Coolier - 新生・東方創想話

お嬢様が名前にこだわる理由

2011/03/21 19:19:47
最終更新
サイズ
6.08KB
ページ数
1
閲覧数
2018
評価数
12/93
POINT
4730
Rate
10.12

分類タグ

今日も今日とて紅魔館では、大勢のメイドが働いていた。

「はーい! 洗濯物終わり! みんなで干しに行くよー!」
「ちょっと! こんなところにモップ出しっ放しにして! 誰よ! あ、私だ!」
「非常事態発生! 醤油の買い置きがありません!」
「買い出しを許可する!」

さながら戦場であった。

一方その頃、レミリアの部屋には数匹の妖精メイドが呼ばれていた。
いずれも、ここ最近何かしらの功績を上げた者達である。

「えー、ではまずあなた。あなたは確か‥‥」
「はい! とうとうやりました! 一介の妖精の私が、程度の能力を身に付けました!」
「よく頑張ったわね。で、どんな程度の能力なの?」
「はい! 炎を自在に操る程度の能力です!」
「マジで。主役級じゃないの」
「えへへ!」
「それじゃああなたは‥‥今日から、ブラッディーホルンと名乗るといいわ。どう?」
「わあ、かっこいい! ありがとうございます!」

「次にあなたね。えーと‥‥館に迷い込んできた氷精を追い返したんだっけ?」
「はい。舌先三寸で」
「方法はともかく、よくやったわね。あなたは‥‥そうね。ナインブレイカーっていうのはどう?」
「恐縮です!」
「最後はあなたね。あなたはこの一週間、お昼寝も我慢して、周りのメイド達のお手本になるような働きをしてくれているわね」
「ええ、まあ‥‥」
「そんなあなたの名前は、ブラッククロスなんてどうかしら」
「ありがたいんですが‥‥名前を頂けるほどの事でしょうか?」
「十分偉いわよ。門番を見てみなさい。今日の昼寝時間が3時間の大台に乗ったわよ」
「はい。では、ありがたく名乗らせてもらいますね!」

窓から見える正門。
そこに見える美鈴の姿には、妖精メイドの遠慮など一瞬で吹き飛ばせる説得力があった。

「はい、それじゃ解散ね。この後もお仕事頑張ってちょうだい」
「はーい!」

パタパタと駆けていくメイド達。
その後ろ姿を眺めながら、レミリアは満足そうに微笑んでいた。




その日の夕食時だった。
レミリアとフランドール。
それに付き従う咲夜。
パチュリーと小悪魔。
結局6時間の仮眠を終えた美鈴は、食卓を囲んでいた。

「ねえお姉様、メイド達に何かしてあげたの? なんだか喜んでいる子がいたけど」
「ああ、名前を与えたのよ。そう、喜んでいたのね。よかったわ」
「ふーん‥‥」

オムライスをもぐもぐと食べながら、フランドールは更に質問を重ねる。

「お姉様は親しくなった名無しの子にすぐ名前をあげるけど、どうして? 咲夜もそうだったんでしょ?」
「ええ、光栄な事にその通りですわ」
「フラン、名前というのは、凄く大切なものなのよ。あなたも妹様って呼ばれるより、フランドールって呼ばれた方が嬉しいでしょう?」
「うん! そっかあ。そうだよね!」
「特に私達悪魔と呼ばれる者は、その傾向が顕著なの。そんな私に仕える以上、あの子達にも誇り高い名を用意してあげないとならないわ」
「ふーん、そうなんだぁ」
「‥‥もう、あんな悲劇はたくさんだからね」

そう言ったきり、レミリアは黙ってしまった。
咲夜は美鈴、パチュリーは、過去に辛い事があったのだろうと察し、これ以上突っ込んで聞く事はしなかった。
しかし、心の幼いフランドールにその理屈は通用しない。

「どうしたの? 何かあったの?」
「ちょ、フラン様‥‥!」
「いいのよ美鈴。そうね。フランには話しておいた方がよさそうね。私と同じ過ちを繰り返さないために、ね」

そうしてレミリアは、ワインの入ったグラスを傾けながら話し始める。

「今でもいるみたいだけど、数百年前の外の世界には、悪魔祓いを生業にする者が大勢いたのよ。私達の生まれ故郷辺りには特にね」
「へえ」
「その頃の私は、今ほど強い力を持っていなくてね。いわば、見習い吸血鬼みたいなものだったのよ」
「お嬢様にもそんな時代が‥‥それが今はこんなに小生意気になってしまって」
「うっさい。そんなある日、私は一人のエクソシストと対峙する羽目になったの」
「ええ!?」
「勿論、未熟とは言え、そこいらの者に負ける私じゃなかったわ。ただ、まずい事に相手は凄い力を持つ人間だったの。お爺ちゃんだったんだけどね」
「それで、どうなったの?」
「私とヨボヨボのエクソシストの戦いは、三日三晩に及んだわ。お父様も私の居所を把握してなくてね。孤立無援だった。もうこっちも必死なわけよ」
「うんうん」
「そして、ついに決着の時がきたの。知ってる? 悪魔は名前を知られると、力が急激に下がるのよ」
「あ! パチュリーに聞いた事があるよ!」

フランドールは一瞬パチュリーに視線を向ける。
姉の過去の戦いを聞き、その手には汗が握られているようだ。

「当然、私は名乗らなかった。だけど、その相手は予想よりも恐ろしい力を持っていた。悪魔に名を与え、調伏できるほどにね」
「ええ!?」
「戦いの最後の一幕、今でも思い出せるわ」



『お前は凄まじい力を持っているね。きっと、高貴な血を引く悪魔なんだろう』
『‥‥‥‥』
『後数年もすれば、きっと私の手には負えなくなるだろう。だが、今は私の勝ちだよ』
『くっ‥‥』
『さあ、私にお前の誇り高い名を教えてはくれないか?』
『断るわ!』
『そうか‥‥なら仕方が無いね。私が名を与え、封じさせてもらうよ』


「退魔師の名において、この魔の者に新たな名を与える。彼はそう言った。そしてその言葉が、決着の合図だったわ」





『この者の名は、パンチョリーナ!』
『ええ!? い、いやああああ! そんなのいやああああ! 待って! 教えるから! 私の名はレミ‥‥』




「‥‥え?」
「パ、パンチョ‥‥なんですって?」
「パンチョリーナよ。その数年後に彼が老衰で倒れるまで、私は吸血鬼パンチョリーナとして封印されていたのよ」
「‥‥‥‥」
「あの一件で、私は教訓を得たわ。相手が強そうなエクソシストで、しかもネーミングセンスがまずそうな場合、素直に名前を教える、ってね」
「‥‥‥‥」
「どう? 私がどうして名前にこだわるか、わかったでしょう?」
「う、うん‥‥」
「それはもう‥‥」
「十分過ぎるほどに‥‥」

フランドール達は、目線を落とし、キョロキョロとしていた。
気まずい雰囲気が伝わってくる。

「お、お嬢様がそんな事になって、前の当主様は大層お怒りになったのでは?」
「ああ、お父様ね。たしかに心配してくれたみたいで、封印が解かれてすぐに迎えにきたんだけどねぇ‥‥」




『レミィ! お前、パンチョリーナに改名したんだって!? パンチョリーナ・スカーレットか! ダーッハッハッハ! こりゃいいや! 人間もなかなかやるなあ! はっはっはっは!』




「身内に殺意を抱いたのは、あれが初めてだったわね」
「うわあ‥‥」
「ま、そんなところよ。ね? 名前って大切でしょう?」
「うん! 私、フランドールでよかったぁ」
「それはさておき、その件が無くても、あの子達に名前は付けたかったと思うけどね」
「どうしてですか?」
「だって‥‥家族は、名前で呼びたいじゃない?」







「ところで、そのエクソシストに何か報復はしたんですか?」
「言ったでしょう? 彼が死んだから私の封印が解かれたの。‥‥あ、一応復讐はしたわね」
「どんな?」
「あの頃は私も幼かったからね。ちょっと大人気無かったわね。自分でもゾッとするわ。彼の子孫にね‥‥」
「ゴクッ‥‥」
「20代そこそこからハゲ散らかす呪いかけてやった」
「えー」
チキチキを思い付いたばかりに中断してた文です。
ネーミングセンスが皆無なため、こういう時に困ります。
元ネタを拾ってくるしか無くなる。

おぜう様に呪いをかけられたのは、僕のご先祖様じゃないでしょうか。
ブリッツェン
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.3660簡易評価
2.70愚迂多良童子削除
いろいろひどいwww
3.80奇声を発する程度の能力削除
最悪な呪いじゃないですかw
5.100名前が無い程度の能力削除
レミリア=パンチョリーナ=スカーレットは、素晴らしい主ですね。
16.80がま口削除
とりあえず思いついたのは、そんな芸名のイタリアの議員がいたなぁ、です。
それにしても、パンチョリーナ・スカーレット。うーん、一日三回くらい無意味に口ずさみたくなるwww
23.100名前が無い程度の能力削除
お父様…w
26.90名前が無い程度の能力削除
おぜうさま、ナインブレイカーだけは止めてくれぇ……!

『パンチョリーナ=スカーレット』を早口で三回ほど口に出したら違和感が昼寝しました。
案外語呂が良いですね。
31.無評価名前が無い程度の能力削除
くそ、ご先祖様が余計なことしたせいで
俺は、俺は・・・まだ20代前半なのに・・・
33.9031削除
点数入れ忘れました
38.100名前が無い程度の能力削除
ナインブレイカーてwww
確かに⑨をブレイクしたがwww

そして史上希に見るノリノリなお父様。
45.80名前が無い程度の能力削除
ナインブレイカーだと最強になってしまうwww
48.100名前が無い程度の能力削除
なにそれこわい
51.100名前が無い程度の能力削除
命名なんて一瞬の閃きでしたものが一番よい訳で……
55.80名前が無い程度の能力削除
スカーレット父ひでぇwww
後お嬢様その呪いは勘弁してください