Coolier - 新生・東方創想話

東方勇騎恐皇~第三の影~

2010/08/22 20:49:33
最終更新
サイズ
5.21KB
ページ数
1
閲覧数
291
評価数
14/29
POINT
830
Rate
5.70

分類タグ


 「この話は何時ぞやの三剣士と庭師の戦いの後の話だ。
詳しくは「刀と剣」を読めばわかるかと……」
 ……(シタウチ)あ!ま、まあそんなんだ!!


 トリプルソードが現れてから数日…… 
白玉楼では幽々子が紫に妖夢から聞いた色々を話していた。
 「……と、言うわけなのよ。」
 内容が結構意味の深そうな話なのに、まるでいつも話すことと
同じようにゆる~く話す幽々子に対し、紫は神妙な顔でそれを聞いていた。
 「幽々子、それで、あの子は?」
 紫はいつもの幽々子と一緒にいる時の気楽な表情になり、
一つ気になった事をたずねた。
 「ああ、なんか未熟な何たるかで今修行中よ。」
 「藍、橙、幽々子、私達も修行よ。」
 「「はい」」
 「え、何で急に?」
 返事をして了解する式神二人、
そして唐突な友人の発言に対し、驚きの表情をうかべる霊嬢。
三人は奇妙に微笑む幻想郷の製造者である境界を操る妖怪についていった。
 紫は軽く微笑んで言った。
 「簡単な話よ。
まず、スペルカードを使用しない奴らにはお灸を据えてやらないと。
それに、博麗大結界をなめられちゃ困るし。」
 「でもあなたほどの存在なら……ふふ、なるほどね。」
 今度は紫が妙な笑みを浮かべた幽々子を不思議に思った。
 「な、何よ?」
 「ふふ、あなた、少し汗ばんでるわよ。」
 紫はそれを聞いて内心動揺したが、
そこは大妖怪の威厳として表に表さないようにする。
大人らしく微笑んで紫は言った。
 「何言ってるの?あなただって汗ばんでるわよ?」
 それを聞き幽々子も動揺したようである。
 「そ、そんなことないわよ!た、ただ熱いだけよ。」
 冷静さを保つ気だったのかもしれないが、
その返答は動揺しているのが分かりやすかった。
 「ふふ、あなたたちは正直に不吉なものを感じるんでしょ?」
 藍と橙に悪戯っぽい笑みをうかべ質問する紫。
藍と橙「ばれたか」といわんばかりの表情を浮べていった。
 「さすが紫様。」
 「でもそれは紫様と幽々子様もですよね?」
 藍は悪戯っぽいニヤケ顔で紫達に聞いた。
 「…え、ええ、まあ……ね、幽々子?」
 「ええ、当然よ。
そんなスペカルールを守らない得体の知れない集団、
怖いにきまってるわよ!ねぇ?」
 軽く赤面して二人は答えた。
やはり、下でさえ素直に答えた以上、
上としてはねばり強がるのはよそうと思ったようだ。
 
 「…はあ、はあ……はあ!」
 藁を切り裂く音が聞こえてくる。
妖夢は修行として藁で束ねた柱にむけて
弾幕の放ち方を研究したり接近戦の訓練をしたりしていた。
 「はあ、はあ、見逃して、しまった……」
 その顔はいまにも目から涙が溢れ出さんばかりの表情だった。
 「妖夢。」
 紫さん一行参上。
 「あ、紫様、幽々子様、藍さん、橙、どうしたんですか?」
 出そうな涙を抑えんとして妖夢は紫達に聞いた。
 「ふふ……ちょっと私達も修行を、と思ってね。」
 軽い笑みを浮べた表情を瞬時に真顔に切り替える紫。
 「はあ、まあ、共に頑張りましょう。」
 そういって全員修行を開始した。
 
 弾幕の軌道の研究、接近戦における対処方などなどなど、
とりあえず少女達……
ちくしょー大人の魅力を感じるのいすぎて「少女」とかいえっか!!
まあいい。
 
 それを見ている者が一人いた。
 「ククククク……頑張っているようだな、
八雲紫、八雲藍、八雲橙、西行寺幽々子、魂魄妖夢。」
 一人の男が上からスタリと降りてきた。
 「な、何者よ!?」
 その男はボロマントで全身を覆い、顔と少しだけ足しか見えなかった。
 「!!!!」
 一同が彼をみて驚いた理由はもう一つあった。
殺気だ。
その男は真っ黒な髪だが、右サイドが金、左サイドが銀に染まっており、
左の瞳が漆黒で右の瞳は真紅に光り、目元には両目に一筋ずつ紫色のラインが走っていた。
手裏剣のような青い石の髪飾りを前髪につけていた。
その風貌からは異常なまでの殺気を放っていた。
 「俺の名を名乗る気はないがその脳に叩き込めるなら覚えておけ。
俺は勇騎恐皇Fだ。」
 あるんじゃねーかよ
 「うるさい。」
 「あ、あなた、三剣士とやらの仲間かしら?」
 紫達は警戒体制を取った。
全員の顔がいっきに引き締まった。
 「やめとけ、貴様らごとき最強の俺には勝てん。
ただ死ぬだけだ。」
 なんかどこぞの氷妖せ…
 「黙れ!!あんなのと一緒にするな!!!
俺は生まれた時から強さを求め、最強の存在として生まれた事を自覚した。
俺は生まれてすぐ手当たり次第妖怪を殺し、
それを腹いっぱい吸収することで、真の意味で一段また一段と進化していった。
まさに最強の妖怪だ。」
 それには軽く吹く者もいた。
誰とは言わんが。
 「そ、それで…三剣士達との関係は?」
 「同じ世界で生まれた……それだけだ。
俺は色々な事を知っている。
百星と暗妖共がここを狙っている。
そして俺は両者、そして幻想郷の行く末を見てみたいだけだ。
ま、そんなのは俺には関係ないがな!!」
 Fはずっと無表情で語っていたが「ないがな」で高らかに笑いだした。
そしてFは突如有り得んような事をいった。
「時空移動を可能にしたのは俺だ」と。
 「な!何ですって!!?ど、どういうこと?お願い!教えて!」
紫はいつもの冷静さをブッ飛ばし自慢の博麗大結界を破った張本人であろう男に詰め寄った。
 だがしかしそれに対しフッと静かに笑みをうかべFは言った。
「いつか幻想郷が無事で百星どもや暗妖を倒し、最強の俺をやぶれば、
教えてやろう!!さらばだ!!フハハッハハハハハ!!!」
 高らかに笑いFは上空へと消えた。
 「(ふふ、紫もやる気になるわね… )」
幽々子は静かに微笑みそう思っていた。
 「(また、目の前の敵を…逃して…)」
妖夢は目を潤ませ、またしても敵を逃がしたことを後悔した。
 「(紫様の…力を…超える …???)」
藍はそれを知って驚きを隠せなかった。
 「(何?この空気…)」
橙は不安でいっぱいだった。
 そして紫は……
「(これは絶対聞き出さないと!!!)」
そして紫は凛とした空気を放ち言った。
 「こうしてはいられないわ!!みんな!修行よ!!」
 「はい!!」
 続けて皆が返事をした。
Fは別の場所で彼女らをみ、そして静かに笑った。
 「……ふ、面白い…強くなれよ…お前ら…」
そういってFは飛び去った。 




 
 
~東方進化文~(しんかぶん)だよ(しんかあや)じゃないよ
はい、いかがでしたでしょうか?
正直今回は面白さよりみなからいただいたアドバイスを少しずつ実践してみようって話です。
てな訳で今回は彼女らの表情や心情をできるだけ具体的に書いてみたわけです。
すいません、パロはだしちゃいましたorz
私はまだまだ未熟者ですが(未熟者めが)
てか宿題(文学的な)いっぱいあるけどちょっとずつがんばりたいです。

 「なんのようだ?ここによびだして。」
 ああ、きたか。わたすものがある。
これだ
 闇裁[ダークネスオーバーロード]
 暗符[ダークロードダークネス]
 獄符[ヘルズローリング]
 黒剣[ダークロードブレード]
 壊符[アースブレーカー]
 爆発[エアバースト]
 銀守[S(シルバー)シールド]
 金撃[G(ゴールド)ブラスター]
   [カオスナイトメア]
 「俺の…技?」
 ああ、世界観は大切にしないとな。
 「そういや最近運動不足だったような……」
 や、やべえ、このパターンは…
 「俺の怒りに触れるは如何なる愚者か。
  俺の眠りを妨げし愚者は何者か。
  我が裁きをとくと受けるが良い
  闇裁![ダークネスオーバーロード]!!!」
 ッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
 「つーかさー、お前相変わらず小学生Lvだな」
 はい……すいません。
 「たく、もうちょっとがんばれよ。」
 表情、心情書いただけですからね。
 「まだっまだやることはあるが、それ以前に、やっぱもっと読め!!」
 うん……ところで、妖夢って常人で表すと何歳くらいだろう?
 「(女の歳の話ってコイツ…!!)死んでしまえ!!Fブラストオオオオ!!」
 ぐ、!ぐ!ぐぅあああああああああああああああああああああ!!!!!!!

 はい、とりあえず今回は心情表情を具体的に書いた(気になってる)わけですが、
ストーリー面はともかくそっち多めでお願いします。

~おまけ~「だからいらん!!」
 「で、なんであなた、両側で染め色が違うの?それオッドアイ?」
 紫はFについて気になった事に興味津々だった。
 「攻撃のゴールドと守りのシルバー……
金サイドの目は戦いと己の最強伝説を欲して光っているだけだ。
倒してきた妖怪共を吸収しまくったらこうなった。
その時空間破壊がちょうどできるようになった……」
 あ、それ言っちゃうんだ。
 「そうそう!!それが一番……!!」
 紫はちゃぶ台から身を乗り出すが、
 「ヘッ!やなこった!深い答えは自分でつかめ!」
 そういってFは飛び去った。

 お粗末!!
とくめーきぼー
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.190簡易評価
3.30へたれ向日葵削除
お~、続編来ましたね。
前作で沢山のアドバイスを頂いていることもあり、成長が感じられました!
段々上達すると考えると、私も抜かれないように精進せねばと思う限りです。

さてと、ひとつ気になる点をあげるとしたら、あとがきでの物語、でしょうか。
確かにあとがきでの物語は様々な作品でも見られますが、東方の世界では欠かせない存在のスペルカード。
そのスペルカードの導入をあとがきでやるのはもったいない気もします。

まぁ、これは私の意見なだけなので……。
また成長した姿を期待しています
5.無評価とくめーきぼー削除
 お褒めの言葉、ありがとうございます。
基本これのあとがきは僕とFと他の登場キャラの会談思考だし、
別次元の存在に僕が与える筋書きを予定してたので、今回だけこうなったといえましょう。
スペカはこれからかくなら既に持ってる状態でいきますかね。
まだまだこれからです。
他者の物や売ってる物や家にある物を読みまくって、
少しずつでもアドバイスを実践していきたいと思います。
6.無評価名前が無い程度の能力削除
中学生の頃に若返った気分になれるSSだ。
とにかく文章量をもっと増やして描写にも仕事させてあげるといいんじゃね。
8.無評価緩衝材削除
前のSSより随分読みやすくなってる!
具体的には、いつかの英語のSSより読みやすい
9.無評価とくめーきぼー削除
ま、別次元の存在の技も大半元ネタはキャラと一緒ですがね。
10.20名前が無い程度の能力削除
ふむ……
殆どSS書いてない私が言うのもアレですが少々指摘を。
地の文への台詞を用いたツッコミはしない方がよろしいかと。
恐らくシリアス物を書こうとされているのでしょうから、ギャグ的になりがちなこれは避けた方がいいです。
またその地の文そのものももう少し練り込みが必要だと思われます。
前回の回想でも言われていたようですが、ライトノベルあたりでもよろしいので本を読むことをお勧めします。
読んだ文章の量は確実に自分の書く文章にも反映されてくるはずです。
それ以外にもキャラクターの生かし方なども学べると思うので、まずは読書を推奨させていただきます。
素晴らしいSS作家になることを期待しています。
11.無評価へたれ向日葵削除
本気で上手くなりたいならこういう場所がありますよ

http://jbbs.m.livedoor.jp/b/i.cgi/computer/41116/1269138395/1-

活用してみてくださいな
12.無評価とくめーきぼー削除
 色々ありがとうございます。
じつはシリアス思考じゃないです。 
坊っちゃんとか色々てにした本は退屈しのぎがてらによんでました。
儚月抄は友からかりてよんだりしたけど。
修行不足も甚だしい男ですがどうぞよろしくおねがいします。
13.無評価名前が無い程度の能力削除
前の作品でもコメントされていましたように地の文でツッコミをしているのが気になりました。
シリアスなのかギャグなのか正直分からないのですが、シリアスに徹するつもりでしたらツッコミは必要ないかと。シリアスな場面もぶち壊しです。

あと前書きを読み限りこれはシリーズ物のようですが、それならタイトルは変えない方がいいかと思います。

http://www.raitonoveru.jp/index.htm ←このサイトにストーリーの作り方なども載っているので良かったら参考にしてください
14.無評価とくめーきぼー削除
おおまかな題名はアドバイスを基に少しずつ文を上達していく己を意味して「東方進化文」です。どうぞよろしく。
やっぱりメタとかやるならあとがきだけですませますか。
15.無評価名伏せ削除
流石にそれを題に持ってくるのはおかしいのでは…?
16.80名前が無い程度の能力削除
えっ……進化するスピード早くね?

文章力的な意味で
17.20名無しさん@十一周年削除
作品を読ませていただきました。
失礼を承知で申し上げます。釣りではなかったと再確認しました。
先の作品より明らかに良くなっています。偉そうで申し訳ないですが、この作品には点数をつけるに値しました。これは大きな進歩です。大切にしてください。

貴方が本気であるということを確認いたしました、以下に余計なことを書きます。必要に応じて参考にしていただければ幸いです。書き方が上から目線気味になってしまっていることはご容赦ください。

文法を再確認しましょう。
段落の前はひとつスペースを入れ、文章の最後には句読点をつけましょう。
会話文も間違えてはいけません。たとえば、「詳しくは「刀と剣」を読めばわかるかと……。」ではなく「詳しくは「刀と剣」を読めばわかるかと……」です最後の『。』はいりません。

…は二つセットで。……として運用します。あまりたくさん使うとスカスカな印象をもたれるので注意です。多様については!や?も注意しなければなりません。ご利用は計画的に。

地の文は大切です。誰かが喋っていると仮定していたとしても、特に重要な理由がない限りは途中で止めることをしてはいけません。e.g.,(あるんじゃねーk)、(あるじゃないか、や、あるじゃねーか、で)そうまでしなければならない理由がなければやめておいたほうがいいかとおもいます。運用が非常に難しく、滑った時に読者が嫌になる可能性が高いので。

ストーリーについてです。貴方がこの作品を通して何を書きたいのかを再確認してください。他の方も言っていますが、シリアスなのか、ギャグなのか、何をしたいのかが不明です。この手のクロスは書いたことがないのでわかりませんが、何らかのテーマはあるでしょう、きっと。

作品の内容やタイトルをころころ変えない。
『推敲』という作業があります。作品が出来上がってから二、三日、長い場合は一週間から一ヶ月以上おいて冷まし、誤字の訂正や文章の形を整えたりして作品を見つめなおす作業です。誤字は仕方がないと思いますが、投稿後、それ以外の理由で頻繁に変更するものであれば、これが不十分だといわざるを得ません。別に誰からも締め切りを迫られているわけではないのですから、納得のいくまで推敲するようにしてはどうでしょうか。

内容について(多少厳しいことですが、本気そうなので伝えておきます)
ここは東方のSSを投稿する場所ですが、目に見えない暗黙の規則が張り巡らされています。もちろん公式ではないので絶対とはいえませんが、特にクロスものは難しく、書き手の実力が足りなければ(クロスというだけで)批判の対象になることが多々あります。今までの風当たりの強さで多少は解っているかと思います。書くなとはいいません。覚悟の上で頑張ってください。

また、容量が少しばかり短すぎる感があります。6kbで一つの作品として完結しているものはいいと思いますが、連載ものかつ小容量のものを、二日から三日のスパンでばんばん投稿されると他の作家さんの迷惑にもなります。気をつけましょう。

今までに、短くてもいいのでお話を書ききったことはありますか? この物語は長いお話の一部分です。きちんと完結させる力がなければ、読んでくれる人に失礼になります。連載をするということはそういうことです。書き続けるのであれば、全うしてください。

掘り下げればもっと出てくると思いますが、この辺りで。
物事は取捨選択です。ここに書かれた指摘も全て受け入れる必要はありません。
貴方が大切だと思ったことを取り入れて、作品を良くしていってください。
最後に、奢ってはいけませんが心配する必要はありません。貴方の作品は前よりも格段によくなっています。

いつか貴方の作品に100点を入れられるようになることを楽しみにしています。

(うわ、私超偉そうだなおい)
19.無評価とくめーきぼー削除
名無しさん@十一周年さんはじめ現在まで投稿してくださったみなさん、まことにどうもありがとうございます。
もっと色々頑張りたいかぎりです!!
20.無評価とくめーきぼー削除
クロスものとは、キャラ的とジャンル的(ギャグ、シリアスなど)の両方でしょうか?
21.無評価名伏せ削除
一話と共に改めて読み直しました。
上でも言われていますが、文章がアップするスピードが随分早いんだなぁと感じます。
内容も幻想郷妖怪VSよそ者妖怪というなかなか無い話でとても期待させてもらっています。

あとFが本筋に大きく絡んでいく予定なら、やっぱり東方勇騎恐皇のままの方が良かったんじゃ…と少し思いました。
22.無評価とくめーきぼー削除
う~~~~ん、微妙ですね~~。
なんか軽く勇騎(ryはださくかんじてしまって。
23.無評価名伏せ削除
そうですか…でもやっぱり題名は本編に関わるものにした方がいいかと。
まして、今の題名だと某天狗が成長していく話と勘違いして開く人もいるのでは?
あくまで案の一つですが、進化文はあとがきのコーナー名にしてはどうでしょうか?
とくめー様自身が必死に作品を良くしようとしているのは伝わるので、その単語を使うこと事態はやめないと言った形で。

とりあえず今のままだと全世界の射命丸ファンが勘違いしかねないので変えた方がいいかと
24.無評価とくめーきぼー削除
たしかにそうですね!!どうもありがとうございます。
皆さん、この題名ころころ男にぜひお付き合いあれ!!よろしくおねがいします。
25.無評価名伏せ削除
こちらこそ口を出しまくって申し訳ないです…
応援してるのでどうぞ頑張ってください。
26.100名前が無い程度の能力削除
期待してた通り貴方は凄いです
次もお願いします
27.50玖爾削除
全体を見て判断するというのはどうにも苦手なので、気になった箇所を。参考程度にどうぞ。

・返事をして了解する式神ふたり・・・
幽々子の行動(動詞)がなんであるかがはっきりしない。
・「ふふ、あなたたちは正直に不吉なものを感じるでしょ?」
「あなたたちも正直なところ、不吉なものを感じているのではなくて?」なのか「正直に怖いと言え」という意味なのか、はっきりとしない。
・その表情はいまにも目から涙が・・・
「表情」は一回だけにした方が吉でしょうか。どちらかを「顔には」とか「顔に浮かべていた」等にするとすっきりすると思います。
・一同が彼を見て驚いた理由・・・
結局何に驚いたのか、よくわからない。
・警戒体制を構えた。
警戒体制をとった←→警戒体制を解いた
・習っている
狙っている?
・密かに笑った。
静かに、の方が良いのではないかと思います。

ついでに個人的な好みもありますが、表情を逐一描写していくよりも心情に重点をおいて欲しいかなと。やりすぎると「神の視点」になったりしてしまうので、また注意が必要になるのですが。

進化(?)のスピードには本当に驚かされました。自分も下ばかり見ずに成長せねば。
28.無評価名前が無い程度の能力削除
>勇騎恐皇
あ、デュエルマスターズで特別カードとしてのフォルテですね! 懐かしいです。
29.無評価名前が無い程度の能力削除
文章とか文末が纏まってませんね。
文脈もちょっと・・・。
いくら上手になったとはいえ。
貴方が本気なのはわかりましたからことらも読む側、評価する側として厳しく付けたいと思います。
30.50過剰削除
す、すごい……確実に進歩している!
自分も釣りかただの⑨かのどちらかだと思っていたのですが、これには前作のコメントを反映しようとする作者のやる気が感じられる。これは実に応援したくなりますね。
この物語がいつか本当に面白い作品になる事を願って次回作も待っています。がんばってください!!
32.40名前が無い程度の能力削除
すげぇ、進歩してやがるぜ……!!
33.60可南削除
面白い内容だと思いました。ありがとうございました。
34.無評価名前が無い程度の能力削除
やっぱり人が進化していく過程を見るのは楽しいよね(ドゥグシ

あ、一回80点付けた者ですお
36.10跡 根元か?削除
友人に教えてもらい、よみましたー。
前回より良くなってますね。
他の方が挙げてない点をいいますよ。(なぜか偉そう

場面の移り変わりの際の空行(スペース)がすこし短めだと思います。
まちまちですが、もう少し多めにしてみてもいいかもしれません。二行三行の違いは場合によってはわかりずらいです。

あと、キャラのセリフに対して自らがツッコミをいれるのはやはり作者のこだわりですかね? やるなら雰囲気を損なわないようタイミングに注意です。

進歩が顕著にあらはれている(?)ので 期待できます。
前回同様、コメ見て良くして行って下さい!

作者さんて、バイオリンやってます?私チェロやってるんですよ~(関係ねぇ…
それより息詰まった時にでも、一話完結ものを書いて見ませんか?読んで見たい、是非お願いしたいです。

これは質問ですが、原作はどのようなのをやっていますか?
若干キャラのイメージがわからなくなったんで(紫や幽々子の修行)、 参考までに訊かせて下さい。

では次作、期待してますよ。(やっぱり偉そう…
38.無評価とくめーきぼー削除
いやー皆さん、非常に素晴らしいコメントありがとうがざいます。
まさかそこまで認められるほどまでだったとは。
ご指摘いただいた場所は色々直していきます。
おはずかしい限りですがね、私、原作はじめ色々色やったことなくてキャラは他の小説たよって
たててます。
理由?
1・家族の目
2・母いわく「キーボード壊れるからやめてくれ。」
の2点ですね。

P・S
そろそろ質問への返答が遅れる事がふえます。
なに、遅れるだけでカッキリ途絶える事は無いけど。
そうです。
{中三生の簡単には逃れられぬ宿命}
が近づいてきてるのです。
そろそろ8月も終わり、そうなればヤマ場みたいなモンなので、
返答はスキを突いてするくらいになりますかね。
39.20名前が無い程度の能力削除
原作の経験が無いのであれば
イザヨイネット
東方キャラ なんでも強さ議論スレ まとめWiki
東方元ネタWiki
などを駆使して情報を集めるのが吉でしょう。
これらに目を向けていけば、
時空移動は可能性空間移動以上の脅威たり得るのか、
死体の場所が見つからない限り怪我すらせず、
かつ不死という特殊な要素がない限り相手を簡単に死に追いやれる幽々子が
何故Fを恐れるのか、などなど疑問が湧き出てくるはずです。
是非活用してみてください。
40.無評価名前が無い程度の能力削除
これぶっちゃけロックマンのキャラを活躍させたいだけだよね?
東方そのものに対する情報も碌に知らない上に、パロの元ネタを聞かれれば嬉々として語りだしたりするのがいい証拠
42.50名前が無い程度の能力削除
友人三銃士を連れてきたよ

……というのはともかく、文章力の向上、見習わせていただきたいと思います
自分は横に長々と書く癖があるのですが、読み易いように区切ってくれたのは凄く有難かったです
43.無評価とくめーきぼー削除
なんか色々とフォローありがとうございます。
44さんに指摘されたりしたのをきっかけにこれ系は黒歴史にして
れっきとした幻想郷物語をゲームができない環境下においてももっと深く知って、
皆さんのアドバイスを活かした文を書こうとも思う今日この頃。
44.無評価名前が無い程度の能力削除
てか作品に関係ないコメント止めろよ友人…
45.50名前が無い程度の能力削除
おい友人どもここは掲示板じゃないんだぞ自重汁

それはそうと作品は前回に比べて大分読みやすくなりました。
次は東方キャラの一次設定に気をつかって書いてみてはいかがでしょうか。
46.無評価とくめーきぼー削除
それはそうと、心残りなのは軽く喧嘩してしまったダイさんや前回僕に失望されてた64さんなどのことです。
彼らも読むだけでもしてほしいです。
本当にごめんなさい
47.無評価とくめーきぼー削除
なんかおかしかったので改変。
僕に失望した、でした。すいません。
48.無評価名前が無い程度の能力削除
今だったら作品を削除しても文句を言う人はいないだろうな
49.無評価名前が無い程度の能力削除
どうしても心残りなことがあるので……

コメントの場は本来はこの様に使うのではなく、読者の方が作品の感想や、作者の方に伝えたいことを伝えるためにあります
なので、作者さんがコメント返しをここまで頻繁にするのは余りよろしくないと思います。
あとがきに追記する形でコメント返しをする作者もいますし、あくまで読者のコメント欄ですので……
以前からどうしても気になっていたので失礼承知でコメントしました

後、身内の方々にも
ここは掲示板ではないので、そういうことはなるべくご本人に直接伝えてください
53.無評価とくめーきぼー削除
すいません、43番、44さんじゃなくて40番さんです。
56.無評価名前が無い程度の能力削除
>彼らも読むだけでもしてほしいです。

ここで慣れ合ってる暇があったら読まれるだけの作品をかけばいいんじゃないですか。
57.60山の賢者削除
だいぶ改善されているようなのでこの点で。
次は地の文を頑張ってください!
だいたいのことは上ですでに言われているようなので、自分はとりあへずは、改行しすぎなくてもいい、ということだけ言っておきます。