Coolier - 新生・東方創想話

姉妹から・・・

2010/07/12 23:15:07
最終更新
サイズ
3.12KB
ページ数
1
閲覧数
2116
評価数
18/53
POINT
3190
Rate
11.91

分類タグ


紅魔館の地下に2人の吸血鬼がいた。
1人はベットに腰掛け俯いている妹
1人は微笑を浮かべ妹を見下ろす姉
地下室を沈黙が支配していた。


しばらくの後、妹が弱々しく口を開く。
「やっぱりむり・・・」
「無理じゃないわ。言いなさい」
諦めを吐き出す妹に、腕を組んで少し強い口調で命じる姉。
「でも・・・はずかしいよ」
顔を若干紅く染め、目を逸らして訴える妹。
「姉妹から恋人になりたい、と言ってきたのはあなたよ、フラン」
姉は肩を竦め少し呆れ気味に、しかし微笑みを絶やさず事実を告げる。
「そうだけど・・・」
「じゃあ、言いなさい」
俯き気味に言い訳をしようとする妹を遮り、姉は腕を組んだまま猫撫声で告げる。
「・・・・・・・・・・れ・・・・・・・やっぱりダメ、はずかしい」
弱気な妹の声に愛想を尽かしたのか、姉の顔から微笑が消える。
「・・・言えないのなら、私達の関係もいままで通りね」
姉は踵を返し妹に背を向けた。
「そんな! 嘘でしょ。お姉様・・・」
あまりにも冷たい姉の言葉に、妹の表情は絶望の色に染まる。
「嘘じゃないわ。さよならフラン」
「まって!」
ドアに向けて歩き出す姉に、ベットから転げ落ちるように飛び出しスカートにすがりつく妹、
だが姉はそんな哀れみを誘う姿に一瞥もくれずドアノブに手をかける。
「・・・いや! 出ていかないで!」
「あなたが悪いのよ」
妹の感極まった訴えにも耳を貸さず、姉は無表情のまま手首を捻ってドアノブを回す。

「・・・・・・・・・・・・れ・・・」
腕に力を入れドアを開こうとしたとき、妹の口から小さな声が漏れた。声に反応して手を止める姉。
「れ?」
姉は先を促す。妹は決意を固めゆっくりと言葉を紡ぐ。
「・・・み・・・・・・・・・・・・り・・・・・・・・・・・・・・・あ」
「良く聞き取れないわ。もう一度言って」
姉はドアノブから手を離して要求する。
「れ・・みり・・・あ・・お姉様」
恥ずかしさのあまり余計な言葉を付け加える妹。
それが気に食わなかったらしく姉は表情を歪める。
「お姉様、は要らないわ」
「う~~」
突きつけられる修正要求に憮然な顔で唸る妹。
「早くなさい。それともやっぱりここまでなのかしら」
姉は冷たく言い放ち、再度ドアノブに手をかけた。
「待って! レミリア!」
スカートを握る手にさらなる力を込め、半ば泣き顔で叫ぶ妹。
「もう一度、言いなさい」
笑いながら命じる姉。
「レミリア」
静かに、だが決意を込めて姉の名を口にする妹。
姉はその言葉を、ゆっくりと、咀嚼するように味わう。
「よく言えたわフラン。そう、恋人同士はお互いを名前で呼び合うのよ」
「うん・・・レミリア」






・・・その後、月の輪廻が百を数えた満月の夜


この日のために改装した紅魔館の一室。
「さあフラン、言いなさい」
黒いドレスに身を包んだレミリアは、楽しそうに要求する。
「なんか恥ずかしい」
純白のドレスを纏ったフランドールは頬を紅く染め、恥ずかしそうに笑いながら答えた。
「今更恥ずかしがる関係でもないでしょ。それにほら、早くこれを填めて欲しいんでしょ」
意地悪く笑うレミリアは、見せびらかすように左手で小箱を弄ぶ。
「う~レミリアのいじわる」
「さっさと言っちゃいなさい」
うなるフランドールの耳元で、猫撫声で囁くレミリア。
しばらくの間、耳まで紅く染め、上目遣いにレミリアを睨むフランドールだったが、
とうとう観念したように口を開く。
「指輪をはめて・・・あなた」
すっと左手を差し出すフランドール。
「喜んで、私の可愛い奥様」
レミリアはフランドールの薬指に、ゆっくりと指輪を填める。
そしてお互いを抱き寄せ合うと、誓いの口づけを交わす。
幸せそうに微笑みあう2人。



そんな2人を、多くの参列者が砂糖を吐く思いで見続けていた。
読んでいただきありがとうございます。
最近忙しくコメントを返す暇がありませんが、全て楽しみに読ませて頂いてます。

テーマは呼び方、甘いレミフラが書きたいなと思いました。
でもテーマに拘って表現がくどくなってるような気もします。
誤字脱字指摘点などあれば、教えていただけると幸いです。

7月20日追記
陸の孤島に一週間ほど旅立っている間、多くのコメントを頂きありがとうございました。
遅まきながら、何人かの方がご指摘くださったタグの追加をしました。
今後ともよろしくお願いいたします。
clo0001
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1420簡易評価
4.90名前が無い程度の能力削除
危うく、私がクリスマスケーキの上のサンタさん状態になるところでした。
どうしてくれよう。
7.100名前が無い程度の能力削除
オろろろろろろろろろろろろろろろろろろろ(砂糖

要点圧縮型ssですね
分かります
9.100再開発削除
最初、『れみりあうー』を強要しているかと思ってしまった。

結婚、おめでとうございます!!
11.100名前が無い程度の能力削除
まだだ、まだ戦える!
本当に甘いのはこれからなんだろ?
13.100名前が無い程度の能力削除
あれ?
口から砂糖が…


おれから
どなて
16.100名前が無い程度の能力削除
なんという甘さ
17.100名前が無い程度の能力削除
砂糖が無料で手に入る場所はここですか?
18.100名前が無い程度の能力削除
俺が…砂糖だ
19.100佐藤 白削除
二人だけの世界かと思ったら俺らもいたw
20.90名前が無い程度の能力削除
ご結婚おめでとうございます
創想話の前回の話と繋がってるんですか?
21.100名前が無い程度の能力削除
こうあからさまだと「百合」でも「レミフラ」でもいいから、百合タグが欲しいな。うん
苦手なヤローもいるからさ。
25.100名前が無い程度の能力削除
いい結婚だ。
26.100山の賢者削除
姉妹で結婚とか幻想郷懐広すぎだろう。
糖尿病患者が続出したらどう責任をとってくれるんですかね?
30.100名前が無い程度の能力削除
おいおい甘すぎだろ
大好物です
33.100名前が無い程度の能力削除
・・・
(へんじがない、砂糖の固まりのようだ)
34.100名前が無い程度の能力削除
あばばばっばばb
37.90名前が無い程度の能力削除
なんつーストレートな。個人的には俺もタグあった方がいいと思った。俺は好きだけど
50.100名前が無い程度の能力削除
グッ