Coolier - 新生・東方創想話

流しそうめん食べるよ

2011/05/19 05:06:57
最終更新
サイズ
7.35KB
ページ数
1
閲覧数
991
評価数
12/45
POINT
2500
Rate
10.98

分類タグ


「流しそうめん器?」
紅魔館、地下図書館。日陰の魔女は読書を中断し、聞き返す。

「そう。人間の里で、物好きな奴が作ったらしいわ。」
目を輝かせて話すのは、水色の髪をした女の子。その小さな背中には、漆黒の羽根が。

「つまり、どういう機械なのよ。」
「全自動で流しそうめんがエンジョイできる装置なんだって。それさえあれば、一人でも流しそうめんを食べられるってわけ。」
「なんだか寂しい話ね。」
「まったくね。皆で食べた方が、騒がしくていいと思うのだけど。たぶん、作った奴はぼっちね。」
「……根拠もなく言うものではないわ。それに、私はいくらか気持ちが分かるわ。」
「類は友を呼ぶのかしら?」
「どういう意味か聞いても?」
「引き篭も「そこまでよ!」
勢いよく吸血鬼を指さす魔女。無駄にキレがある。
彼女の内心では「決まった……!!」という達成感があふれていた。
知識人というのは、得てして、こういう性質をもつに違いない。きっとそうだ。

「別にいいじゃない。間違ってないし。」
「う……外に出るのが苦手なだけよ。と、ともかく!!そういう話じゃなくて、職人的なものを感じる、ということよ。」
「パチェって職人だったの?」
「違うわよ。ただ、『作ってみたい』という知的好奇心は理解できる。それは魔女も技術者も同じ。」
「哲学的な話?」
「まさか。単純に言えば、ロマンよ。」
「なるほど。パチェはロマンティックな乙女だったのね。」
「……はぁ、もうそれでいいわよ。」
額に手をあて、うなだれる魔女。それが照れ隠しであるのを知って、くすくす笑う吸血鬼。

「ともかく、全自動うんぬんはどうでもいいのよ。それより、大事なことがあるでしょ。」
「ん?……ああ、なるほどね。確かに迂闊だったわ。つまり、あなたは……」








「「流しそうめんが食べてみたい」」


















西洋にいた頃はそうめん自体を知らなかった。
そんな彼女たちが日本のそうめんを知るのは、幻想郷に来てからの話であった。
しかし、レミリア・スカーレットは吸血鬼である。
吸血鬼は太陽に弱い。
吸血鬼はニンニクに弱い。
吸血鬼は銀に弱い。
そして、吸血鬼は、流れ水に弱い。
また人里においても、人数や手間のかかる流しそうめんは、ほとんど行われない。
流しそうめんという文化は、彼女たちには遠いところにあったのだ。


たたみかけるレミリア。
「だってね、流しそうめんは味じゃない、って。風流なんだ、って。」
「けーねが言ってた?」
「そう、けーね……なんで知ってるの?」
「ありとあらゆる知識をもつこと、それが私の誇りよ。」
「へぇ、ふぅん、そう。まぁなんでもいいわ。
 ともかく、風流といえば貴族の嗜み。これには私の矜持がかかっているのよ。」
「と言われてもねぇ……。」
「お願いよパチェ、あなたなら、なにかこう、すごいことになるって信じてるから。」
「すごいこと、って何よ。馬鹿にしてんのか。」
「え、あ、ごめんなさい。そんなつもりじゃなかったのよ。土下座で許してくれる?」
「えらく安い矜持だな、おい!」






プライド云々は今更な話だからどうでもいい。ただ、親友のためならば、ちょっとぐらい動いてもいいだろう。
しかし、問題は山積みだ。
なんせ吸血鬼が流れ水を食す、というのだから。
まず雨も駄目だし、川も駄目。力が抜けるとか、体が気化するとか。
妖怪という生き物は精神的な部分が強く、その存在を支配するといわれる。つまり、力が抜けることと、その存在が霧散することは本質的に等しいのであろう。
では、いかに気力の減衰を回避するか。
意志を強く持て?
確かに、それで解決する事案もあるだろうが、流しそうめんを食べながらの精神論、とは似合わないにも程がある。
そもそも、それでは自分がいる意味がない。
人間だって、飲もうと思えば硫酸だって飲める。
そういう話ではないのだ。根本的な解決を目指さなければならない。

とは言うものの、課題は多い。
吸血鬼が流れ水を完全に克服する?
そんな話は聞いたことがない。
いわく、橋があれば川を渡れるらしいが……。










無理だ。できっこない。
きっとそうだ。仕方がないことなんだ。
それができれば苦労はしない。
歴史はもっと変わっていたはずだ。
仕様が無い。
どうにも、仕様が無い。
そうだ、これは呪文なんだ。
しょうがない、という呪文なんだ。
皆にあきらめる勇気を与えてくれる。
しょうがない。
しょうがない。
しょうがない。
しょうが、ない。
しょうが、無い。











「しょうがない、言うんやったら生姜買ってこいやああああ!!!」
「えっと、パチェ?」
「いいわ、やってみましょう。キリッ」
「……えっと、パチェ?」






「要するに、そうめんが流れればいいのよ」
「まぁ間違ってはいなけど……あなた、ほんとに大丈夫?」
「私はいつでも毎日がエブリデイよ。とりあえずは、そうめんを流す、という点に着目しましょう。」
「う、うん。無理はしないでね?」
「流れる、ということは少なくとも、液体・気体・流体のいずれかである必要があるわ。
 ガラス・アモルファスは流れているとは到底いえない。氷河なども同様にアウトね。
 流体の場合は温度・圧力にそうめんが耐えられない。気体ではそうめんが浮かない。
 以上から、媒介物質を利用してそうめんを流す場合、それは液体でなければならない。」
「そうめんの話よね?」
「そして、媒介物質が水を含んではならない。
 となれば、他に液体といえば、金属や臭素などを用いることになるわ。
 臭素では食べる前に鼻がまがる。金属でも、その高温にそうめんが耐えられない。
 常温で液体の金属には水銀が代表だけど、これは駄目ね。銀の一種たりえる。
 他には、ちょっとぬるくなっちゃうけど、セシウムがあるわね。でも、そうめんつゆに触れたらドカン。」
「なんで爆発してんのよ。そんなもの食べられないわよ。」
「こうなれば、有機溶媒を用いるしかないわね。エーテルなどを利用すればいいわ。」
「ちょっと待って。……それ、食べられるの?」
「……サラダ油でもいいのよ。」
「それ絶対にそうめん違う!油に浮いたそうめんって何!?揚げたいの!?」

今日の魔女の運勢は……ざーんねん、12位!頑張りが空回りしちゃうかも☆


「魔女のから騒ぎ、って番組ないのかしら」
「何の話よ。ともかく、そんな得体の知れないものは食べないからね。」
「うーん、となれば……媒介物質なしにそうめんを流すのはどうかしら。」
「どういうこと?」
「外の世界にリニアモーターカーという乗り物があるわ。なんでも弾丸のようなスピードが出るとか。」
「弾丸そうめん?なかなか刺激的ね。」
「流石に、そのまま利用するわけじゃないわ。その技術を拝借するのよ。
 このリニアモーターカーというのはね、実は浮いているの。その状態で移動するわけね。」
「それって飛行機、とかいうやつじゃないの?」
「飛行機はジェットを利用したものよ。リニアちゃんは磁力を使ってるの。
 つまり、そうめんに磁石を埋め込む。これは鉄分を大目にすればいいわ。
 その状態で、非常に強い磁場を展開する。そうすれば、そうめんが宙に浮くってわけ。」

「なんの話してるの?」
本を片手に歩いてくるのは金髪の吸血鬼。
「あら、フラン。おはよう。」
「……その台詞は今日2回目だけど。」
「刺激的でいいでしょう?」
「お姉様は間違ってると思うよ。」
「筆者が寝ずに書いてるからいいのよ。」
「メタ発言禁止ね。テンションがナチュラルハイ状態なのはよく分かったから。」


「……と、こうすればジェットでもそうめんを宙に浮かせることができるわ。
 下から吹かすときは天板とレールが必要ね。横からなら、まさに弾丸そうめんよ。
 これを捕まえるのは並大抵の技量じゃないけど、それがまさにロマンで……」

「パチュリーはどうしちゃったの?」
「フラン、気にしちゃ駄目よ。パチェはあれでも頑張ってるんだから。それを評価してあげなきゃ。」
「そもそも何の話をしてるの?」
「流しそうめんをどうすれば食べられるか。」
「はい?」
「あ、そうか。あのね、フラン。流しそうめんというのは……」
「知ってるよ。竹とかでレールを作って、上流からそうめんを流すやつでしょ。」
「ええ、そうよ。フランは物知りね。で、それをどうすれば私たちが食べられるか、ということよ。」
「どう、って。普通に食べればいいじゃない。」
「フラン。私たちは吸血鬼よ?流れ水はてんで駄目。」
「え」
「まさか知らなかった?」
「いや、そうじゃなくてさ」
「?」







「流しそうめんでしょ?上を渡るわけじゃないでしょ。
 それに、箸を使って食べるんだから、流れ水に触れてもいないじゃない。」
「……そこに気づくとは、やはり天才か。」
「馬鹿なの?」





次の日、流しそうめんが紅魔館で振舞われる運びとなった次第である。
まぁ、皆で食べるそうめんはおいしいよね。
初です。
ギャグを書いてみました。当初予定していた分から一部カット。冗長すぎた。
すごい疲れた。みなさん、こんなに頑張って書いてたんですね。尊敬しちゃう。
結構書いたと思ったのに、たかだか4K文字しかなかった。ちなみに、今は朝5時。
大学さぼりたいよう。
書体指導など、いただけると幸いです。3時間半もかかった。皆こんなもんなの?

流しそうめん器のバージョン違い版を誰か作ってくれないかな。あれ、楽しみだったんだ。

※以下、返答。
>3番様、4番様、過剰様
まとめての返答、失礼します。読んでいただき、ありがとうございました。
>奇声を発する程度の能力 様
大御所様に来ていただけるとは……励みになります。ありがとうございます。
>8番様
劇で使用した弾丸は、スタッフがおいしくいただきました。
>物語を読む程度の能力 様
大事なところが欠けてる、ということですね。睡眠は大事です。
>日間賀千尋 様
ぱっちぇさんのキャラは少し考えましたが、プロットを優先しました。
というわけで、真面目馬鹿キャラになりました。
>24番様
王道ですよね、この流れ。私も大好きです。
筆者が理系なので、文系キャラが書けないのです。わたしニホンゴわかりませーん。
>月宮 あゆ 様
まったくです。レミリアが薄すぎます。ぶっちゃけ、客席の合の手状態。
プロットを起こすことだけを考えていました。そのため、ただの進行役に成り下がってしまった。これは要反省。
セリフ量のバランスがとれていないのも、文章を読みにくくさせているかもしれません。心得ておきます。
常識人⇔狂人の振れ幅が紅魔館最大なのがフランちゃん。そんな願望。
10KA
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1520簡易評価
3.60名前が無い程度の能力削除
面白かったです。パチェがいい感じ。
4.50名前が無い程度の能力削除
むぅ……
5.80奇声を発する程度の能力削除
パチュリーのハイテンションっぷりが面白かったです
8.70名前が無い程度の能力削除
「弾丸そうめん」と言う呼称が気に入ったので
それと色々な雑学を抑えてるパチェが好きです
9.90物語を読む程度の能力削除
パチュリーのテンションに親近感ww
完徹二日目くらいな俺と思考回路のベクトルが同じだ。
11.無評価過剰削除
普通に面白かったw
12.80過剰削除
点数忘れ
21.80日間賀千尋削除
真面目にバカなこと言ってるパチェに惚れた
有機溶媒のくだりに吹いた
24.90名前が無い程度の能力削除
真面目にバカを言う→普通のやり方でよくね? の流れが大好き過ぎるwwww
このパチェは間違いなく理系。それもかなり純粋な。
33.90月宮 あゆ削除
パチェのまじめっぷりにふいた。
しかしパチュリーがまじめに考えたアイディアにレミリアが、つっこんでいるはずなのにインパクトが薄い あなたの為に考えているのにそこは一緒に乗ってあげないと
全体的に面白かったです。

追記
フランちゃんは常識人
パチェの生姜の突っ込み切れ味がサイコ!
34.90名前が無い程度の能力削除
ずっと思ってたことをフランが言ってくれたw
38.100名前が無い程度の能力削除
このパッチェさんからは理系の友人と同じ臭いがするw
39.100名前が無い程度の能力削除
「そうめんの話よね?」が可愛い