Coolier - 新生・東方創想話

一勝二敗

2010/03/27 02:46:58
最終更新
サイズ
10.94KB
ページ数
1
閲覧数
917
評価数
5/36
POINT
1770
Rate
9.70

分類タグ


 ひもじい。
 ぐぅと腹が鳴る。
 お腹と背中がくっつきそう。

 このままでは倒れてしまいそうだ!

 でもおはぎはいらない。おにぎりもだ。パンだって。
 や、一応は膨らむんだよ?
 膨らむんだけどね。

 ……ともかく!

 ‘愉快な忘れ傘‘こと、私、多々良小傘はお腹が空いているのだ。
 だけど、ただの人間を驚かせるのはもう飽きた。
 戦績も微妙だしね!

 ……こほん。



 ただの人間じゃない、人間。
 もう目星はつけている。
 風祝に魔法使い、そして、巫女。





 そう言う訳で、私は今、山の神社、その境内に生えている木々の隙間にいる。

 妖怪仲間に聞いたところ、早苗がまだ無難だろうとのことだった。
 魔理沙や霊夢に比べて、彼女はそれほど妖怪退治に慣れていないらしい。
 確かに以前、麓の神社で催された宴会で、そんなことを言っていた気がする。

 ……その割には、舟の異変の時、ちゃちゃっと片付けられた気もするけど。気のせい気のせい!

 首を振る私に、じゃり、と小気味い音が届いた。
 人の字を指で手に書きこんで、飲みこむ。
 戦意高揚のためだ。

 守矢神社の風祝、東風谷早苗が、箒を片手に其処にいる。

 自分の領地に妖怪が入り込んできているとは思うまい。
 証拠に、口に手を当て眠そうな顔をしている。
 欠伸でも堪えているのだろうか。

「……けぷ」

 どうやら食後の模様。
 微かに甘い匂いも漂ってきた。
 くん、と鼻を鳴らす――お汁粉……いや、善哉だ!

 お正月の残りかなぁ。いいなぁ。

 ――じゃない!

 自身との状態の比較でちょっと羨望の眼差しを向けてしまった。
 けれど、どうと言うことはない。
 その安寧が私の糧になる。

 早苗が箒を一振りした、その時。
 私は、息を吸い込んだ。
 吐くと同時に、叫ぶ。

「うーらーめーしーやー」
「……きゃっ」

 陽光を背負い両手を振り上げた私の、なんと勇ましいことか。

 『陽光』?
 読んで字のごとく『太陽の光』。
 季節の狭間に降り注ぐ、暖かな恵み。

 駄目じゃん私! 人間を驚かせるのは夜だって、あぁもう学習しようよ!?

 ……あれ、でも?

 首を捻っていると、早苗が近づいてきた。

「何方かと思えば、小傘さんじゃないですか」
「あ、うん、こんにちは、早苗」
「はい、こんにちは」
「『きゃっ』って言った?」
「言いました。もう、びっくりさせないでくださいよ」

 ……えっと。
 うーんと。
 つまり。

 大成功?

「え、え、嘘!? 凄いや私! でもあんまりお腹膨れてないような!?」

 両手をばたばたと振りはしゃぐ私に、早苗が頬を掻き、言う。

「……それはまぁ、然程驚いた訳ではありませんから」
「そっかぁ!」
「ええ」

 残念に感じないでもないけど、幸先のいいスタートだ。
 なんといっても、あの風祝を驚かせたのだから。
 よーし、待っていなさいよ、残り二人!

 別れの挨拶代わりに手を振り続け、私は境内から浮かび上がる。
 微苦笑のまま、早苗も返してきた。
 穏やかな風が吹く。

 ――……例えばそう、夕方や夜なら、或いはもっと。

 呟きが届いたのは、だから、そのお陰だと思う。





 ところ移って魔法の森。
 私は、魔法使いの家の玄関前にて待機することにした。
 窓から確認したところ、ターゲットが何処かに出かける準備をしていたからだ。

 時間も程よく経過している。
 陽が落ちかけて、影が伸びる頃。
 朝でも夜でも、昼でもない時間帯――そう、早苗の言っていた黄昏時だ。

 くふ、と私は小さく笑った。
 哀れな犠牲者はもう出てくるだろう。
 そして、この飢えを満たしてくれるのだ。
 どんな味をしているんだろう。
 想像しただけで、喉が鳴る。

 ぐぅ。……お腹も鳴ったので早く出てきてください魔理沙さん。

 どうしたんだろう。
 すぐに出てくると思ったんだけど……。
 戸棚の開け閉めをしていたのは、貴重品の確認じゃなかったのかなぁ。

 少し不安になり、室内を探るためにぴたりと玄関に耳を当てる。
 何かの音が鳴った。
 フラグ?

 ではなくて、魔理沙が反対側の取手を捻った音のようだ。

 つまり。

 勢いよく開かれる扉!
 そのまま倒れこむワタクシ!
 フラグの回収はお手の物よ!?

 ずべん。――ただし幼女に限る。じゃなぁい!

「うらめしぃったぁい!?」
「……うぉ、驚いたぜ」
「鼻、鼻打ったぁ!」

 涙目になりつつ、打ちつけた部位を両手でさする。
 へにょってなってた。
 折れているようだ。

「え? ぅわ、おい小傘、ちょっと待て、すぐに永琳を」

 ぱきょ。

「痛いよぅ痛いよぅ」
「……まさか、戻しただけで治ったのか?」
「折れるのは慣れてるもん。あ、なんなら、指もありえない方向に曲げようか?」

 ぴっと人差し指を差し出すと、柔らかく両手で包まれた。
 真剣な眼差しとともに首を横に振られる。
 トラウマでもあるのかな。

 しないしないと頷くと、魔理沙はほぅと胸を撫で下ろした。

「あ、もしかして、驚いた?」

 尋ねる私に、魔理沙は、指の付け根を両の掌で圧迫してみせた。

「千切れる!?」
「接着剤でつけてやる」
「ごめんなさいごめんなさい」

 情けないとか言うな。

「……ったく」

 ぶっきらぼうに呟いて、魔理沙が立ち上がる。
 見上げると、彼女はぷぃとそっぽを向いた。
 加えて、愛用の帽子を深く被る。

 そして、言った。

「なんだ、その……さっきのは、驚いたけどな」
「二連勝ぉぉぉぉぉ!」
「喧しい」

 殴られた。

 でも、あんまり痛くない。

「あぁ……! 魔理沙や早苗の感情が、私を強くしている……!」
「どこの主人公だお前は。単に、私に力が入らなかっただけだ」
「感情を食べたってだけよ。……そうなの?」

 そうなんだ――返された言葉は、魔理沙自身の声で流される。

「あー……二連勝って、早苗も」
「驚かせた!」
「そうか」

 妙な表情になる魔理沙。
 半笑いとかそんな。
 何故に?

 犠牲者が他にいて安心しているんだろうか。

「まぁいいや、私は出かけるんだ」

 尋ねようと口を開くその直前、魔理沙は私をくるりと百八十度回し、外に連れ出した。

「……にしても、小傘、お前って行儀いいよな」
「妖怪が正坐してちゃおかしいっての?」
「ちげぇ。驚かせたいなら、玄関で待ってるより中に入った方が早いだろうに」
「え、それは流石に人道にもとる……」
「くぁ、耳が痛い気がするぜ、メタモルフォーゼ」

 ……おぉ。
 ぽむと手を打つ。
 その発想はなかった。

 感嘆の眼差しを向ける私に半眼を向ける魔理沙。
 一瞬後、私たちは同時に空を見上げる。
 頬に当たる水滴の所為だ。

 何時の間にか集まった雲が、ぱらりぱらりと雨を降らせている。

「お前らの時間だな」
「……へ?」
「じゃな」

 言うが早いか、魔理沙は箒に跨り飛んで行った。
 その先端には小さな籠が揺れている。
 可愛らしいお菓子入れ。

 ……って――「傘をお忘れですよーぅ!?」

 微妙に凹みながら叫んだ私は、けれどすぐさま、魔理沙と同じように浮かび上がった。
 奇しくも、向かう方角は魔法使いと同じだ。
 残るターゲットは一人。



 おっかなびっくり待っていなさい、博麗霊夢!





 薄暗い夜。
 月は雨雲に隠れている。
 耳に伝わる音は、降る雨か、騒ぐ蟲か、唸る獣か、それとも――。

 私は震えた。
 なんて、なんて絶好の機会!
 あ、いやいや、勝って兜の緒を締めよ、あぁだけど、ベルトは緩めておこうかしらん!?

 だって、そうでしょう?
 早苗と魔理沙があげた条件を、なんと私はクリアしているのだ。
 時刻は言わずもがな、どういう訳か何時も縁側にいる霊夢が、今日はいなかった。

 雨が降っているからだろうか――思いつつ、私は下駄を脱ぎ、そろりそろりと上がり込んだ。

 二三度首を振り、霊夢との鉢合わせを警戒する。
 大丈夫だ――思った矢先、声が聞こえてきた。
 でも、霊夢のそれじゃない。

 声は二つ。
 一方は、澄んだ柔らかい響き。
 もう一方は、明るく賑やかな響き。

 早苗と魔理沙だ。

 内容までは解らない。
 雨音でかき消されている。
 だけど、声のする部屋から妙な雰囲気が感じられた。

 あ。もしかして、私の対策でも立てているのかな……?

 凄い、凄いよ私!
 妖怪にも一目置かれている三人娘を悩ませている!
 いっやぁ、これで箔もついて地底にも――ちっがぁぁぁう!

 まだ霊夢を驚かせていない!
 急がないと警戒されちゃう!?
 あぁぁでもでも急いては事を仕損じる!

 ――私は、大きく深呼吸した。

 迅速、かつ丁寧に。
 またとない機会なのだ。
 大丈夫、今の私なら、できる。

 息を殺し、一歩、二歩と進む。
 二人の声が微かに聞こえてきた。
 予想通り、私の名前がちらほらと出されている。



 ――小傘さんのお腹が膨れるだけです! 何がいけないんですか!



 遂に辿り着いた障子の向こうには、早苗と魔理沙。



 ――そうだぜ! あいつだって喜んでたんたぞ!



 そして、霊夢が、其処にいる。



「……で?」
「う~ら~め~し~や~」



 絶好のタイミングに、完璧な声で、私は言った。



 刹那、しゃっと障子が開かれる。



「……あ゛ー?」

 人を殺せそうな眼力。
 ドスの効きすぎている声。
 ついでに、雷のエフェクト付き。

 勿論全部、霊夢にかかります。
 あー、やっぱ巫女は無理か。
 だよねー。

 ……。

「妖怪の本分を、あ、ごめ、申し訳ありませんでしたぁぁぁっ!」

 情けないとか言うな。
 いやまじで怖いよ霊夢!?
 脱兎のごとく去ろうとした私は、後ろ襟を掴まれて室内に引きずり込まれた。

 掴んでいるのは、無論、霊夢だ。

「あぅぅ、三連勝ならずぅぅぅ……」

 あぁ……。
 手を組み、私は思った。
 こんなところで散るのなら、もっと一杯遊んであげるんだった。

 脳裏に浮かぶのは、地底の桶娘、吸血鬼姉妹、そして、人間の里の童たち。

「小傘」
「ふ、覚悟はできているわ。だけどせめて内職の糧にして……!」
「してないわよ。じゃなくて、あんた、み――二つ、勘違いしているわ」

 え?

 見上げて視界に入るのは、変わらない目をした霊夢。
 なんだけど、私を見ていない。
 ぱちくりとさせながら、視線を追う。

「一つ。私が聞いているのは、あんたじゃなくて、早苗と魔理沙」

 すげぇって思った。
 だって、二人ともそっぽを向いている。
 私なんて、目を離した隙にやられると思ったのに。

 実際捕まったんだから、間違ってはないよね?

「……で?」
「ごめん、嘘、冗談!?」
「だから、あんたじゃないっての」

 だって怖いんだもん! 空気に耐えられない!

 なんて思っていると、襟首が軽くなった。
 掴まれていた手が離れたようだ。
 そのまま額へとあて、霊夢は続ける。

 重い溜息と、同時だった。



「二つ。あいつら、本当に驚いていた訳じゃないわよ」



 ……え?

「健康的なあんよがのぞいていました」
「窓からちらちら見てたしなぁ」

 衝撃的な宣告に呆然としていると、堰を切ったように二人が霊夢へと言い募り始めた。

「お餅が、お汁粉が、そして、善哉がいけないんです!」
「私はお菓子だ! 霊夢、お前にゃわかるまい!」
「腐らせる訳にはいかないじゃないですか!?」
「気をつけていたのに! 気をつけていたのに!」
「ちゃんと運動もしていたんですよ!? あぁけれど、チョコめ! 口惜しや!」

 んーと……どういうこと?

 首を捻っていると、二人が手を突き出してきた。
 早苗は指を三本上げている。
 魔理沙は二本だ。

「魔理沙さぁぁぁん!」
「早苗ぇぇぇ!」
「喧しい」

 二人の指を両手で包み、霊夢が黙らせた。

「で?」
「女って怖いですよね」
「道連れは多い方が……な」

 つまり。

「わかった? あんたもひっぱり込もうとしていたのよ」

 ……。

「嘘だった?」
「はい」
「ぜ」

 なんかすっごく爽やかな笑顔で頷かれた! そんな!?

 ……とは言いつつも。

「ったく。
 だから、早苗も魔理沙も此処に来たのよ。
 私の所にも来るだろうから、手を貸せって」

 ショックは少なかった。

「あ、お裾わけも持ってきましたよ?」
「うむ。家にあると毒だからな。食らうがよい」
「……早苗は調理! 魔理沙は食器の準備! ハリアッ!」



 どうしてだろう。

 ……あぁ、そうか。

 何時の間にか、お腹が膨れていたんだ。





 ――二人が部屋を離れて暫く経ってから、霊夢は振りかえり、ぽつりと言う。

「あんたも食べてく?」
「うん、別腹」
「……そ」

 ぼぅとした頭で、今度は私が、霊夢に聞いた。



「もしかして、霊夢、驚いてた?」
「ばっきばきになった唐傘、霖之助さん、引き取ってくれるかしら」



 やりかねない。

 想像して、ひきつった笑みを浮かべる私。

 満足感と恐怖心を抱えつつ見た霊夢は、どうということもなく、肩を竦めているのだった――。







                     <了>
女の子マジ怖ぇ。四十五度目まして。

以前もちらっと出たのですが、私の書く小傘は主人公体質です。
挫けずめげず、立ち向かう。そして弄られる。
書いててすげぇ楽しい。

あと。土台にしたネタは作中の台詞にあります。早苗さんと魔理沙。

以上
道標
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1310簡易評価
1.80名前が無い程度の能力削除
怖いのは女の子つて言うよりも、圧倒的に霊夢が怖ぇ。
3.100名前が無い程度の能力削除
霊夢怖すぎる…
いやでもだからこその霊夢、か?
小傘がんばれ・・・w
8.100名前が無い程度の能力削除
終わらないダイエットォォォ!
霊夢なら勘で気づきそうとも思ったけど、早苗さんがいるから油断してたのか。
それとも実は恐がりとか……w
というか小傘はどんだけ幼女ハンターなのさw
11.100煉獄削除
驚かせようと頑張る小傘は可愛いですねぇ。
霊夢たち三人の会話とか雰囲気など面白かったです。
27.80ずわいがに削除
小傘癒されるわぁ