Coolier - 新生・東方創想話

命の旅路

2010/05/06 00:11:49
最終更新
サイズ
2.8KB
ページ数
1
閲覧数
188
評価数
4/15
POINT
840
Rate
10.81

分類タグ

 人間の里はいつもと変わらないほど、騒がしかった。あの空も風も大地も変わらない。
 博霊霊夢は里にある屋敷の門をたたいた。
「たのもー。見舞いに来たわよ」
「これは巫女どの。お忙しいなかを」
「いつも暇よ。それよりどうなの、阿求の容体は」
 稗田家は騒然としていた。『御阿礼の乙女』の容体が急変したのだ。その訃報は天狗の新聞で幻想卿中に伝わった。
 霊夢は襖を開けると机についている阿求をみた。
「あんたね・・・・・・無理をしちゃだめでしょ」
「そうですね」
 阿求は霊夢に向き直って微笑んだ。
「元気そうで何より。気分はどうなの」
「はい。今日は調子がいいですよ」
 二人はしばらく話した。
 日が暮れる頃には阿求は眠りについていた。
「ちょ、ちょっと・・・はぁ」
 口からは静かに吐息が聞こえていた。

 稗田の家の縁側で霊夢は座っていた。月が昇り始めている。
「霊夢。こんな所でどうしたの」
 視線を少し向けると紫がいつの間にかいた。
「阿求の様子はどうなの?」
「調子がいいみたい。でも、長くないわ」
 紫は隙間から酒を取り出すと霊夢に渡した。
「『御阿礼の子』は寿命が短いからね。その分、使命がある」
「博霊の巫女と同じね。最初の巫女はどうだったの」
「そのうち、話してあげるわ」
 紫は愁いを帯びた顔で俯いた。その姿に霊夢は驚いた。
 紫は長く幻想卿に生きているから別れに馴れていると思ったからだ。
「馴れないわよ。知り合いが居なくなるのなんて、初代の巫女も『御阿礼の子』も幽々子もね」
 紫はお酒を傾けた。
「みんな、勝手に死んでいく」
「・・・・・・」
 霊夢は何もいわずに帰っていった。



 是非曲直庁の閻魔のもとに一枚の書類が届けられた。〈転生のための契約〉と
書かれていた。
「四季映姫。これは、『御阿礼の子』のものだろう。そろそろなのか」
「そうですね。幻想卿の賢者の話では長くないと・・・」
「たのしみじゃないか」
 『御阿礼の子』はとても仕事ができる。死神よりも有能なのだ。
「しかし、転生の身体ができるまでですが」

 窓の外に広がる三途の川に船が一艘つけられた。小町の船だ。
「小町。何をしていたのですか」
「し、四季様。サボってませんよ」
「もういいです。さっさと魂を運びなさい」
「やや。今日は四季様の日ではないですよね」
「代わってもらいました。働きたい気分です」
 『御阿礼の子』がもうすぐ来る。しかし、四季にとってそれは望まぬ事だった。しかし、定めた寿命を延ばすことはできない。それは、閻魔でもだ。



 阿求は目を覚ました。この時刻は夜だというのに外は明るかった。
「・・・・・・」
 それは、月明かりではなく別のものだった。襖を開けるとそこには人間と妖怪たちが集まっていた。
「なんですか?これは・・・」
「あら、やっと起きたの。もう始めてるわよ」
 霊夢がお酒を飲みながら阿求をみた。今日はここで宴会を開いたのだ。
身体を崩してからしばらく感じなかった活気があった。
「みんな、あんたにね。早く帰ってきて欲しいからここで宴会をする事にしたの」
「そうそう。霊夢が一番寂しがってたからね」
「阿求。こんだけ騒げば死にたくないでしょ。だから、未練をもって行きなさい
すぐに転生できるように」
「は、はいっ」
 阿求は騒いだ。

「もう、少し待ちましょうか」
「いいんですか?四季様」
「いいんです」
 四季と小町は『御阿礼の子』の今を見ていた。
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.470簡易評価
2.100奇声を発する程度の能力削除
>幻想卿
幻想郷

凄く良かった…。阿求は幸せ者だ!
3.100セィズと名乗る程度の能力削除
いいですね~
<阿求は幸せ者だ!
まさにそのとおり
8.90凪方風也削除
幻想郷らしくて良かったです。

訃報:死の知らせ
別の言葉に変えては?
9.80名前が無い程度の能力削除
いかにも霊夢らしいし、幻想郷らしいな


>しかし、四季にとって(中略)。しかし、定めた寿命を(略)
逆接の逆接はややこしいです。
最初の「しかし」はいらないのでは。