Coolier - 新生・東方創想話

東方小笑話2

2011/05/30 21:23:43
最終更新
サイズ
2.74KB
ページ数
1
閲覧数
642
評価数
8/18
POINT
850
Rate
9.21

分類タグ


~G~
チルノ「うわぁー! Gが来たぞー!」
レティ「逃げなきゃ寄生されるわよ!」
ルーミア「Gなのか~」
リグル「ぼ、僕はGじゃない.........」
チルノ「じゃあ何なんだよ!」
リグル「Hだ!!!!!」


~病人~
魔理沙が急に永遠亭に運ばれた。
命に危険がある怪我だった。

手術を終えた永琳が出てくる。
アリス「魔理沙は大丈夫なの?」
永琳「えぇ、すっかり回復しましたよ」
そう言って永琳が病室の扉を開けた。
アリスがすぐさま中に入る。
そこには顔にシートが敷かれて息をしてない魔理沙が寝ていた。
背後で医者が叫んだ。

永琳「エイプリルフール!!!!!」


~良い知らせと悪い知らせ~
永琳「良い知らせと悪い知らせがあります」
霊夢「良い知らせから教えて頂戴」
永琳「怪我が完治しそうです」
霊夢「本当!? 悪い知らせは?」
永琳「今のウソです」


~良い知らせと悪い知らせ2~
永琳「良い知らせと悪い知らせがあります」
霊夢「悪い知らせから教えて頂戴」
永琳「腕の怪我が治りそうにありません。切断します」
霊夢「ウソ!? 良い知らせは?」
永琳「魔理沙が野球やろうぜ、と言っていました」


~良い知らせと悪い知らせ3~
永琳「良い知らせと悪い知らせがあります」
霊夢「良い知らせから教えて頂戴」
永琳「貴女は世界初の人となれるかもしれません」
霊夢「悪い知らせは?」
永琳「貴女が世界初の人となることです」


~良い知らせと悪い知らせ4~
永琳「良い知らせと悪い知らせがあります」
霊夢「悪い知らせから教えて頂戴」
永琳「今朝貴女にいつもお見舞いとしてお菓子を持ってくれていた八雲紫さんが交通事故で亡くなりました」
霊夢「あらそう。じゃあ悪い知らせも聞こうかしら?」


~良い知らせと悪い知らせ5~
永琳「良い知らせと悪い知らせがあります」
霊夢「良い知らせから教えて頂戴」
永琳「博麗神社を継ぐ巫女が見つかりました」
霊夢「もういいわ......」


~バカ~
チルノ「なあ大ちゃん。バカって要するになんだ?」
大ちゃん「バカって言うのは1+1を3とか答える人だよ」
チルノ「それはバカだな! だって答えは9だもん!!」


~神~
神奈子「神ってさ、やっぱり堂々と逞しいほうが神って感じするよね」
諏訪子「そうね」
神奈子「ぷっ! くっくっくっ......」
諏訪子「何で私見て笑ってるのよ」


~勘違い~
紫「ちょっと藍! スープに蠅が入ってるんだけど!!」
藍「それ海老です」
紫「やだぁ~。もう一匹いる!」
藍「それ蜂です」


~安堵~
紫「ちょっと藍! スープに蠅が入ってるんだけど!!」
藍「ご安心ください。さっき殺虫剤かけまくりましたから」


~新発見~
紫「ちょっと藍! スープに蠅が入ってるんだけど!!」
藍「大発見じゃありませんか! 水で生活できる蠅なんて!!」


~誤算~
紫「ちょっと藍! スープに蠅が入ってるんだけど!!」
藍「あれ? 蜂をいれたはずなんだけど......」


~好み~
紫「ちょっと藍! スープに蠅が入ってるんだけど!!」
藍「ミミズのほうがよかったですか?」


~サービス~
紫「ちょっと藍! スープに蠅が入ってるんだけど!!」
藍「日頃の気持ちの表れです」


~食べちゃえ~
紫「ちょっと藍! スープに蠅が入ってるんだけど!!」
藍「逃げないうちに食べて下さいよ」
短編集第二弾です。
今回は主に永琳や藍が活躍するかたちとなりました。
そろそろネタが尽きてきましたが、頑張れば第三弾も出そうかな、なんて思っています。

最後まで見ていただきありがとうございます。


追記

私が書いていたもうひとつの小説(脇巫女が病気に罹ったよ)は、前編と後編に分けての投稿を試みましたが、中途半端で終わらせてもしょうがないので削除させていただきました。
ほかの投稿者にも迷惑があると考えての行動でした。

次回はまとめて投稿するつもりですのでよかったら見てください。


迷惑をかけて申し訳ありませんでした。
幽々夢
o_hayato-8810@softbank.ne.jp
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.330簡易評価
2.10名前が無い程度の能力削除
もう出さなくていい
3.70Ash削除
続編期待。
4.無評価幽々夢削除
2様

あなた様がどういった意味でそれを仰られているのかはわかりませんが、「東方に穢れがつく」、などとお思いでしたらもうこの先投稿することはないでしょう。

不愉快に感じたのならば申し訳ありませんでした。


Ash様

正直2様との意見が食い違っているのでなんとも言えませんが、ご期待事、感謝します。
6.60名前が無い程度の能力削除
あぁ、それで突然さっきまで見てた小説がなくなってたのか・・

削除された方は個人的には中々面白かったです。前・後編合わせてまた投稿して欲しいと思ってます。
(この場で言うことでないとは分かってますが)

今回の作品は少々同じパターンのネタが多いように感じたので、この評価にしました。
これからも頑張って下さい、期待してます。。
7.無評価幽々夢削除
6様

申し訳ありません。読んでいた方を考えていませんでした。
今後気をつけます。

これはナイスアドバイスをありがとうございます。
9.100名前が無い程度の能力削除
私はこういうの好きですよ。
これからも頑張ってください^^
10.80名前が無い程度の能力削除
アメリカンジョークが好きな身としては、この手の改変系は大好きですよ。
いいぞもっとやれー ってな感じでゴワス。

ただ、前作もそうでしたけどジェネリックでお会いしたかったですねぇ。
小咄は形が既に完成している分、点数を付け辛いです……。
今回は量が寂しいと感じたのでこれほどで。
12.40名前が無い程度の能力削除
オリジナルネタだけでシリーズ化してくれたら人気出ると思うよ
14.無評価名前が無い程度の能力削除
とりあえずそそわ内で「ジョーク」で検索してみてください。もしくは「東方 ジョーク」でググってみてください。
16.90Dark+削除
僕はこういうの好きなので90点。
でも確かにジェネリックのほうが良かったかもしれない。
17.70名前が無い程度の能力削除
別に嫌いじゃないぜこういうの!
ただ前の人が言うように短編集はジェネリックのほうに書いたほうがいいかもしれません
18.無評価幽々夢削除
皆様に最期まで御愛読していただいたと同時に、小説(?)の評価、的確なアドバイス等、感謝申し上げます。
『ジェネリックにした方がいいんじゃない?』と言われてから、ジェネリックとやらをずっと調べていて今日やっと見つけました。
まさかこのサイト内のジャンルだったとはw
小説の書き方とばかり思っていました。
愚かにも程がありますね。

でですね、今度からジェネリックに移行したいと思います。

沢山の御支援ありがとうございました。