Coolier - 新生・東方創想話

夏の日

2011/07/13 22:45:58
最終更新
サイズ
2.97KB
ページ数
1
閲覧数
1398
評価数
20/87
POINT
4840
Rate
11.06

分類タグ


「ムラサ抱かせろ」
「えぇえ!?」

 うだるような夏の日に、ぬえが胡乱な目つきでそんなことを言ってきた。
 自身の貞操の危機を感じた私は、とりあえず両手を前に突き出してストップをかける。

「だだっ、だめよぬえちゃん。そういうのはまだ……」
「黙れ抱かせろ」
「ヒィ」

 ぬえの目には有無を言わせぬ圧力がこもっている。
 暑さで頭がどうにかなっちゃったんだわと思った次の瞬間には、私の身体はその細腕によってきつく抱きとめられていた。

「ぬ、ぬえちゃん……」
「…………」

 この華奢な腕のどこにこんな力があるのかと思うくらい、ぬえは強い力で私を抱きしめてくる。
 私より頭一つ分ほど小さいぬえのつむじが、ちょうど私の顎のところに当たってくすぐったい。

「…………」
「…………」

 私がこのままぬえを抱きしめ返すべきか、どうすべきかとオーバーヒート気味な思考を巡らせていると、
 
「あ~~、ひやっこい」

 実に気持ちよさそうなぬえの声が風を抜けた。

「……え?」

 思わず、間抜けた声を発してしまった。
 ぬえは構わず続ける。

「いや~やっぱり幽霊だけあって冷たいんだね~。は~生き返る~」
「…………」

 徐々に、けれども確実に、私は自分の置かれた現状を理解し始めた。
 うだるような夏の日。
 有無を言わさず私を抱きしめたぬえ。
 そして気持ちよさそうな声。

「……ぬえ」
「ん?」

 自分でも驚くほど低い声だった。
 だがぬえは気付いてもいないようで、私の胸にすりすりと頬ずりなんかしている。

「……もしかして、さ」
「なに?」
「……私を、冷却装置かなんかだと思ってる?」
「うん、まあ」
「…………」
「…………」
「ぬえ」
「ん?」

 一瞬だけ、笑顔。

「ふんっ!!」
「ごあはっ!?」

 いちお、加減はしておいたけど。
 私の鉄拳を鳩尾に喰らったぬえは、声にならない声を発しつつその場に崩れ落ちた。

「な、なにすん……」
「乙女の純情を踏みにじった罰」
「…………?」

 ぬえは心底理解できないといった表情で私を見上げている。
 よろしい、ならば一生そこで這いつくばっていなさい。

「……そ、そんなに怒る事ないじゃん……ちょっと抱きついたくらいでさ」

 そこじゃないっての。
 未だポイントのずれたことを口走る正体不明に対し、さらなる制裁を加えてやろうかとも思ったが、涙目かつ上目遣いのぬえは反則的なまでに可愛かったのでまあ許してやることにする。

「まあ、ムラサが駄目ならしょうがない……」
 
 ぬえはお腹を押さえながら、よたよたと立ち上がった。
 そしてにやりとほくそ笑むと、

「……他にもまだ、涼しい奴はいっぱいいるもんね。湖の氷精とか、庭師の半霊とか、騒霊楽団の奴らとか―――はぶっふ!?」
「あ」

 自分でも驚いた。
 頭で認識するより先に身体が反応していたとは。
 本能って怖い。

 私はぬえの鳩尾にめり込む己が鉄拳を見据えながら、

「ごめんごめん。なんかムカついたから、つい」
「ついじゃないよ!? ムラサ私に恨みでもあんの!?」

 ぬえはもう半泣きを通り越して四分の三泣きくらいになっている。
 でも私は自分が悪いなんて微塵も思っていないわけで、だって、

「…………あ」

 もう一度、真正面からぬえを抱きしめた。

「……気持ち良い? ぬえ」
「……うん」

 ぬえにクーラー代わりにされるのは腹立たしいけど。

「……じゃあ仕方ないから、ずっとこうしていてあげるわ」
「……うん」

 ぬえのクーラーになっていいのは、私だけなのだ。







あまりにも暑いのでムラぬえを書くしかないと思いました。


それでは、最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました。
まりまりさ
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.2940簡易評価
1.100KASA削除
夏になるとぬえちゃんの絶対領域がちょっと拡大気味になるのでしょうか?
4.100名前が無い程度の能力削除
ムラっとしたんですねわかります
5.80奇声を発する程度の能力削除
とても良かったです
7.100名前が無い程度の能力削除
ぬえぇぇーーん
10.100がま口削除
とても涼しそうですよね。是非私にもプリーズ!
11.100名前が無い程度の能力削除
熱いから必然だと思います。
13.無評価名前が無い程度の能力削除
あなたの作品は!こんな短さで!!こんなに甘い!!!
17.100名前が無い程度の能力削除
13です
点数忘れでした……
27.100名前が無い程度の能力削除
暑いのでもっと書いて下さい。
29.100名前が無い程度の能力削除
暑いもんな。
35.100橙華とっつぁん削除
そしてこの後、船長で涼を取ろうとする他の連中と激しい争奪戦が繰り広げられるわけですね、わかります。
ああ、あまりにも暑くてムラぬえが怖い。とにかく、ごちそうさまでした。
40.50名前が無い程度の能力削除
クーラーの設定温度は28度まで!
そんな現代社会のエネルギー問題に対するアンチテーゼとしての、幻想郷的再生可能エネルギー猛暑対策
これはすなわち社会派SSである

まあ、幽霊にハグしてるだけなんすけどね
52.100名前が無い程度の能力削除
まりまりささんのむらぬえキターーーーーー!
むらぬえちゅっちゅっ!むらぬえちゅっちゅっ!
53.100名前が無い程度の能力削除
もっと暑くなるべき
56.100Dark+削除
やっぱりいいなぁ、こういうの。
60.100名前が無い程度の能力削除
最近幽霊で遊ぶ人が多いとか何とか。
しかし、暑いなら仕方ない。
62.100名前が無い程度の能力削除
さあ、火照ってまいりました!!
63.80名前が無い程度の能力削除
うん
66.90名前が無い程度の能力削除
暑いなら仕方ないね
67.100名前が無い程度の能力削除
ムラぬえの恋は冷める気配0ですなぁ。2828
76.100名前が無い程度の能力削除
もっと熱くなれよぉ!!
そうすりゃぬえとムラサだけではなく一輪とムラサが(ドスッ
殴られた・・・