Coolier - 新生・東方創想話

神々の派閥戦争~豊かな二次元ライフを送るために生み出された技術『妄想』と、それが戦争のきっかけとなってしまう悲しみについて~

2010/09/27 18:47:50
最終更新
サイズ
27.93KB
ページ数
1
閲覧数
5768
評価数
164/360
POINT
25080
Rate
13.91

分類タグ

 Q.もしも、世界を思い通りにできる力を持っていたら、何に使いますか?



  ◆  ◆  ◆



 霧雨魔理沙はいつものように、博麗神社の縁側で、博麗霊夢の隣に座っていた。
 ここに来るのに、特に理由はいらない。既に習慣になっているのだ。(──と、以前ならば言えたであろう。今は違う。)
 隣で、ずずずと音を立てて茶をすする霊夢の、その顔をちらりと見やる。この巫女は、本当に幸せそうにお茶を飲む。昔っから変わらない。(しかし、それを昔から見ている魔理沙の方は、少しずつ変化を遂げているのだ。見とれそうになるのを誤魔化すように、魔理沙は口を開いた。)

「なあ霊夢、お茶菓子が足りないぜ。煎餅か何かないのか?」
「煎餅なら昨日あんたが全部食べちゃったでしょ。文句があるなら自分で持ってきなさいよ……まったく、こうやってお茶出してもらってるだけでもありがたいと思ってよね」

 多少不機嫌な様子の霊夢に、魔理沙は「むぅ……」と唸って、自分の湯飲みを掴む。そして満たされている茶の薄さに、眉をひそめた。
 薄い。あまりに薄い。これではほとんどお湯のようなものではないか。

 魔理沙はまた、霊夢に目を向ける。満足げに湯飲みに口をつけている霊夢。(ふとすると、魔理沙の目は、湿った霊夢の唇を追いかけてしまう──が、いま考えるべきはそこではないと、なけなしの自制心を発揮する。)
 その湯飲みの中には、果たして自分のそれと同じものが入っているのだろうか。こいつは本当に、こんな出涸らしの中の出涸らし、まるっきりただのお湯のような液体に、顔をほころばせているのだろうか?

「なぁ、霊夢」
「うん? なによ」

 ゆらりと近寄って来た魔理沙に、霊夢は軽く身を引かせる。魔理沙はその隙を見逃さなかった。

「ちょっとその茶見せろ!」
「わ、ちょ、ま、なにすんの!?」

 素早くしかし丁寧に、霊夢の湯飲みを奪い取る。そして中身を確認すると、それはどう見ても、自分が飲んでいたものとは違う。ちゃんと色のついた液体だった。(だがそれよりも魔理沙の心を捉えたのは、この湯飲みを霊夢が使っていたという事実である。間接キスという単語が魔理沙の脳裏をよぎる。霊夢はすぐに湯飲みを取り返そうとするだろう。逡巡は一瞬。)
 魔理沙は湯飲みを口につけ、一息に傾け──ごくごくごっくん、と中身を飲み干してしまった。「あーーーーー!!!!」と霊夢の悲鳴があがる。

「なにすんのよ……うう、私のお茶……」
「客にお湯出して自分だけまともなお茶とは、やってくれるじゃないか霊夢」
「うっさいなもう……わかったわよ、ちゃんと入れてくればいいんでしょ……」

 ぐずりながら立ち上がり、魔理沙から湯飲みをひったくると、幽鬼のようにふらつきながら台所へ向かう霊夢。魔理沙はそれをひらひら手を振って見送った。一人になった魔理沙は、ふと空を見上げた。(心の中にあるのは、霊夢が持っていってしまった湯飲みのこと。熱いお茶が口内に流れ込んでくる寸前、唇に触れた温い液体のこと──そこまで思い返して、あんまりにもあんまりなことを考えていると気づいた魔理沙は、茶を取られて涙目だった霊夢へと思考を切り替える。ああいう霊夢もかわいいなあ……などと思いながら、ぼんやり空を眺めるのであった。)



  ◆  ◆  ◆



 Q.もしも、世界を思い通りにできる力を持っていたら、何に使いますか?

 A.レイマリ。



  ◆  ◆  ◆



「……ふう」

 博麗神社の様子を隙間で覗きながら、八雲紫は満足げに溜息をつく。レイマリ(霊夢×魔理沙)派の彼女は、魔理沙の霊夢への淡い恋慕を存分に楽しんでいた。

 ──無論、妄想の中で、である。

 誰であろうと、自身の妄想の中の世界は思い通りにすることができる。妄想の中である限り、どんなことだってできる。神社での、幼馴染二人の、普段どおりのなんてことない一幕も、彼女の紫色のフィルターを通して見ればマリレイほのぼのに早変わりである。

 現実での魔理沙は、そんなこと考えていないかもしれない。長い付き合いの魔理沙と霊夢。それに、なんだかいろいろとぐちゃぐちゃになる酒飲みの場だって、一度や二度となく経験している。間接キスなんて今さらという感じで、まったく気にしていないかもしれない。
 だが! だが、それは『かもしれない』なのだ。もしかしたら、そう思っているかもしれない──そう、妄想することはできる。
 それは『可能性』である。『可能性』がある限り妄想の魔は生きていける。たとえば魔理沙が「霊夢はただの友達だぜ」と公言したところで、訓練された八雲紫は「ツンデレ乙」の一言で済ませるだろう。
 そう、魔理沙が何を言ったところで、それが嘘だという『可能性』が生み出される。それで紫は、もう大丈夫だ。……さとり妖怪? 帰れバーカ!!

「……紫様。お茶が入りました」
「ん」
「……また神社の覗き見ですか? いい加減に……」
「あと五分だけ……」
「……はぁ」

 適当に手を振って式を追い出す。
 もちろん五分で終わるわけがない。さっきまでは魔理沙視点だったから、今度は霊夢視点にしてみようか。実は間接キスを気にしている霊夢、気にしてないように見える魔理沙に不機嫌になって……などと妄想を膨らませていた八雲紫は、不意に、不穏な気配を感じ取った。

 空を眺めていた魔理沙も、それに気づいたようだ。神社にそれぞれ別々に向かってくる、二つの影。その正体を察して、紫は思いっきり舌打ちをした。
 十六夜咲夜と、東風谷早苗。咲マリ派とさなまり派の刺客だ。もちろん咲夜と早苗、本人達にはその気は無い。……無い、はずだ。
 紫の歯が、ぎりと音を立てる。もしかしたら、『可能性』は──『可能性』は、あるのかもしれない。少なくとも、今の紫がレイマリの『可能性』を楽しんでるのと同じように、咲マリとさなまりの『可能性』を楽しんでいる忌むべき輩はいるのだ。二人が神社に来たのも、奴らの差し金だろう。

 咲マリ急進派首領、レミリア・スカーレット。
 さなまり教教主、洩矢諏訪子。

 この二勢力に比べて、レイマリは数の力では勝っている。
 そして、だからこそ、この二勢力は手を組んで、紫を潰そうとしに来ているのだ。

(ハロー、八雲紫。ご機嫌いかが? ククク……)

 紅の思念が。レミリア・スカーレットの声が忌々しい脳裏に響いてくる。
 わざわざ話しかけてくるんじゃねえよ……と思いながらも、無視してしまっては逃げたように思われるだろう。

(あなたのおかげで最悪だわ。子供はさっさと帰って寝なさい)
(あはは、酷いこと言うね、八雲殿。まあまあ落ち着いて……ケロケロ)

 緑色の意志は、洩矢諏訪子。一見すると間に入って仲裁しているかのようだが、この女も紛れもない敵だ。
 今日もまた二人して、ご丁寧にも妄想を思念の形にして送り込んでくる気らしい。

(喧嘩はよくないよ? ほら仲良く仲良く)
(ふん、白々しい。そういうことは、その汚い妄想をこっちに垂れ流すのをやめてから言ってほしいわね)
(あら、うちのさなまりが気になるの? それはそれは。レイマリなんて脆弱な妄想しかできない賢者様に、悪いことしてしまったかね……)
(今なんつったコラ)

 しかしそんな罵りあいをしている間に、咲夜と早苗が地に降り立ち、霊夢も戻って来た。レミリアと諏訪子がぴたりと黙る。
 ここからは、レミリアと諏訪子の思念──咲マリ、さなまりの妄想が混ざってくるだろう。紫はまた舌打ちをしながら、神社の光景を映す隙間へと向かい直った。



  ◆  ◆  ◆



「あん? 咲夜に早苗……あんたたちまで何しに来たの?」(二人の姿を認めて、霊夢は僅かに苛立ちながら──しかしそれを押し込めた。魔理沙と二人きりの時間を邪魔されたからといって、それを表に出してはさすがに神経過敏かと思った。)
「お嬢様が、神社へ行って来いって言うのよ。なんだかよくわからないけど」(嘘である。主人が昼間は寝ていること、時間を止めれば仕事なんていつでもこなせるというのをいいことに、咲夜は仕事をサボり、想い人がいるであろう博麗神社へやって来たのだ。)
「あ、私もそんな感じです。諏訪子様が、博麗神社へ行って来いって」(それは事実だが、事実ではない。早苗の気持ちを察する諏訪子が、応援な意味で、博麗神社に行けと言ったのだ。)
「……なにそれ。二人とも暇人ね」

 両手にそれぞれ湯飲みを持った霊夢は、呆れたというふうに溜息をつく。(用事もないのに来るなよ、という言葉はなんとか飲み込んだ。用事もないのに毎日のように神社に来る、来てくれる魔理沙を慮ったのだ。)
「お茶は出ないわよ。めんどくさい」(だが、そんな連中をわざわざ歓迎してやることもないだろう。霊夢ははっきりと言った。)
「ああ、おかまいないく」(恋敵である霊夢のささやかな抵抗に、咲夜は思いっきりカウンターを叩き込んだ。)
 咲夜がにこりと笑んだ次の瞬間、霊夢、魔理沙、早苗の三人は胸の前に片手を出し、湯飲みを握っていた。(咲夜が時間を止めて茶を入れてきたのだろう。思い至った霊夢は、自分の手にあるのが確かに自分の湯飲みであることを確認して、安堵する。なぜならこの湯飲みは──ついさっき、魔理沙が口をつけたやつなのだ。)

「勝手に入れさせてもらいますから」(霊夢涙目である。咲夜が来た以上、レイマリの時間はこれで終わり。ここからは咲マリの時間なのだ。)
「って、うちのお茶っ葉じゃないの! まったく……」
「お茶菓子も用意しておきました」
「咲夜!」(言いながらも、湯飲みさえ変わっていないなら、とどこか妥協してしまう霊夢であった。)

 いつのまにか魔理沙の隣には、煎餅が十二枚ほど乗った一枚の皿が置いてある。これが咲夜の土産などではなく、神社に貯蔵されていたものであるのは明らかだ。
 魔理沙は一枚手に取りながら、霊夢にじっとりした目を向けた。(もちろんこれも咲夜の作戦である。先ほどの二人の会話を、瀟洒たる咲夜は超々遠距離から聞いていた。霊夢に対する魔理沙の信頼を損なわせるためにわざわざ煎餅を出してきたのである。もはや勝負は決したと言って良かった。)

「さっきは無いって言ってたと思うが」(言われて、霊夢はどきりとしてしまう。後で魔理沙がお腹すいたと言い出したくらいで、仕方ないなあなんて言いながら出してあげようと思っていた──なんて言えるわけが無い。ちょっと泣きそうになりながら、霊夢はなんとか虚勢を張った。)
「ふん。魔理沙にあげる煎餅なんて無いってことよ」
「ケチ巫女」(二人が話しているあいだに、早苗は魔理沙の隣に座った。)
「うっさい」(霊夢がダメージを受けているうちに、咲夜は魔理沙の隣をさっさと確保する。霊夢はひとり立ちんぼであった。)

 憎まれ口を叩く二人。早苗と咲夜は魔理沙の両脇に腰を下ろし、その様子を見てくすくす笑うのだった。(魔理沙にケチ呼ばわりされ、咲夜と早苗に魔理沙の横を取られた霊夢は、悲しみに包まれていた──。)



  ◆  ◆  ◆



「ちくしょおおおおおおおおおお!!!!」
「どうしました、紫様!?」

 いきなり奇声をあげた紫にすわ異常事態かと、八雲藍がそのそばに降り立つ。
 紫は血走った目で神社の光景を見つめながら、髪の毛をバリバリかきむしっていた。

「何があったのですか、紫様」
「耐えられない……耐えられないわ……これを見ながら咲マリやさなまりを考えている奴がいるなんて……その存在が耐えられない……!! ちくしょう、せっかくレイマリ天国だったのにわざわざ咲夜と早苗を派遣しくさって……!!」
「うん……? あー、いやまあ別にいいじゃないですか。見たところ咲マリやさなまりな雰囲気ってわけでもなし」
「藍、あなたは何もわかっていない……こうして、奴らと魔理沙が一緒の空間にいて、妄想が可能。それすなわち『可能性』だわ」
「はあ」
「『可能性』を生み出しただけでアウトなのよ」

 特に、微妙に紫のレイマリ妄想に近い形で展開されている咲マリ妄想がうざったくて仕方が無い。
 だいたい、基本的に霊夢はツンなところがあるのだ。そこがまたかわいいのだ。当然ながら紫はそれをデレへと変換するが、敵対勢力は霊夢のツンをわざとそのままに解釈することで、霊夢は魔理沙を煙たがってるなどと妄想し、レイマリを滅ぼそうとしてくる──。

「──いいわ」

 紫の眼が、昏く輝く。
 こいつらを殺菌消毒するためには、妄想(二次元)でちびちびやるのではなく、事実(三次元)で押し潰してしまうのが手っ取り早い。少しだけ、少しだけなら構わないだろう──ぶつぶつと呟く。

「お前たちが何でも妄想するというなら──まずはその幻想をぶち殺す」
「……いや紫様、あんたがそれ言っちゃまずいでしょ。幻想郷は何でも受け入れる的な意味で」
「ぶち殺す」
「言っちゃまずいでしょ」

 ──それは禁忌への第一歩であった。



  ◆  ◆  ◆



「で、何の用も無いのにやってきたあんたらは、いつまで居座ってるのかしら」
「そうだそうだ」
「魔理沙、あんたもよ」
「冷たいやつめ」

 ふん、と魔理沙は鼻を鳴らす。実際、霊夢はそんなことを思ってはいないはずだ。それはわかっている。でも、もう少しくらい優しくしてくれたって──と、霊夢が好きで好きでたまらない魔理沙は思うのである。
 一方霊夢も、そんな魔理沙の、捨てられた子犬のような目に、胸をうずかせた。魔理沙だけは、後で帰ろうとしたときにでも、用事があるとか言って呼び止めてやろう。そして何か適当な理由をつけて泊めてやるのだ。つまるところ霊夢もまた、魔理沙が好きで好きで仕方なかった。
 そして、二人はもう明らかにラブラブだったので、咲夜と早苗は気を利かせて、そろそろ帰ろうかななどと思い始めるのであった。霊夢と魔理沙、二人きりの夜がこれから始まる……。




  ◆  ◆  ◆



「ゆ、紫様! これは……!」

 さすがの藍も、この事態には驚かざるを得なかったらしい。いやむしろ、引かざるを得なかったらしい。

「なーにー? 藍、どうかしたかしらー?」
「やめてください気持ちわr……じゃなくて、白々しい! 紫様、今……操作しましたね!? 地の文を! ()が付いていない! これは『妄想』じゃなくて『事実』への介入と改変……ああしかも、三人称一元で霊夢→魔理沙や魔理沙→霊夢だけを事実にするってならまだしも! 三人称多元で、レイマリを完全確定させつつ咲夜と早苗を排除までするがっつきっぷり! これはひどい! これはいくらなんでもないですよ!」
「なーんのことかしらー?」

 事実の改変。自分の好きなように、世界を──二次元ではなく三次元世界を捻じ曲げる。境界操作の能力が、紫をこの世界の神、幻想郷という世界に接続する神の次元へと押し上げたのだ。
 それは、罰する法こそ無いものの、妄想戦士としては明らかにマナー違反と言えるものである。しかし紫は、自身の行いを特に問題とは考えていなかった。と言うより、開き直っていた。
 いくら改変が加えられたといっても、起こってしまった『事実』は『事実』でしかない。しらばっくれてしまえば証拠など残らないのだから。
 そう。紫は事態を甘く見ていたのだ。

(ククク……とうとうやったね、八雲紫)
(事象の改変……レイマリに狂ったあんたはついにルールを破った。ケロケロ……)
(あらあら、何のことかしら……あれは、ただの事実。実は霊夢と魔理沙は相思相愛だったという、ただそれだけのこと。私がそうなるように改変したという証拠が、どこにあるというの?)
(ククク、そうだね……事実の改変に、証拠は残らない。ああところで八雲紫、知っているかい?)
(何を?)
(──私の能力が、『運命を操る程度』のものだということを)
(…………あ。そういやそうだった)
(ああいや、まさか、それを使ってどうのこうのなんてことはしないさ……まあ、仮に、万が一そういうことをしたところで、証拠なんて何も残らないだろうけどね)
(ぐっ……)

 面倒なことになった、と紫は唇を噛んだ。
 『運命を操る程度』──仮にそれが事実改変を可能とする能力であったとして、現状、不利なのは紫だ。
 事実改変したところで証拠など互いに残らないが、もしも第三者にこの争いのことを知られてしまった場合、先に手を出してしまった紫の立場が悪いだろう。この先レミリアが力を振るおうと、『紫の不正な事実改変に対抗するため』という大義名分があることになってしまったのだ。

「怒りに我を忘れて、レミリアの能力のことが頭からすっとんでいたわ……たいした奴ね。向こうの作戦勝ちだわ」
「ソウデスネ」

 どうしたものかと頭を回転させる紫。だがその思考を、もう一つの声が遮る。

(ああちなみに八雲殿、もう一つ聞いておいてほしいことがある。私の能力だが──)
(ああん? 何ようるっさいわね……坤を創造する程度の能力、だったかしら? それがどうかしたんでちゅかー?)
(ムカっつくねあんた……まあいい。さて、その坤というのが地を表しているってことくらい、あんたは知っているだろう?)
(……それがどうかしたの?)
(つまり私の能力は『地を創造する程度の能力』と言い換えられる──そう、地の文を創造する程度の能力さ)
(え、なにそのこじつけ)
(さあ、黙ってさなまりに蹂躙されるが良い!!)

 諏訪子の思念が途切れる。こうなってはもう考えても仕方が無い。すぐにでも、神社を覗いて事実を改変する戦いが始まるだろう。
 紫は気合を入れなおし、隙間を覗き込んだ。



  ◆  ◆  ◆



 でもやっぱり霊夢は魔理沙と一緒にいるのにいい加減飽きていたので、今夜は早苗と一緒にいることにした。早苗はちょっと神経質なところもあるけど、ご飯は作ってあげるし掃除もしてあげるしお茶も出してあげるし、それに信仰を集めるのも真面目にやるので、博麗神社にもお賽銭が集まるようになるはずだ。というわけで霊夢は早苗とくっついてちゅっちゅしたり吸血したりなんかいろいろやった。HAPPY END. お幸せに。

 さて肝心の咲マリであるが、霊夢に追い出されたかわいそうな魔理沙を咲夜は受け入れた。そして拒むこともしなかった。霊夢と早苗がくっついたのもあって、魔理沙はなんとなしに、咲夜の元へ足を運ぶことが多くなっていった。
 魔理沙というのは行くあてのない寂しい子犬のようなもので、咲夜はというと、これまた住処と主を除いて何も持たない寂しい犬のようなものだった。
 魔理沙にとって、帰るべき上位者がいることは。咲夜にとって、養うべき妹分がいることは。それぞれ心の安定に繋がったのだ。
 あるいはこの姉妹のような関係性を二人ともが自覚していたならば、二人はそのままただの姉妹で終わったかもしれない。しかし二人は外面的にも、各々の自覚としても、あくまで対等の関係にあった。並び立つ他者であった。
 そして恋とはおそらく、家族にするものではなく、隣を歩く誰かに寄せるものであったのだ。

 十六夜咲夜は、紅魔館のメイド長という重責の隙間を縫うようにして、小さな魔女に心を許していった。
 霧雨魔理沙は、自身のすべてである恋色の魔法を、ただ一人のためのものへと、少しずつ、ほんの少しずつ、変えていった。




  ◆  ◆  ◆



「ウウウオアアーーーーー!!!!」

 紫が隙間を覗いた瞬間、恐ろしいまでの情報量──レミリアによって捻じ曲げられた『運命』の情報が、紫の脳内に入り込んできた。霊夢と早苗がくっついているところからして、おそらくは諏訪子すら出し抜いて、レミリアは凶悪なる先制攻撃に出たのだ。

「ていうか、ほんの数十秒でここまでやるなんて……あンのお子様吸血鬼、最初からこういう話のネタ考えてたわね……!? こんなことに使うくらいならちゃんとSSなりなんなり作品にして大衆に発表してやりなさいよ、バカ野郎……!! ……まあ私は見ないけど」
「紫様、たまには他カップリングのSSにも目を通しましょうよ……蓮夢(蓮子×霊夢)とか」
「そんなカップリングのSS見たこと無いわよ!?」
「無いならお前が作れよ!!」

 なぜか逆ギレされた。いや、そもそもこんなことを言っている場合ではない。レミリアの運命操作に対応しなければならないのだ。

「ぐっ、まだまだ……まだ逆転のチャンスはあるわ……」

 どうやらレミリアの操作は未来にまで渡っている。
 だが、それこそあのメイドでもなし、未来の方向性を示したところで、時間が飛んだりして一瞬でその未来にたどりつくというわけではない。
 つまるところ、まだ、『でもやっぱり霊夢は魔理沙と一緒にいるのにいい加減飽きていたので』が展開されている最中なのだ。修正は間に合う。
 そんなことはレミリアもわかっているだろうから、先ほどのはあくまで紫の勢いを挫くためのものであり、そしてその役目に関しては十分に果たしているのだった。パンと頬を叩き、紫は気を張りなおす。

 「蓮夢! 蓮夢書けよ! 蓮メリゆかれいむの三角関係誰か書けよ!」と喚く藍はさておき、紫は覚悟を決めて、隙間に向き直った。



  ◆  ◆  ◆



 でもやっぱり霊夢は魔理沙と一緒にいるのにいい加減飽きていたのでここは新たな刺激が必要だと考えて魔理沙との関係を変えるべく結婚してみることにして「ねえ魔理沙、そろそろ私達けりをつけましょう」などといきなり言い出したが魔理沙にはよくわからず、早苗は「霊夢さんと一緒にいるのが飽きたなら私といましょう」と言った。……だが霊夢は無視してその隙を付いていきなり魔理沙に襲い掛かってきたので危険を察知した咲夜が間に入って身代わりになって死んだ。が、それは残像だ。咲夜は霊夢の背後に回っていてその首をかっき的なナイフ型マッサージ器で角質を削り落としてあげたら霊夢はもっと綺麗になって魔理沙は惚れたなんてことはもちろん無く咲夜のナイフによって霊夢は致命傷を早苗は咲夜が死んだその隙を突いてちょ、死んでないって言ってんでしょ! さっきから思ってたけどあんた反応速度とタイピング速度遅いのよ! チャットで取り残されるタイプでしょ! 隙あり! え~、もちろん霊夢は致命傷なんて負わずに背後のメイドに肘うちを食らわせた、それがメイドの胸に奇妙なまでにめり込んだことで彼女の偽乳が発覚し、魔理沙は幻滅するはずもなかった。なぜなら魔理沙はナイチチ派であったからであり、残虐非道な行いをした霊夢に「霊夢、最低だな。それに今さらメイド長の胸ネタとか、さすがにババァは化石のようなネタをおいなにどさくさに紛れて人のことディスってんだてめえ! ddd誰がチャットおで取り残されるってえそんんなわけてめーは遅ぇ上に誤字ってんだよぉ!! ……あっ



  ◆  ◆  ◆



 魔理沙が「霊夢、最低だな。それに今さらメイド長の胸ネタとか、さすがにババァは化石のようなネタをおいなにどさくさに紛れて人のことディスってんだてめえ! ddd誰がチャットおで取り残されるってえそんんなわけてめーは遅ぇ上に誤字ってんだよぉ!!」と言ったあたりで、現実への操作が限界に達した。三人ともが──主に紫とレミリアが──好き勝手やりすぎて、神社の空間の因果性がめちゃくちゃになってしまったのだ。
 霊夢たちは気絶してその場に倒れ伏している。もうしばらく待って世界が再び安定を取り戻さなければ、紫もレミリアも諏訪子も、神社における事実改変は不可能である。
 紫は、ほうと溜息をついた。二人に思念を飛ばす。

(こんなことやってても埒が明かないわ。──直接、決着をつけましょう。神社の上空で待ってるわ。咲マリもさなまりも……完膚なきまでに叩き潰してやる)

 返事は無かったが、同意の気配が伝わってくる。
 妄想のぶつけ合いは、ついにリアルファイトに発展してしまったのだ。

「紫様……」

 蓮夢病から回復したらしい、頼りになる式が、気遣わしげな表情を向けてくる。
 紫は笑顔を作った。

「藍……私は負けるとは思わない。けれど、もしも万が一があったら……その時はレイマリをお願いね。あとついでに幻想郷も」
「……わかりました。霊夢はちゃんと、蓮子が幸せにします」

 もう言葉はいらなかった。決戦の地へ向けて、隙間を開く。
 最後の一歩を踏み出す瞬間、ふと思いついた。紫は振り返る。

「私……この戦いから帰ってきたら、レイマリ本作るんだ」
「紫様……!!」

 淡い笑みとともに、紫は隙間の中に消えた。



  ◆  ◆  ◆



「コラーーーッ! 二人ともやめなさ~~~いっ!!」

 紅魔館。統制を取るメイド長が不在なのもあってか、職務を放り出して喧嘩をしていた妖精たちと──それを止めるレミリアの姿があった。

「いったいどうしたのよ?」
「こいつが先に殴ってきたのよ!」
「ちがわいッ、こいつが私のおやつを……!」
「何だとこいつーーーッ!!」
「やめなさいーーーっ!! 暴力を友達にふるうなんて……いけないわよ! そんなことじゃあ二人とも地獄に行けないわよ!!」
「えぇぇ~~~ッ」
「レミリアさまッ、ごめんなさいごめんなさい~~~ッ」
「いい? 暴力を振るって良い相手は──天子共と異教徒共(非咲マリ派)だけよ」




 レミリアは……無邪気にカップリング談義をするメイド妖精たちを見つめていた。大チル派もレティチル派もバカルテット派も……そこでは無邪気に自身の正義を語り、談笑している。これから殺し合いに赴こうとしている自分とは大違いだ。

「レミィ……本当に行くの?」
「パチュ……」

 親友の魔女が、いつのまにか隣に立っている。「そうまでして戦う必要があるの?」
 出会ってからもう百年近く。知識と知恵を持ったこの友人に、レミリアは何度となく無茶を戒められてきた。その言葉に従うことも、無かったわけではない。
 でも、今回だけはダメなのだ。レミリアは、ゆっくりと首を振った。

「パチェ……あなたはたしか幽アリ派だったわね。そんなあなたが、たとえば、幽メディを認められる? 幽アリ以外の存在を認められる?」
「わからない。レミィ、あなたがわからないわ。幽メディアリでいいじゃない。三人仲良くでいいじゃない」
「……残念だわ、パチェ」
「レミィ!」
「ごめんパチュ。……もう止まれないのよ」

 小さな翼をはためかせ、レミリアの体が宙に浮く。既にその目は博麗神社を向いていて、もうどうやっても止められそうにはなかった。
 だが──レミリアは振り返った。親友に、どこかばつの悪そうな、泣き出してしまいそうな苦笑を向けた。

「一つだけ……最後に謝っておこうかな。私……いつのまにか、あなたのことをどう呼んでたか忘れちゃってた。パチュリーだかパチェリーだかパチュだかパチェだかパチェアリだかパチュこあだか、もうわけがわからなかった。わからなかったから、そのときそのときで適当に呼んでた。あなたは気づいてなかったみたいだけど……ごめんね、今まで黙ってて」

 それだけ言って、レミリアは風になった。
 紅い光のように、神社へと一直線に飛んでゆく親友。最後まで世話のやけた友人に、彼女は、くすと笑って言葉を残した。

「ばか。知ってたわよ、そんなの」

 帰ってきたら、ちゃんと名前を教えなおしてやろう。
 レミリアにパチュとかパチェとか適当に言われているうちに自分でもこんがらがってきていたが──たぶん、パチェリーだったはずだ。

「ちゃんと帰ってきなさいよ」



  ◆  ◆  ◆



「神は言っている──さなまりを信仰せよと」
「……言ってるね、たしかに。……なあ諏訪子、どうしてこんなことになっちまったんだ?」

 神奈子は、決戦に赴こうとする諏訪子の方を掴んで放さなかった。
 これがおそらく、暴走してしまった諏訪子を止められる最後の機会なのだ。

「あんな──『地の文を創造する程度の能力』なんてこじつけて、事実の改変にまで手を出して……なんでさ。昔のままでよかったじゃない。ふとしたときに早苗と魔理沙の絡みを妄想して、時には作品にして投稿したり……」
「……よぉ」
「え?」
「文才が! 無いんだよぉ……!!」

 諏訪子は泣いていた。神奈子が、おそらく初めて見るくらいに慟哭していた。「私なんかじゃあまともなさなまりができない……さなまりは絶対数も少ないし、このままじゃあ埋もれて途絶えていってしまう……!!」

 だが。
 その泣き顔が、壊れて歪むのを神奈子は目の当たりにした。

「そこでね、考えたんだ。さなまり以外が全て滅べばいいんじゃないかって」
「待て諏訪子! それは危険思想だ! 好きじゃないからってわざわざ貶めて滅ぼして、それで何になるんだ……!!」
「何にでもなるさ。さなまり以外が滅べば、残ったものは必然的に全てさなまりになる。全ての作品がさなまりで埋め尽くされる……それが私の夢なんだ……」
「常識で考えろ、そんなことになるわけない!」
「ううん、なるよ。だって私は『自分を信じている』もん。自分を信じて『夢』を追い続けていれば──夢は必ず叶う!!」
「諏訪子……!!」

 ドス黒い笑顔に神奈子がひるんだその隙に、諏訪子は手を振りほどいて、飛び去ってしまった。
 どうしてこんなことになってしまったんだろう。好きではないものを滅ぼそうとしたところで、誰も幸せにならないだろうに……なぜ好きでないものを滅ぼそうとするそのパッションを、好きなものへの愛として注ぐことができないのだろうか。
 神奈子は無力感にうちひしがれた。



  ◆  ◆  ◆



 さあ、そろそろこの滑稽な悲劇──あるいは喜劇にオチをつけよう。



 三人が神社の遥か上空で死闘を繰り広げている中。
 神社を訪れる新たな影があった。

「魔理沙、いるー? ……って、何で地面で寝てるの。霊夢に、咲夜に、早苗まで。んーまったく、おーい魔理沙、起きなさいよ」
「ん、うんん……アリス」
「起きたわね。なんであんたら寝てるの?」
「いや、急に気が遠くなって……なんか変な夢を見ていた気がするな」
「まったく。ほら、さっさと起き上がりなさい」
「うーん、なんだか身体が重いな。アリス、膝枕してよ」
「はぁ? ……ったく、もう……」

 紫、レミリア、諏訪子は自身の妄想のためにすべてを投げ打ったが──妄想は所詮妄想。
 この世界の真実、『事実』として在ったのは、魔理沙×アリス。MARIARIである。
 妄想は現実には打ち勝てない。彼女達は幸せにもこの『事実』を知らず、ひたすらに戦っているが──これを知った時、果たしてどうするのか。『事実』に反逆して、妄想の中で生きていく? それとも、誰かと戦っているわけでもないのに、『事実』を改変して、世界を都合のいいものに変えてしまう……?

 その答えはわからない。しかし、一つ確実なことがある。それは──

(どうでもいいからこいつら早く帰らないかなあ。もし紫が来たときに二人きりじゃなくなっちゃうし……)
(はぁ、お嬢様のもとをこんなに長く空けてしまうなんて。寂しくて泣いてなければいいけど)
(諏訪子様、なんだか様子がおかしかったけど、大丈夫かな……?)

 ゆかれいむも、咲レミも、さなすわも。
 彼女たちはすぐ手の届くところにある、三次元での幸せの可能性に気づかず、二次元で哀しい争いを続けているということである。

 二次元に傾倒しすぎて、三次元のフラグを見過ごしていることは無いだろうか?
 二次元に全てを捧げすぎて、三次元で犠牲になっていることは無いだろうか?

 本当に大切なものは何なのか──よく考えなくてはなるまい。
 
 
 
 
 
 
 
それでもぼくにはれいむさんちゅっちゅしかないんだ
パレット
http://gurupata.web.fc2.com/
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.9220簡易評価
1.100奇声を発する程度の能力削除
>いきなり奇声をあげた
呼ばれた気がした…

何かもう色々とすげえwwww
4.100名前が無い程度の能力削除
ゆかれいむちゅっちゅ
5.100名前が無い程度の能力削除
突っ込みどころが多すぎてもはや無理
みんなちゅっちゅすればいいと思う

それはともかく
> 「蓮夢! 蓮夢書けよ! 蓮メリゆかれいむの三角関係誰か書けよ!」
おうはやくしろよおう
6.100名前が無い程度の能力削除
伸びるよ。
7.100桜田ぴよこ削除
それでもわたしはにじげんをもとめる
10.100名前が無い程度の能力削除
それでも可能性があるなら飛びつかざるを得ないんだ……。
14.100名前が無い程度の能力削除
自分の妄想を正義と信じ続けるとどす黒く燃える太陽になるんですね
15.90名前が無い程度の能力削除
どこに突っ込めば…
とにかく凄かった
16.100名前が無い程度の能力削除
いまのぼくにはりかいできない
17.80名前が無い程度の能力削除
おお、新鮮な感じで面白かったです。
なるほど、そういう手もあるのか
19.100名前が無い程度の能力削除
頭から引っ張られっ放しだった。お見事。
20.70名前が無い程度の能力削除
なんつー色だ
22.80這い寄る妖怪削除
だがちょっと待って欲しい。
これなら霊夢総受けが幻想郷の正しいあり方なのではないだろうか
24.80名前が無い程度の能力削除
>「『可能性』を生み出しただけでアウトなのよ」
ここで一番笑ったw
面白いアイディアなSSでした。
25.100名前が無い程度の能力削除
おもしろい……
26.100名前が無い程度の能力削除
久々に見たわ、発想の有効活用。
27.100名前が無い程度の能力削除
……蓮メリゆかれいむの三角関係ならありますよ。
28.100yunta削除
Web上の文章という特性を活かしたカラフルなアイディアが素晴らしい。
あなたの名前にぴったりの作品ですね。
34.100名無し削除
これは凄い・・・
35.90名前が無い程度の能力削除
発想はとても面白いし、紫、レミリア、諏訪子のかけあいは非常に楽しめた。
しかしちょっと読みにくかったです。
36.100名前が無い程度の能力削除
この発想はなかった
37.90名前が無い程度の能力削除
地の文ww
38.80結城 衛削除
発想の勝利ですねw
カップリング論争は何も生み出さないというあなたのメッセージ、しかと受け取りました。

マリアリ!
40.100名前が無い程度の能力削除
カプ論って本当に愚かしいですねえ。
44.90名前が無い程度の能力削除
>>「『可能性』を生み出しただけでアウトなのよ」
某偶像マス2の事かァー!

でも蓮霊ならちょっと読んでみたいかも。
45.100名前が無い程度の能力削除
> 「蓮夢! 蓮夢書けよ! 蓮メリゆかれいむの三角関係誰か書けよ!」

ゆかりんが真っ二つになるんですね、わかります。
46.100風峰削除
レイマリ咲マリさなまりマリアリ全部美味しくいただける俺はずっとニヤケていたよ!

>「無いなら自分で作れよ!!」
ここで爆笑したwwww
可能性があるならそれだけで妄想するに十分……!!
ヤバい、何か書こう
47.100名前が無い程度の能力削除
カップリング論争、か・・・。熱くなるのは分かるけど、それでもやっぱ互いを認め合うのが大切だと思ったり・・・・・・。

さとりん「・・・やれやれ、あのお三方はどうしようもありませんね。現実から目を逸らしたいが故に、妄想に走ろうなどとは・・・。・・・・・・さて、賢者様の真似事ではありませんが、私も某作品の台詞を拝借して、そんなお三方に一言言わせていただきましょうか。・・・・・・こほん」

「・・・妄想(りそう)を抱いて、溺死しろ(きりっ」
48.100名前が無い程度の能力削除
ちょっとゆかアリ書いてくる
49.100名前が無い程度の能力削除
すげー。最初読みづらいとか思ったけどちゃんと目を通したら面白いじゃねーか。小ネタも多くて笑えるしテーマもいいですね。
藍さまの趣向は不意打ちです。
51.100名前が無い程度の能力削除
これはヤバい。発想の勝利。
あれネタもこれネタもそれネタも入っててカオス。
でも面白かったです。
52.100名前が無い程度の能力削除
途中まで諏訪子の影が薄いなと思ってたら、「文才ない」で超納得w
53.100即奏削除
かの有名な宇佐見蓮子は言いました。
「夢と現実は違う。だから夢を現実に変えようと努力できる」と。
この作品はその言葉の負の側面を表したものなのではないかと僕は感じました。
夢を現実とする程の大きな力。その力の振り方を考えさせる、とても良い作品であったと思います。
とても面白いお話を、ありがとうございました。

え? 宇佐見蓮子は二次元のキャラクター?
ははっ、そんな馬鹿な。
 
55.80名前が無い程度の能力削除
>「藍……私は負けるとは思わない。けれど、もしも万が一があったら……その時はレイマリをお願いね。あとついでに幻想郷も」
>「……わかりました。霊夢はちゃんと、蓮子が幸せにします」
おいwww

ここはあえて、メリ→霊前提ゆかれいむでお願いします。
56.100名前が無い程度の能力削除
エンターテイメントとして最高の読み物じゃないか
57.100名前が無い程度の能力削除
メタなのにメタじゃないw
東方カップリング代理戦争ですね。
中盤の3人が引っ張り合う文章に構成能力の高さを見ました。
60.100名前が無い程度の能力削除
何きれいに締めようとしてんだよwww
61.100aho削除
>「そんなカップリングのSS見たこと無いわよ!?」
>「無いならお前が作れよ!!」

>なぜか逆ギレされた。

ここと

>たぶん、パチェリーだったはずだ。

ここで爆笑したw

いやもう、何と言ったらいいのか。素晴らしいとしか言いようがない。
ネタも発想も文章も何もかも最高でした。
規約違反でなかったら一人で百回百点突っ込んでるところです。

ともかく、楽しい時間をありがとうございました!
62.100名前が無い程度の能力削除
面白かったです。
64.100名前が無い程度の能力削除
発想がすごいw
65.100名前が無い程度の能力削除
諏訪子様の笑顔マジ藤田w
66.100名前が無い程度の能力削除
>二次元に傾倒しすぎて、三次元のフラグを見過ごして
もう少し三次元にも興味もってみようかなぁ…
67.100名前が無い程度の能力削除
文章力、発想力共に素晴らしいとしか言いようが無いです……。
読み終わった後、勝手に自分の中でこういう雰囲気でレイアリやマリアリや咲アリも妄想した自分はアリス総受け派w
ネタも豊富で大変楽しかったです!
69.100名前が無い程度の能力削除
かっき的なナイフ型マッサージ器w面白い言葉が生まれるもんですね。
まったくなんて醜い地の文争奪戦なんだ・・・リレー小説的な何かをおもいだすw
70.100名前が無い程度の能力削除
結局、アリマリがジャスティスで良いんだな?
73.100名前が無い程度の能力削除
笑いが止められない作品に出会ったのは久々だwww
凄い発想力。これは傑作だ。
75.80削除
これは伸びる
webであることを最大限に活用した感じですね。チャットのようなやりとりをする三方にくすりとさせていただきました。
れいむさんちゅっちゅ
77.100デン削除
発想がもう凄まじい。
中盤からの三人の地の分改変は最高に面白かったです。

そしてフェイスレスさん何しに来てんすか爆笑しちゃったじゃないですか
80.100名前が無い程度の能力削除
かっき的なナイフ型マッサージ器でふいたwww

確かに初めはパチュリーなんだかパチェリーなんだかこんがらがらがってたなあ

おもしろかったです
83.100名前が無い程度の能力削除
からくりとヘルシングネタで腹筋崩壊したwwwwwww
こいつらはもうね・・・・・・いいぞもっとやれ

>「蓮夢! 蓮夢書けよ! 蓮メリゆかれいむの三角関係誰か書けよ!」と喚く藍・・・・・・
なんか俺が2人いるんだけど?コイツ藍様じゃなくて俺じゃね?
87.100名前が無い程度の能力削除
つまり藍様は蓮夢派なのかw
88.100名前が無い程度の能力削除
作家と読者が演じている劇を、キャラに代行させてこんな喜劇性の高い作品を作るとは!w

三色混じる所が小学生の言い争いみたいで堪らず吹きだしました。
しかも、レミリアの幼さと紫の収拾力と諏訪子の老人(?)が書き分けられてるところもなんともいえない。
キャラが好きすぎると視野が狭くなることもありますが、これだけ面白い発想でそういうナルシズムへの批判がなされた作品は珍しいwww
89.100名前が無い程度の能力削除
この発想はあったけどなかった
素晴らしい
90.100名前が無い程度の能力削除
生き残るのは……この世の「真実」だけだ……
真実から出た『誠のジャスティス』は決して滅びはしない……
92.100名前が無い程度の能力削除
あんた天才やで……
95.90名前が無い程度の能力削除
この幻想郷みんなジャスティス持ってるのかw
97.100名前が無い程度の能力削除
sukida
98.100名前が無い程度の能力削除
>「『可能性』を生み出しただけでアウトなのよ」
まさか総統閣下の名言をこんなところで目にしようとはwww
99.100名前が無い程度の能力削除
ジャスティス!ジャスティス!
100.100名前が無い程度の能力削除
これは良い発想
101.80名前が無い程度の能力削除
なんか()の文が紫視点で考えられるから、この喧嘩全てが紫の妄想じゃね? とか思ったら悲しくなった。
そんなことなくてよかったです。

>「『可能性』を生み出しただけでアウトなのよ」

あんたはこれがやりたかっただけだろ、と言ってみるwww
102.100名前が無い程度の能力削除
発想に脱帽しました
104.100名前が無い程度の能力削除
上条さんの決め台詞吐いたー!?ゆかりんダメ過ぎるw
文字打つのが遅い諏訪子萌え

ひどいリレー小説、もしくはRP村を思い出したw
105.100名前が無い程度の能力削除
発想もすごいが随所にちらばめられてるネタも面白かったw
106.100名前が無い程度の能力削除
発想に脱帽。しかもすごく上手く料理しているように思いました。
107.100名前が無い程度の能力削除
女キャラの腐女子化&カプ妄想ネタは女性向け同人でありがちだけど
能力で地の文に介入とか斬新すぎるw
東方ほど可能性が幅広いジャンルもそうそうないと実感しましたw
110.100砂時計削除
カオスだなー
111.100名前が無い程度の能力削除
素晴らしい
113.100玖爾削除
なんか点入れなきゃだめな気がした。いえ、入れさせて下さい。
改変部分が気恥ずかしくてまともに読めなかったのはともかくとして。
気づいてあげて紫様、ゆかれいむが無くなっちゃうじゃないか。

>>蓮メリゆかれいむの三角関係
呼ばれた気が・・・したけど、そうだ『真っ二つ』があったんだったorz
114.100ねじ巻き式ウーパールーパ-削除
タイピングおそい諏訪子さまかわいい。
おもしろかったです。
115.100名前が無い程度の能力削除
レミリア強引過ぎだろwww
そして諏訪子様がんばって
116.100名前が無い程度の能力削除
やばい、面白すぎました。
途中はもうぶっ飛びすぎててカラフルだなー、くらいの感想しか抱けませんでした。

藍が突っ込み役にみえてそうじゃなかったのが不意打ちでした。
117.100名前が無い程度の能力削除
>二次元に傾倒しすぎて、三次元のフラグを見過ごしていることは無いだろうか

三次元にフラグとかwwwねーよwwwねーよ……

めちゃくちゃ上手いなあ。すごく面白かったです。
118.100名前が無い程度の能力削除
最初読んだときは???となりましたが、読み進めていくうちに状況が飲み込めてきました。
3人の醜い争いは楽しく読めましたが、落ち着いて考えると
笑えないですよね。この手の論争は東方界隈じゃしょっちゅうですから……
120.100名前が無い程度の能力削除
あんた天才だなwww
121.100拡散ポンプ削除
もう、なんというか……見事。
122.100名前が無い程度の能力削除
見事な発想に秀逸なオチ
ごちそうさまでした
123.90名前が無い程度の能力削除
面白かったです
125.100名前が無い程度の能力削除
程よい長さで、発想豊かな文章であり、エンターテイメント性に優れている作品でした
素晴らしい
127.100名前が無い程度の能力削除
名言と笑いと哲学がごっちゃにwww
128.100八重結界削除
これが幻想郷戦国時代の幕開けになるとは、この時誰も予想していなかったのです。
ぼくはさなすわがいいな、と思いました。
129.100名前が無い程度の能力削除
何だこれは
131.無評価名前が無い程度の能力削除
>二次元に傾倒しすぎて、三次元のフラグを見過ごしていることは無いだろうか?
>二次元に全てを捧げすぎて、三次元で犠牲になっていることは無いだろうか?
トラウマァ!
133.100名前が無い程度の能力削除
西瓜にかける塩みたいな扱いに泣いた
魔理沙ェ…
136.100名前が無い程度の能力削除
アイデアに脱帽!!
面白かったです。
藍のハジケっぷりがツボでしたww
137.100SAS削除
タイトルが秀逸
本文読んでからタイトル読むともうね、それだけで噴出しそうになる
138.100名前が無い程度の能力削除
登場人物全員おもしろいじゃないか。すげえ
140.100名前が無い程度の能力削除
100点じゃ足りないと思ったのは久しぶりでした
141.80名前が無い程度の能力削除
この頃、霊チル(と文チル)がなくてさびしい・・・

秘封バンザーイ!!
143.100名前が無い程度の能力削除
カップリングという概念を追いかけ続けるパレットさんらしい、パワーがBAKUHATSUしてた
清々しいね
二次創作華やかたる幻想郷にこれほど相応しいSSも珍しい
ある意味、最高に“東方でやる意味がある”作品だったと思う

ところで最後は必ず
パレット神が劇中に降臨して、レイ×全員の超展開になると期待してたんだが!
146.100名前が無い程度の能力削除
パチェは幽アリ派か・・・
いい酒が飲めそうだ
147.100名前が無い程度の能力削除
カラフルなところで腹筋が死んだw
149.100名前が無い程度の能力削除
創想話をパレットにしちまうとは
150.100名前が無い程度の能力削除
すげーおもしろかった。それなりに長いのに長さを感じなかった。
154.100削除
色んな意味のこれは勝てないw
「無いなら作れよ」と逆切れする藍とか口元が緩みます。
面白いを通り越して気持ちいいぐらい笑える作品でした。

誤字と思わしき文
>神奈子は、決戦に赴こうとする諏訪子の方を掴んで放さなかった。
「方」ではなく「肩」でしょうか?
155.100名前が無い程度の能力削除
大人気ない賢者達が可愛い。
レミ霊ばんざい
158.100miyamo削除
地の文じゃなくてチャットじゃねーかwwwww
しかも揃いも揃って秀逸すぎるwwwww
160.100名前が無い程度の能力削除
カップリング談義は取り敢えず置いておいて、心理描写がとても綺麗だなあと思いました。
161.100名前が無い程度の能力削除
せかいの ほうそくが みだれる!
162.100名前が無い程度の能力削除
次は受け攻め論争で幻想郷に戦争が起きるんですね…
164.100葉月ヴァンホーテン削除
パレットさん、天才じゃなかろうか。
これは素晴らしい世界の縮図ですね。
「素晴らしい世界」の縮図でもあるし、素晴らしい、世界の縮図でもあります。
なんかもう、ありがとうございました。
165.100名前が無い程度の能力削除
>「文才が! 無いんだよぉ……!!」
> 諏訪子は泣いていた

わかる…わかるぞ、諏訪子様!その魂の叫びは俺のものだ_;
167.無評価名前が無い程度の能力削除
……と、いうのは全てパレット氏の『妄想』なのである。真実の幻想郷では……。

このSSはマリレイでも、咲マリでも、さなまりでも、なくっ!
ば神様どもが殴り合っているだけじゃないですかー!
正直この発想はなかったですし、書き上げたあなたがおそろしい。
168.100名前が無い程度の能力削除
失礼。>171は点数入れ忘れです
169.100名前が無い程度の能力削除
全カプおいしくいただける俺によし!
170.100名前が無い程度の能力削除
これは発想の勝利だわ。素直に脱帽です。
172.90名前が無い程度の能力削除
ああ、この諏訪子様になら一生を捧げられる
素晴らしい発想力、そしてそれを保ち続ける持久力
感服です
173.100名無し削除
ただただ脱帽
174.100名前が無い程度の能力削除
ちょっと藍様に弟子入りしてくる
176.100名前が無い程度の能力削除
基本ゆかれいむ派だけど大抵のカプはいける雑食派だよちゅっちゅ
181.100名前が無い程度の能力削除
内容ももちろん面白いですが、作者様の思想がわかる面白いSSですね
「何が嫌いかではなく、何が好きかで語れよ」ってやつですよね
だが三次元、お前はだめだ
182.100名前が無い程度の能力削除
ナイフ型マッサージ器でもうwwww
184.100名前が無い程度の能力削除
流石のパレットさん…としか言えんわw
うーん、面白かった
185.90野田削除
笑わしてもらいましたw 地の文の引っ張り合いがよかったです。
188.100かたる削除
パレットさんの頭の中のぞきたいです
189.100金欠削除
たいした奴だ……。
まさかこんな発想にたどり着くとはな。流石は天才か……。

幻想郷は犠牲になったのだ……レイマリという犠牲の犠牲にな……。
193.100名前が無い程度の能力削除
ギャラリーがあもりにも野暮すぎるでしょう!
197.100名前が無い程度の能力削除
咲夜さん死んだと思ったら残像だったwww

この流れが最高ですwww
198.100アガペ削除
こいつら実は仲いいだろww
199.90名前が無い程度の能力削除
おめえはゆかれいむ派じゃなかったのか。お前も俺の心を裏切るのかちきしょう・・・
200.100名前が無い程度の能力削除
藍とパチュリーの扱いが酷すぎて笑いました。

次は是非、「蓮メリゆかれいむの三角関係」をお願いしますw
204.100v削除
俺、もう一度初心に帰ってみる……! 初心忘るるべからず。
でもゆかれいむ、咲レミ、さなすわな一フレーズに心掴まれた事実は消せないな……
東方は俺たちの幻想郷ッ!!
205.100幻想削除
すっげえええええええええええええええええええええええええええ!!!
パレットさん天才だああああああああああああ!!!!!!!!!!

そして今度は蓮霊ですね、わかります。
206.100i0-0i削除
ぱれっとさんはてんさいだとおもいました。
ぼくにはとてもできない。
209.100名前が無い程度の能力削除
10000点越えの作品は久しぶりだなとと読んでみれば・・・・・・

・・・・・・←これが感想になるとは自分でも思わなかった。

言葉がでない 発想・名前通りの表現方法・色々な小ネタ 等 突っこめることはありますが、いや本当 言葉(感想)が出ませんでした。100点じゃ足りない 入れられるなら10000点ぐらい入れたい。
217.100名前が無い程度の能力削除
素晴らしい発想ですな、笑かしてもらいました。
流行のネタも多くて鮮度抜群なとこもgoodでしたw

神は言っている・・・全て(のカプ)を救えと・・・。
218.100名前が無い程度の能力削除
ここで言うのは場違いかもしれんが、ほんに、偶像主人2の一件は残念な話だった。
TGSのイベントの件より、ファン達のその後の騒ぎっぷりが。
いや、自分も騒いでたんですけどね、インタビューとか見たら「これはこれでありかな」
と思えてきた。その間掲示板やニコ動では、「偶像主人を公式が壊した」と大騒ぎ…。
己の理想に忠実じゃなければ、それは駄作だというのかい?

この作品を読んで、改めて「無いなら作れ」「正義は己の中にあり」
の大原則を思い出しました。いつか俺もSS書くぞー!
219.100名前が無い程度の能力削除
各個人の妄想が色分けされていたのは分りやすかったですし、面白かったです。
紫やレミリア達の暴走が今後どうなってしまうのか心配ですw
228.100ケトゥアン削除
面白すぎたwww
発想力とそれを書き起こせる文章力に脱帽ですw

それでも僕はあやれいむを主張するのだ(何
229.100mthy削除
いやー、盛大に笑わせていただきましたww小ネタがww

一番初めにこういう発想をして、作品にできる人は本当に偉大だと思います。
「この人の作品はどこか他の人のものと違う気がする」という人が何人かいて、パレットさんもそうだと感じていたのですが、この作品でさらにその想いが強くなりました。
これからも応援させていただきます。
ほんとうにありがとうございました。
231.100保冷剤削除
氏の妄想力はバケモノか。
特筆すべき点は二つ、体裁を活かしたアイディアと妄想力に裏打ちされた各カップリングの展開描写。一個のシチュエーションから解釈を引き出すのは妄想の基本ですが、異なる方向に、しかも同時に複数のカップリングを成立させえるのは難しーっつーか面倒くせーっつーか自分にはできない。地の妄想力を鍛えた人じゃなきゃ出来ません。舌を巻きます。
素直にもっと読みたいなあと思える。楽しかったです。
233.100名前が無い程度の能力削除
パチュリーさまの意見がすてきだとおもいました。

マリアリが事実でも幽アリも可能なのです。
236.100とーなす削除
文句なしに面白い!
SSじゃなきゃできないような話もさることながら、話の流れや小ネタも面白い。脱帽です。
でも諏訪子さま見づらっ!

そしてオアチュリーさん落ち着いてください。
238.60名前が無い程度の能力削除
アイデア自体は面白かったのですが、メタネタに引っ張られて肝心の物語の面白さが損なわれていたような気がします
239.100名前が無い程度の能力削除
神は言っているー20000は越えると
241.100名前が無い程度の能力削除
上手い!負けました!
タグ弄りによるネット媒体でのSSの見せ方創意工夫、空ぶることなく見事な出来映えです。
高次の存在による改変、つまり東方二次創作を貪る「俺ら」批判を含むメタ構造の発想
その批判をただ突き刺すためではなく笑いへと昇華させた技術
減点する理由がありません、面白かったです。
244.90名前が無い程度の能力削除
蓮→紫→霊→蓮ですねわかります。
フェイスレスが止めだったわw
245.100名前が無い程度の能力削除
「文才が! 無いんだよぉ……!!」

なんという俺。
251.100名前が無い程度の能力削除
至る所に笑わせて貰いましたw
あと読んでたら現実の男でカプ談義する腐女子達を思い出したぜ・・・アレはガチで引く
256.100名前が無い程度の能力削除
すげえ発想力と構成力。
こういうことには諏訪子より神奈子の方がノリノリになるイメージがあるのですが、
タイピング遅くて文才のさい諏訪子が可愛かった。
それにしても紫と諏訪子とレミの三バカはなにをしているww
257.100名前が無い程度の能力削除
何回読み返しても笑ってしまう。お見事。
264.100名前が無い程度の能力削除
発送が本当にすごかったです!
三人の文が入り乱れるとこは盛大に笑わされました
おもしろかった!この一言に尽きます!
267.100名前が無い程度の能力削除
>「……よぉ」
>「え?」
>「文才が! 無いんだよぉ……!!」

うわああああああああ!!
274.90名前が無い程度の能力削除
三人の迷走っぷりときたら・・・・

力のある者は寛容にならなきゃいけないな。と思った。
275.100過剰削除
こいつら……アホだ……!!

行け!天子!
てんれいむの素晴らしさを奴らに教えてやれ!
277.100名前が無い程度の能力削除
ゆかれいむちゅっちゅ……
見事。見事な了解であるッ!
280.100名前が無い程度の能力削除
おもしれぇ・・・
282.100名前が無い程度の能力削除
まだカップリングが沢山あるだけいいじゃないか。
俺らには、そんなの無いんだぜ……


あれ、俺だけ?
283.100名前が無い程度の能力削除
かっき的なナイフ型マッサージ器でやられた。
地の文改変合戦が面白かったです。
三人の迷走っぷりがむしろ清々しい。
284.100名前が無い程度の能力削除
笑ったw
なんでその組み合わせで妄想しているのだろうと思ったら、そういうオチかww
289.100名前が無い程度の能力削除
にやりとした
291.100名前が無い程度の能力削除
スゲェwww
302.80名前が無い程度の能力削除
発想の勝利すぎるwww
310.100名前が無い程度の能力削除
それに今さらメイド長の胸ネタとか、さすがにババァは化石のようなネタをおいなにどさくさに紛れて人のことディスってんだてめえ! ddd誰がチャットおで取り残されるってえそんんなわけてめーは遅ぇ上に誤字ってんだよぉ!!

パチュリーだかパチェリーだかパチュだかパチェだかパチェアリだかパチュこあだか、もうわけがわからなかった。
が即死すぎるだろwww
発想の勝利だけに留まらない作品ですた・・・w
314.100名前が無い程度の能力削除
カプ論争をSSにしてしまうとはw
そのアイディアに脱帽ですわ。
316.100名前が無い程度の能力削除
すげえ発想w
322.10名前が無い程度の能力削除
流石百合厨、キモい物しか書けませんな
328.100名前が無い程度の能力削除
ゆかれいむに一票
329.100名前が無い程度の能力削除
この発想はなかった
331.100名前が無い程度の能力削除
いつか人は分かり合えるさ…
336.10名前が無い程度の能力削除
こんなの如きを必死にマンセーしてあのジャンルを叩いてりゃ世話無いわ
338.100名前が無い程度の能力削除
神降臨!
339.100名前が無い程度の能力削除
神降臨!
344.100zon削除
突っ込みどころしかないwなんだこれw
笑わせてもらいました!
345.100完熟オレンジ削除
諏訪子様の心の叫びが何という自分の心の声。
発想に脱帽しました。
348.100名前が無い程度の能力削除
発想がすごいなぁと思ってたら、ギャグになって、最後はなんだか高尚なことに。
だがしかし、マリアリはジャスティス、マリアリは国是、か…。