Coolier - 新生・東方創想話

優しい光のさす昼下がり

2011/07/14 11:08:00
最終更新
サイズ
1.33KB
ページ数
1
閲覧数
691
評価数
9/33
POINT
1600
Rate
9.56

分類タグ


魔法の森の昼下がり

私は明日人里で披露する人形劇用の衣装の仕上げをしていた
作業に一段落ついて、軽く伸びをしていると
トタトタと廊下を走ってくる音に気付く。

「ごはんのじかんだぜ!」

大きな音を立ててドアを開き一人の少女が部屋の中に入ってくる。

「もう少し静かにドアあけられないの?あと廊下走っちゃだめって言ったでしょ。」
「うぅ……ごめんなさい。」
「分かればいいわ。」

ちらっと柱時計を見ると12時を少し回っていた。

「もうそんな時間なんだ」
「おなかペコペコだぜ。」

少女は椅子に座っている私に抱き着いてきた。
小さな体をよいしょと抱き上げ、その子の頭を撫でる。

「そうね、何が食べたい?」
「うーんと……えーっと……オムライスがいいんだぜ!」
「はいはい。じゃあ準備するわね。」
「ちょっと時間がかかるから、その辺で遊んでおいで。」
「わたしもてつだうぜ!」
「そうね、じゃあお野菜を切るの手伝ってもらおうかしら」
「わかったぜ。」

そういうと少女は私から降りてキッチンに向かい早足でトタトタと走っていった。

「まったくいうこと聞かない子……けがしたらどうするのよ……」

半ば呆れながらも、気が付いたら笑みがこぼれていた。




やっぱり、似てるなぁ。

口調も、仕草も。




ダイニングに三人分の料理を運んでいる途中、窓の外を見た。
そろそろ帰ってくる頃だと思っていたのだ。

昼間なのにキラキラした星屑の軌道が空から玄関先へと続いていた。










「いい匂いがしたんでな」
「おかえり魔理沙」
「おかえりママ」
ベタだと思います。でもベタでいいと思うのです。
SWI
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.890簡易評価
1.50ヤマカン削除
もっと長いの読みたいな
君ならいいのが書けるよ
2.100名前が無い程度の能力削除
短いが愛に溢れている!
7.60名前が無い程度の能力削除
ベタですな。
でも、ベタで良いですな。

…でも、ちと短すぎるのが残念。
まあ、この展開で、これ以上長くすると冗長になりそうだから、あるいはこれで良いのか…
難しいとこです。
8.80名前が無い程度の能力削除
ベタだけど、良い。
もっと前後が読みたいな。長編だと涙流して喜ぶ。
9.100名前が無い程度の能力削除
Good
10.70奇声を発する程度の能力削除
これの長編版読みたい!
13.70とーなす削除
暖かい家庭の風景、っていうのはこういうのでしょうね。
確かに短すぎる気もしますが、これはこれで。
24.80名前が無い程度の能力削除
うん
32.100非現実世界に棲む者削除
(泣)