Coolier - 新生・東方創想話

レミリア・スカーレットの一人称

2011/10/11 21:48:41
最終更新
サイズ
6.53KB
ページ数
1
閲覧数
2024
評価数
31/102
POINT
6060
Rate
11.82

分類タグ





 ――北の壁に飾られた、景色を望む為だけの窓――



            ――僅かに差し込む、大気のプリズムを通した光――



 ――それさえも嫌う私の躰は、ゆっくりと羽毛の繭を包み直す――





「お嬢様、起きて下さい。昼食が出来上がりますわ」



 揺れる、揺れる、白の揺り篭。

 霞む世界に、銀髪の少女。

 求められる悠久からの開放。

 ――知らず、唇を震わせた言葉は。





 嗚呼せめて、あの花瓶の水を取り替えるまで、それまで瞳を瞑らせて……





「もう五分だって待てませんよ。お嬢様の後五分がいつも何十分になると思ってるんですか。ほらっ!」



 ――――。



 おやめになって。未だ、孵化するまでには、早過ぎる。



 歎く言葉さえなく、眠りの産湯を棄てられた私は、しとりと湿る肌を抱いて、もう一度繭へと戻るかの様に、己の身體を抱き締め――



「……あの、何でシーツが湿っているのでしょうか?」



 ――嗚呼、もう一度。意識を闇に沈めるの。



「寝た振りをしないで下さい。もしかして昨日寝る前にまた、勝手にジュースを飲みましたね? もうオネショはしないって一週間前に約束したじゃないですか!」



 ……そこは、砂漠のようで。

 枯れるほどに、果てるほどに、指先は渇き切って。

 たった一つの水滴に群がる蟻。

 あまりに卑しく強い『生』は、いっそ美しく輝きを放つ。



 その砂丘を崩し、溶かすのは、赤く蕩ける薔薇の花。



「勝手に冷蔵庫漁ってトマトジュース取り出すの止めて下さい……最低でも、開けた冷蔵庫の扉は締めましたよね?」



 ガラガラヘビが牙を剥く。

 ぎろり睨まれた幼子は、

 絡繰のように首を鳴らす。



「全く……今度からはちゃんと我慢して下さいね。まあ此処まで言えば眠気も覚めたでしょう。先にダイニングへ行きますわ。シーツを濡らした反省として、着替えはお一人で行なって下さいませ。それでは」



 道化は消える。

 風も残さず。



 一人の部屋。

 空気が冷める。



 私はそっと。

 雪の肌を、露わ。













 時計の針は今日もテキパキ、律儀なレースを繰り返す。

 空で明るく輝く日差しは、丁度真上から照らす頃だろう。



 けれど私を包む冷たさ。キャンドルが灯す仄かな光。

 薫る香りは碧と赤。碧は苔ばむ壁と本棚。赤は手元で揺らすカップに。



「ふーん。朝食遅かったのはそういう理由があったのね」



 そう、紅茶を優雅に頂きましょう?

 バウムクーヘンをキャラメリゼ。

 紅茶には少しミルクを落とすわ。

 けれどシュガーは――今は、控えめ。



「誤魔化さなくていいわよ。半分くらいはもう咲夜から聞いてたし」



 ――手から滑り落とした戯曲に、ナイフで傷をつけたの、誰?

 歪んだ虚構の物語では、カボチャでさえも泣いたりしない。



「いや咲夜が嘘吐いてたにしては辻褄合いすぎてたし、認めなさいよ。別に笑わないわよ、おもっ、ぶふ、おもらしくらいじゃ……」



 ……Fuck



「口が悪いわよ」



 あら嫌だ。

 魔女に高笑いはつきものかしら。

 傷心に伏した貴族の娘も、瞳は強く輝くわ?



「ごめんごめん睨まないで。怒るなら咲夜を怒って頂戴――って言いたい所だけど、咲夜の言いつけを破って、夜に飲食したのはレミィじゃないの。もうそれ、いっそ清々しい逆ギレじゃないの?」



 血の逆流を思わす衝動、大地の鳴動を起こす激情。

 そんな万象の革命に、逆らう術などありはしない。



「我慢弱いだけじゃないの……?」



 唖々! 恐ろしい! 今宵は――真っ赤な槍が降るのね。



「分かった。夜中に湧いてくる食欲は仕方がないわ。うん。だからそのグングニルをしまってくれないかしら。昼食後のシエスタもまだだから、レミィの本気を風穴開けずに受け止めきれる自信はないわ」



 そう、今夜の天気は私次第。



 ――嗚呼それにしても、このお菓子はちょっと大人なのね。

 カラメルのようなキャラメリゼ、甘いバウムを包むはビター。

 シュガーの足りない紅茶には、少し合わないのかしらね?



「……それもきっと、苦さへの我慢が足りないだけよ、レミィ」



 ……。



「……」













 ………………、



「あら、どうしたのお姉様。何か辛そうにしてるけど」



 ――、



 すっかり空の主役も移ろい、天に浮かぶは暗幕の中、ぽかりと佇む巨大な宝石。

 そして私の瞳に映る、虹が固まったかのような小さい宝石。

 飾られたそれを可愛く揺らして、この子はいつも微笑ってる。



 とっても可愛い、私の自慢の。



「今朝のおもらし引きずってるの?」

「だからおもらしはしてないつってんでしょ何でみんな咲夜のことばかり信じるのねえ本人がやってないつってんだからやってないもんはやってないのよ分かりますかフランドールこの理屈は」

「ちょ、ちょっとキャラ」









 私の自慢の可愛い妹。

 こんな夜更けにご用事なあに?



「フランねー、きょうとってもこわくてー、ねれないからー、おねえさまにー、えほんをよんでもらいたいのー」



 あらあら、子猫と戯れる?

 美しく飾られた私の揺り篭。

 二つの重さが重なれど、悲鳴の一つも上げないわ。

 真っさらな繭、真っさらな雪。

 彩る二人。キャンバスに描く、まるで星空。



「いいでしょー」



 くりりと真っ黒なお星様も。

 私を見つめて輝くわ。



『仕方がない子ね。でもいいわ、私も眠れなかったから。



   一緒に泳ぎましょう? 真っ暗闇の、光るところへ――』





























 さて。

「おはようございますレミリアさん」

「あら、烏天狗。お望み通り、魅力あふれる私の一日を取材させてあげたわ」



 館のテラスで咲夜を侍らせ、テーブルを前に椅子に座り、紅茶を飲みながらの談笑。

 相手は天狗の射命丸文。その喋り口調は営業用らしい。



「ええ……まあ確かに色々溢れてましたが……」

「何かしら?」



 ずいぶん歯切れが悪いわね。言いたいことは言えばどう? と、私はフフンと胸を張ってみせた。



「では言わせて貰いますが……」



 ごくりと唾を飲む音が聞こえて。



「レミリアさん、言いたいことはありますか?」



 あらあら。私が聞いたのに向こうから質問が返ってきたわね。

 私は不敵な笑みを浮かべ、胸を張ったまま立ち上がる。



 そして。





「おねしょだけはカットでお願いします」





 体が六時半を指すくらい、ぐいんと元気よく頭を下げた。















「……あ、あの、お嬢様」

「あら美鈴、どうしたの?」

「何で昨日は私に一切声を掛けてくれなかったのでしょう……」

「えっ? だってほら――」



「何か美鈴と絡んだら土臭くなりそうだったし」



 美鈴は激怒した。かの邪智暴虐の主を除かねばならぬと決意した。(※続かない)





水上 歩
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.3250簡易評価
3.20名前が正体不明である程度の能力削除
これは凄いカリスマブレイク。
なんか賛否両論がありそう。私的にはOK。
そして後書き。
なぜメロスだし。ww
誰を救うんだ?
…小悪魔ですかそうですか。
5.100奇声を発する程度の能力削除
あ、駄目だ
このギャップはヤバいww
淡々と進むのが面白くて良かったです
10.90oblivion削除
キャラメリゼ好きだなあwww
13.80名前が無い程度の能力削除
あとがきの美鈴が一番うけたw
14.100名前が無い程度の能力削除
『……Fuck』で笑ったw
シュールなギャグはクオリティの高いものが多くて好きです。
19.100直江正義削除
シュールなの好きです。
分かるらないかも知れないですが、『ガラクタ通りのステイン』を高校時代は毎日見ていました。
あれはシュールでも大分方向性が違いますが、文章で、しかも詩の調子をとるなら、こんな感じのギャグが読んでいて面白いですね。
しかしポエム良いですね。
以前、西条八十の詩集『砂金』を読んで、あんまり分からないから諦めてしまいましたが、もう一度挑戦してみようかなぁっと思いました。
童謡とかは、さすがに分かりやすくて楽しめたのですがね。
23.80名前が無い程度の能力削除
お嬢様(と作者)…詩人だな!
24.100名前が無い程度の能力削除
>未だ、孵化するまでには、早過ぎる

これ明日から使っていきますわw
笑わせていただきましたー!
25.90とーなす削除
ポエムというか、歌詞の一節を読んでいるかのようだ。
言ってることとやってることのギャップを想像すると笑いが止まりません。
29.80洋菓子削除
ギャップが面白かったです。
日常的なこともこうやって表現してしまうと優雅に見えるものなんですね!
31.80名前が無い程度の能力削除
カリスマ▲
くそっ...!!フランドールが主になる日も近いぞ!www
35.100名前が無い程度の能力削除
おぜう様取材されてるのにおねしょすんなーw
36.100名前が無い程度の能力削除
あなたの作品、大好きです
これからもたくさん書いてください
38.80過剰削除
やべぇこの地の文カリスマ全開じゃねーか
39.100名前が無い程度の能力削除
右向きに頭下げるのを想像したせいで、6:30まで下げたら頭が股下通るwww体やらかいなwwwってなったw
41.90名前が無い程度の能力削除
えっあとがきどういうことなの
43.100名前が無い程度の能力削除
走れ美鈴w
44.100名前が無い程度の能力削除
美しくキメてたのにFuckで吹きましたwww
46.100名前が無い程度の能力削除
カリスマはお嬢様の頭の外にも存在する……はず
48.100名前が無い程度の能力削除
ひどいwお嬢様かわいいよお嬢様
49.100名前が無い程度の能力削除
b
50.80名前が無い程度の能力削除
面白い表現のしかたw
52.90名前が無い程度の能力削除
いやあ、美しい
美しいけど、お嬢様ったら・・・
53.100名前が無い程度の能力削除
「ちょ、ちょっとキャラ」
63.100名前が無い程度の能力削除
おねしょしたお嬢様が土臭いだなんて……なにをおっしゃいますやら!
65.100名前が無い程度の能力削除
キャラメリゼwwwww



ちょ、ちょっとキャラ・・・!
69.100ぺ・四潤削除
お嬢様カリスマブレイクしながらいつもこんなこと考えてたのかww
これから文々。新聞でお嬢様の1日をポエムで毎週連載してほしいぞww
75.100八神桜花削除
美鈴もおねしょした人に土臭いと言われたら激怒するわwww
走れメロスならぬ 漏らせおぜう
76.100名前が無い程度の能力削除
くそっ…Fuckなんかでっ…wwwwwwwwwwwwww
92.50名前が無い程度の能力削除
(iPhone匿名評価)
100.100名前が無い程度の能力削除
ツボだった!