛いなあ
>そしてそれすら霞む面接官氏の突っ込みの切れ味
ちょっと面接官でしゃばりすぎましたね…wので消しました^^

>なんだろう…インパルス辺りのネタを見た気分だw
ありがとうございますwネタ系のSSも書いていけたらいいなとは思いますw
29.90名前が無い程度の能力削除
ダメすぎる…どいつもこいつも(笑)
妹紅泣かせたのでマイナス10点(笑)
31.90名前が無い程度の能力削除
妹紅なんて雇ったらすごく得すると思うのだが
経験といい、能力といい
多少、非常識なところはあるけれども
33.80名前が無い程度の能力削除
嗚呼「圧迫面接官」…。幻想入りしたハズが直ぐに消されてしまうなんて…。