Coolier - 新生・東方創想話

たいせつなもの#1

2010/07/26 09:34:25
最終更新
サイズ
5.15KB
ページ数
1
閲覧数
388
評価数
3/10
POINT
290
Rate
5.73

分類タグ

此処は幻想郷。
鬼、妖怪、吸血鬼、人間…。
様々な種族の、様々な者が共存して住んでいる、まるで楽園のような郷。

そんな幻想郷の地底の深く、とても深い場所。
其処に、地霊殿と呼ばれる場所があった。

地上で蔑みを受け、そして地中深くへ閉じ込められた者達が住む場所。
地上の妖怪は其処に入る事を許されず、其処へ入れる者は人間だけであった。

そんな地霊殿に、1人の少年が住んでいた。

感情を殺し、誰にも会おうとせず、基本言葉を発さない。
過去に、とても深い傷のある少年であった。

服装はとても簡易に、黒い半そでのシャツ一枚と、緩くなったジーパン。


幻想郷とは違う、人間界に住み。
ただの人間であったはずの彼は、ある日突然能力に目覚めた。

『願えば叶う程度の能力』

何かを考え、何かを思い。
そしてそれを実行したいと思えば、即座にその願いが叶えられる能力。
ただし、その代価として、少年の一番大切な物が、1つ失われる。
代価で失われた物は、二度と取り戻す事ができない。

少年は一度、旅行からの帰り道で飛行機の事故に遭った。
墜落していく飛行機に乗っていた少年は、その瞬間願った。

『生き延びたい』

その瞬間、辺りを眩い光が包んだ。
そして飛行機はコントロールを取り戻し、無事に航行を続けたのだ。

少年が家に帰ると、家には誰もいなかった。
何時間、何日たっても、少年の家族は帰ってこなかった。

『少年の一番大切な物が、1つ失われる。』

少年は一番大切だった家族を失ったのだ。
そしてそれからも、気付かないうちに願ってしまった物がどんどん叶っていく。
少年の大切な物がどんどん消えていった。

少年は遂に塞ぎ込み、殆ど家から出ず、誰ともコミュニケーションをとろうと思わなかった。

そんな生活が2年続いたある日、空から声が聞こえた。

『幻想郷へいらっしゃい。』

何か、希望のようなものを抱いた少年は、その声の通り幻想郷へと入った。
幻想入り。

だが、幻想郷に来てからも少年は殆ど話すことはなかった。
そして、自らの意志で深い地底へと入っていった。

そして、今に至る。


「…。」

何も話さず、少年は俯いていた。
ずっと隅に座り、食事の時間の際のみ、皆が集まっている場所へ向かう。
それぐらいしか、基本誰とも会わない。

そんな少年を、いつも気にしている少女がいた。

「…ねぇねぇ、いつも此処にいるよね?」

食事も終わり、少年はまた元いた場所に戻っていた。
そしてそんな少年に、『少女』は意を決して話しかけた。

「…。」

「ねぇー。」

「…。」

「無視しないでよー!!」

少女のそんな言葉に、少年は渋々少女の方を向いた。
大きな烏のような羽。赤い結晶のような物がついた服。
手には制御棒が取り付けられていて、なんだかとても強そうに見えた。
そんな少年を見て、少女はぱぁっと表情を明るくした。

「あっ、やっと振り向いてくれた!」

「…何?」

久しぶりに言葉を発した。
とても簡単な言葉だったけれど。

「だから、いつも其処にいるよねって。」

「…別にいいだろ。」

素っ気無い返事を繰り返し、少年は早く話を終わらせるつもりだった。
誰ともコミュニケーションをとりたくないから。
大切な物にしたくないから。

「むぅ…。」

頬を膨らませ、少女は少年を見ていた。
何処か悔しそうな、そんな表情で。

「…もういいだろ。早くどっか行けよ。」

「…君がそういうなら、もういなくなった方がよさそうだね…。」

少し悲しそうな顔をしながら、少女は後ろを向いた。
歩き出そうとしたその時、少女は声を上げた。

「…ね、名前教えてよっ!私の名前は霊烏路空!君は?」

少年は溜息を吐いた。
もう早く何処かへ行ってほしい。
だが少女は多分名前を聞くまで帰らないであろう。
仕方なく、少年は名前を告げることにした。

「斉藤晃。もういいか?さっさと消えてくれよ。」

「アキラ…かぁ。うんわかった、またね!」

空はにこりと笑いながら、晃の傍から離れていった。
そして空が遠くへ離れた後、晃は大きな溜息を吐いた。

「…はぁ。」

その溜息には、何か色々な感情が詰め込まれている感じがした。



その翌日。

食事が終わった後、空はまた晃のところへ出向いた。
晃は昨日と同じところにいた。

「あっきらくーん!!」

「…またか。」

晃は遠くを見つめて、溜息を吐いた。
もう来ないで欲しい。あまり話をしたくない。
また現れた少女に、晃は正直うんざりしていた。

「またそんなとこにいる…。たまには外に出ようとか思わないの?」

「…興味ない。」

ぼそりとそう言い放つ。
そんな言葉を聞いて、空はむっとした表情になる。
そして、晃の手を掴み、無理やり立ち上がらせる。

「うわっ。」

「ほら、ちょっと歩こうよ!
最近地霊殿にさんぽこーすとか言うのができたんだって!
…さんぽこーすってなに?」

「…。」

晃は頭を抱えた。
あぁ、あれか。何かと思えば。
こいつ馬鹿なんだ。

「散歩ってのは…歩く事だよ。
歩きながら風景とかを楽しんで、楽しんで歩く事。」

「へぇー…頭いいんだね!」

空の純粋な気持ちを感じた。
しかし何故だか少年は、その気持ちを受けてぐっと胸を締め付けられていた。

「これくらい当然だよ。…なぁ、もういいだろ?」

少年は俯きながら、空の手を払った。
その瞬間、空は悲しそうな顔をして、一言

「え…?」

とだけ呟いた。
どうして。

晃は思った。

どうしてそんな悲しそうな顔をする。
どうしてそんな俺に関わる。

どうしてそんなに純粋に近付けるんだ。

「迷惑なんだよ。1人でいさせてくれないか?
…俺の傍に居たら、お前も消えちまうぞ。」

一直線に、空の目を見ながら告げた。
その目線は鋭く、そして何よりも怒りのようなものが込められていた。

「あ…その…ごめんなさい…。」

「…早く消えろ。」

そう言って、少年は空から目を逸らした。
空はそのままだっと駆け出し、その場を後にした。

晃は、拳を握りしめていた。
誰かと触れ合いたい。自分自身の心がそう言っている。
だが、その気持ちを押さえつけ、晃は1人で過ごしている。

「…俺は、大切な物を作っちゃいけないんだ。」

ぼそり。

晃はそう呟いた。
はい、あまらーです。御無沙汰しております。
書き始めて日も浅いというのに、続き物を描こうともくろんでおります。
今回のテーマは大切な物。
もしそれを失うとすると、貴方は能力使いますか?

色々と、少年の葛藤なども書いていけたら、と思います。
よろしければ、少しの間お付き合いくださいな^^;

では、この辺で!
読んで下さってありがとうございました!!
あまらー
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.120簡易評価
5.50名前が無い程度の能力削除
ここまではまだありがちなわけありキャラに見えますが……
とりあえず続きを楽しみにして待ってます。
6.60873削除
少々短すぎるのでは、と感じました。

ぜひとも完結させてみてください。楽しみにしております。
頑張ってください。
9.無評価あまらー削除
確かにありがちなんですよねぇ…←
その辺をどうにかして払拭したいと思います!!

やっぱり少し短いですかね…。
了解です、もう少し頑張って伸ばします!

お二方とも有難う御座いましたー!
10.60山の賢者削除
ああ、なんかハッピーエンドになりそうな予感。
これからの展開に期待です。