Coolier - 新生・東方創想話

暑い夏に告ぐ

2010/09/10 02:38:11
最終更新
サイズ
5.71KB
ページ数
1
閲覧数
273
評価数
2/9
POINT
400
Rate
8.50

分類タグ

今日も今日とて、幻想郷は蒸し暑い。
じめじめとしたその湿気、うだるような暑さ。
妖精もバテてしまうほどの猛暑である。
そしてここにも、アツい夏を送っている者たちが。
「うー、暑い。この暑さは異変モノよ…」
それは、一人の妖精の一言から始まった。
「…異変? そうだ! この暑さを何とかできれば、それはそれで私たちも異変を起こしたことになると思わない?」
「それは…、まぁ急に涼しくなったら、誰だって異変だとは思うだろうけど」
「でしょ!? ほらほら、そうと分かればさっさと作戦準備にかかる!」
「んー、でも…。それって、私たちはどちらかと言うと英雄みたいな扱いになるんじゃない?」
「え、英雄!? 幻想郷の夏の英雄! 悪くないんじゃない?」
「で、でも…。正直この暑さじゃあ、何もやる気が起きないと言うか…」
「あーもー! そんな事言ってるから、いつまでたっても異変を起こせないんじゃない! 善は急げよ!」
…とまぁ、このような会話が飛び交うは、博麗神社の裏手。
大きな大木に住んでいる、光の三妖精だ。
彼女たちもまた、この暑さに耐え切れないようで、異変を起こすノリで暑さを何とかしようとしているらしい。
「ほーらっ! ルナも早く準備して!」
元気に先導するのはサニーミルク。
続いてかなりやる気の無いルナチャイルド。
最後に、何を考えているのかさっぱりなスターサファイア。
「それじゃ! この暑さの原因を探して、ぼっこぼこにしてくるわよー!」
三人揃って光の三妖精、今日も忙しい一日の始まりです。



元気よく大木を飛び出したサニーだが、さっそく行き詰ったらしい。
不機嫌そうなサニーに追い討ちをかけるように、ルナの愚痴が飛んでくる。
「大体、作戦も何も考えずに飛び出してきたのが悪いのよ…。大体どうやって、暑さの原因を探ろうとしてたのよ」
「うっ…。それはホラ、“ろーらーさくせん”ってヤツよ」
二人が言い争っている中、日陰でお茶を飲んでいたスターから、ふっと一言。
「単純に考えれば、暑いのは太陽のせいじゃない?」
「!」
サニーはルナを押しのけると、スターのいる日陰へと寄って来る。
スターは余裕の表情を浮かべながら、天高く君臨する太陽を指差す。
「…なるほど。確かに暑いのは太陽のせいだ」
「太陽が近づいてきたのかなぁ」
サニーとスターがこんな話をしていると、突き飛ばされたルナが戻ってきた。
さらに不機嫌そうになってしまったルナは、考える二人に向かって一言。
「この夏が暑いのは、絶対に湿度が問題なのよ」
「……」
「……」
意見が割れてしまった。
確実に太陽の所為だと踏んでいた二人は黙り込んでしまい、後から意見したルナも、何故か黙ってしまった。
因みに注釈すると、太陽と地球の位置は絶妙なバランスを保っており、この距離が少しでも近づいたり離れたりするだけで、この地球上の生態系が変わってしまう可能性もあるらしい。
…とはいったものの、こんなことを考える三人であるはずも無いわけで。
「…太陽へは行けないから、湿度のほうで探してみようか」
というサニーのまとめで話は進むこととなった。



…が、当然湿度上昇の原因など分かるはずも無く、三人は途方に暮れながら、幻想郷中を回っていた。
「…ねぇ、もう諦めない?」
ルナが静かに切り出す。
「うーん、さすがに疲れたわよねぇ」
スターもそれとなく言ってみる。
しかし、
「いーや。せめてこの暑さの原因だけでも突き止めたい!」
この人はやっぱり諦めが悪いようで、まだまだ頑張るつもりである。
しかし、万策尽きているのも事実。
最早、異変を起こすなど頭に残っていなかった。
「もう…、専門家に聞かない?」
「……」
サニーも、それ以外の方法が思いつかなかった。



これ以上あても無く彷徨っていても仕方ないので、夏といえばのアノ人に聞くことにした三妖精。
一面に広がるは、太陽の花。
幻想郷に広がる向日葵畑の主、風見幽香である。
「…それで、私のところに来たってわけね」
「ハ、ハ、ハイ!」
流石に相手がかの大妖怪ともあれば、三妖精もビビらないはずが無い。
こういう時の進行役は、全てサニーだ。
「いやぁ、いくら夏といっても、ここまで暑いのはちょっと…」
「ふぅん、なるほど…」
全てを見透かしたような幽香の言動に、もはや言葉の出ないルナ。
「ま、いいわ。この夏の暑さの原因かしら」
「え、ええ…」

「簡単に言うわ。原因なんて無い」

「……」
あっけない回答に、流石の三妖精も唖然としてしまう。
だが、そんな彼女たちを尻目に、幽香は話を続ける。
「まぁ、確かに今年は例年よりも暑かったし、雨も少なかったわね。だけど、所詮はその程度なのよ」
「はぁ…」
「今年はいつもよりちょっと暑かっただけ、ただそれだけの話。夏が暑いことに、理由や原因なんて必要かしら?」
…そう、理由なんて無い。
太陽が熱いように、月が丸いように、夏が暑いことに理由など要らないのだ。
確かに今年の夏は暑かったが、それを三妖精がオーバーに受け取って、異変だなんだと騒いでいただけ。
自然の摂理には、何の問題も無い。
ただそれだけの話である。
「まぁ、日が照ってたお陰で、向日葵の成長も悪くないし、あとはもう少し雨が降ればよかったかしら」
「で、でも! 雨が降らないのだって、おかしいと思いませんか?」
納得のいかないサニーは、思わず反論する。
だが、幽香は特に気にする様子も無く。
「それだって、単なる気候の話よ。いつもよりちょっとお天気が良かったからって、あんまりはしゃがないの。結局は、自然の摂理に適っているんですもの」

「ま、それだけのお話って事」



結局、納得のいく回答を得られぬまま、三妖精は帰ってきた。
…まぁ、あのまま幽香の周りをうろちょろしているのも危ないので、早々に撤退してきたわけだが。
「あーあ。結局はただの勘違いってことだったの?」
サニーはがっかりしながら言う。
「まぁでも、良かったんじゃないかしら? この暑さが大した事が無いってことが分かれば」
「大したこと無いって言われても、暑いものは暑いのよー」
ルナにそう言われても、暑さが収まるはずも無いのは当たり前だ。
くでっとしているサニーとルナの元へ、スターが何かを持ってくる。
「ほらほら、暑い日はこれでも飲んで涼みましょ」
手に持っているのは、一升瓶。
それを見て飛びつかないはずが無いのが、サニーだ。
「さっすがスター! よーし、こうなったら飲んで暑さを吹き飛ばすわよ!」
「あんだけ表をふらついていたのに、ゲンキンねぇ…」
とは言ったものの、当のルナもまんざらではなさそう。
(ま、結局はこうなるんじゃないかと思ってたケド)
一日を振り返りながら、ルナは思う。
結局、無駄な一日なんて無いのだ。
その一日に何をしようとも、必ず一日一日に意味がある。
それが、三妖精の一日。
(明日は、一体何があるのかしらね…)
ルナはそう思いながら、自身も駆け足で、小さな小さな宴会場へ向かうのだった。

光の三妖精の、とある一日のお話。
三妖精のありがち(?)な一日を書いてみました
物語に疾走感は無いかもしれませんが、まったり読んでみてください
作品に対するご意見、ご感想お待ちしてます

太陽のくだりは、本当かどうか分かりませんが(マテ
天森 優希
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.270簡易評価
1.60名前が無い程度の能力削除
もう一ひねり欲しかったです
2.70名前が無い程度の能力削除
ほのぼのしてて素敵なお話でした。こういうSSもあっていい。