Coolier - 新生・東方創想話

エクステンドクローズ ~ 蓬莱服

2010/03/18 17:45:05
最終更新
サイズ
5.39KB
ページ数
1
閲覧数
1206
評価数
41/143
POINT
8810
Rate
12.27

分類タグ


時折私と妹紅の関係について、村の者に問われることがある。

「慧音様、妹紅さんとはどこまでの仲なんですか?」と。

この場を借りて言わせて貰おう。私と妹紅は断じてそのような仲ではない。

里を守る人間好きな半獣と、その親友である蓬莱人が全く持って清い付き合いをしているだけなのだ。

付き合うという言葉も誤解を招くか。まあそのなんだ、一緒に連れ添っているというか、なんというか……。

ええいこっ恥ずかしい。つまり何が言いたいかというと、私と妹紅は単なる友人であって、特別面白い関係にあるわけではないのだ。

だから実を言うと、これまでお互いの家に泊まったこともなかった。

だってその、お泊りなんて言い方をすると、まるで夫婦か何かのような響きがあるし……。

とにかくだ、私はこれまで、妹紅と一夜を共にしたことはなかったのだ。


だから、風呂に入っている妹紅を見て驚くのも、当然の反応だったのだ。


「おー慧音。長湯しちゃって悪いね。もうすぐ出るよ」
「も、妹紅……? お前は何をやってるんだ……?」


今日は里で小さなお祭りがあり、それに便乗して妖怪やら半妖やらがたくさん里へ集まってきた。

妖怪も流石に晴れの日に暴れるような愚か者はいなかったが、人間も妖怪もたくさん酒を呑んで、そこらで寝てしまうような始末だった。

私と妹紅はその対応に追われた。人間はそれぞれの家に帰して、妖怪は村の入り口まで運んで。

その結果気がつけば丑三つ時になってしまった。もうじき卯月だというのに、今日は一段と冷え込む。

寒風吹きすさぶ中妹紅を家まで帰らせるというのも酷だと思って、私は初めて妹紅に泊まっていかないか、と促した。

妹紅の返事はもちろん二つ返事だった。


「何って……なんか変なことしてるか? 私」
「お、おかしいだろうそれは。だって、だって……」


今、妹紅は私の家のお風呂に使っている。

客人に先にお風呂を薦めるのは当然のことだ。我が家の自慢の檜風呂、さぞかし気持ちが良いだろう。

そう思ってなんとなく様子を見に来て、私は愕然とした。なんで、なんで妹紅は。


「なんで妹紅は服を着たまま風呂に入ってるんだ!?」


そう。私の驚きとは妹紅は着衣したまま湯船に浸かっているということである。

おなじみサスペンダーのついた服に下半身は見えないがたぶんいつものもんぺ、どう考えても水着とかそういう類の衣類ではない。普段着である。


「何でって……あれ? 慧音、言ってなかったっけ?」
「な、何をだ」
「私の服のことをさ」


一体何の話だろう。妹紅の服に何か特別な秘密があるのだろうか。


「私の服ってさ、ほら。蓬莱の服だからさ。もう体の一部みたいなもんなんだよ。生きてるんだ」
「……は?」


ちょっと何言ってるのかわからない。

蓬莱の服? 薬の間違いだろう?


「慧音はさ。私と輝夜が殺し合いしてるのを見たことあるっけ」
「あ、ああ。何度かはあるな。壮絶な撃ち合いをしてるところを」
「それじゃ、私が死んだところは見たことある?」
「……うーん、そういえば、一度だけある気がするぞ」


いつだったか竹林にある妹紅の家を訪ねたとき、偶然輝夜と妹紅が戦っているのを見たことがある。

その時は妹紅が輝夜に圧されていて、私の見ている目の前で、妹紅は死んだのだ。

あの時の光景は今でも瞳に焼き付いている。思い切り胸を打ち抜かれ、妹紅が絶命する姿。あまり思い出したいものではない。


「そのあと慧音、私と話したりした覚えある?」
「ああ、あるぞ」


私が当然そのまま妹紅を見捨てるはずもなく、事が終わるまで見守って、妹紅に声を掛けた記憶がある。

当たり前だが傷口は塞がっていた。当然だ、妹紅は蓬莱人なのだから。


「じゃあ慧音。その時の私の服装を思い出してくれ」
「服装……? 服っていっても、いつもと同じ服だったような……」


妹紅の服はいつものアレ以外見た事がない。

あの時だって胸を打ち抜かれていたはずなのに、今もこうして着ている服は綺麗なままで……?


「……ま、まさか。妹紅」
「やっと気付いてくれた? そういうことだよ」


輝夜との数百、あるいは数千に及ぶ殺し合い。

妹紅のあの服は、それを幾世紀に渡って見守ってきたのだ。

はっきり言って普通の服なら繊維が持つはずがない。いちいち新調しているのなら他のデザインの服がないのは不自然だ。

つまり、ということは―――


「妹紅の服は、妹紅と同じでリザレクションしてるのか!?」
「うん。そういうこと。蓬莱の薬の効果でね」


なんということだろう。

全く知らなかった新事実。妹紅の服はいちいちリザレクションしているのだ。


「で、でも妹紅、蓬莱の薬は『飲んだ』って言ってたよな? どうして服にまで効果があるんだ?」
「あーあれは言葉のアヤだよ。正しくは蓬莱の薬を頭からかぶったのさ。
 薬を『かぶった』なんて言い方をしたら、いちいちみんなが訝るだろう?」


言われてみれば確かにそうだ。

今まで妹紅の服がぼろぼろになっているところなど見た事がないし、いつでもまるで新品のようだった。


「でも、でもちょっと待ってくれ妹紅。
 その服が蓬莱の服ということは分かったが、服を着たまま風呂に入る説明にはなってないぞ」
「ああ、そのことか。これはね慧音、私なりの洗濯なんだよ」
「洗濯って……。妹紅、それはいくらなんでも不肖すぎるだろう」


永年同じ服と過ごしてきたから、もはや脱ぐ必要すらもないということか。

だからと言って洗濯と入浴をごっちゃにするのもどうかと思う。確かに楽といえば楽だが。


「違うんだよ、慧音。さっき言っただろう? この服は生きてるんだって」
「どういう意味だ?」
「まあまあ、ちょっと見てなって。ほら慧音、ここの辺り」


湯船の中からちょいちょいと手招きして、妹紅がそんなことを言う。

言われるがままに洗い場の辺りまで足を踏む込むと、妹紅の服はあちこち傷だらけなのが分かった。


「この傷が……? どうなるんだ一体」
「うーん、いつもならそろそろ始まるんだけどな……っと、来た来た」


妹紅の服をじっと見つめていると、突然小さな傷を含めた服全体が淡く輝き始めて、

一瞬にして服の傷が全て癒えてしまった。これは驚きだ。


「おお……なんだか神秘的だな。これはどういう仕組みになってるんだ?」
「簡単なことじゃないか慧音。私はずっと肩までしっかり湯船に浸かってたんだよ」


ざばりと音を立て浴槽から立ち上がりつつ、妹紅は私に言った。


「蓬莱の服が溺死したのさ」
「姫様。今日はお洗濯の日ですよ、起きてください」
「うーん……そこにモリがあるから適当に左胸ブチ抜いといて。服ごと」

こんな幻想郷だったらイヤですね。
goma
http://eastgomashio.blog8.fc2.com/blog-entry-143.html
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.4890簡易評価
2.90名前が無い程度の能力削除
最後感心してしまった
4.90名前が無い程度の能力削除
その発想はなかった
5.100名前が無い程度の能力削除
溺死は一番苦しい死に方だと聞いたことがあるなー、妹紅の服が物凄く羨ましいけど頻繁に殺されるとなると、う~~むw 優しく手洗いを希望しますww
9.100名前が無い程度の能力削除
壷ごと薬奪った妹紅はともかく、姫様も薬ひっかぶったのかよwwww
12.100名前が無い程度の能力削除
う~む、お見事。こいつぁシャッポを脱がざるをえねぇや。
しかし嫌な洗濯だw
14.90名前が無い程度の能力削除
なんという漫画理論w
15.90夕凪削除
溺死w
しかも後書きがw
面倒だからって、死ぬのやめましょうよw
16.100Ninja削除
最後の一言が面白すぎるwww
なるほどねーw
20.100名前が無い程度の能力削除
理解すると笑いが止まらんwwwww
22.100名前が無い程度の能力削除
巧いなぁ
25.100名前が無い程度の能力削除
最後が秀逸
26.100名前がにゃい程度の能力削除
このオチは評価せざるを得ない
29.90名前が無い程度の能力削除
その理屈は理解できるけど納得できないwww
いや、でも面白い。
32.90名前が無い程度の能力削除
死んでもいいから服になりた……いえ、冗談です。しかしこのアイディアは秀逸。
34.100tsueypel削除
服だって生きて、死ぬ。無縁塚に持っていくと四季様が服にむかって説教を始めます。
35.100名前が無い程度の能力削除
お見事!
38.100名前が無い程度の能力削除
服の気持ちになると毎回溺死強要とかマジ勘弁って感じだなwww
46.70名前が無い程度の能力削除
小説抄を読めや、とツッコミそうになったけれど最後のセリフに胸を撃ち抜かれてそんな無粋な言葉は飲み込んでしまった。
素晴らしいテンポのおもしろい話でした。
50.100名前が無い程度の能力削除
発想とノリの勝利・・・w
52.90名前が無い程度の能力削除
やられたwww
確かにこれは嫌だw
53.90名前が無い程度の能力削除
ナイスだな
60.100名前が無い程度の能力削除
いろいろとすげぇwww
62.90名前が無い程度の能力削除
久しぶりにうーんと唸らされた。
74.90名前が無い程度の能力削除
この発想はあったけどオチの発想はなかったわ

脱帽
75.100名前が無い程度の能力削除
思わず拍手してしまった
78.100名前が無い程度の能力削除
あふるる発想の無駄遣い、とでもいいましょうか
81.100名前が無い程度の能力削除
こりゃ凄い。
83.90名前が無い程度の能力削除
発想力………!!!!!
84.100名前が無い程度の能力削除
確かにそんな幻想郷だったら嫌だけど、ありそうで怖い。
86.100名前が無い程度の能力削除
これはすげぇwww設定をフル活用してますなw
95.100ぺ・四潤削除
いつも丸焦げになってリザレクションしたあとなんで真っ裸じゃないんだろ……
って思ったことはあったけど、この発想はなかったwwwすげぇ
99.90ずわいがに削除
このオチだけは予想できなかったwwww
100.100名前が無い程度の能力削除
蓬莱の服という発想はあったが、そこからこんなオチを生み出すとは。
ただただ脱帽です。
101.100名前が無い程度の能力削除
コーラ吹いたw
人妖とも奇人変人ばかりな幻想郷だが、服までヘンだったとは。
108.100名前が無い程度の能力削除
座布団一枚ィ!!
109.無評価名前が無い程度の能力削除
オチがお見事!
110.100109削除
点数入れ忘れた…
115.100名前が無い程度の能力削除
おお、納得
124.80桜田ぴよこ削除
そのうち服が喋りだしたりしないだろうか……w
126.90名前が無い程度の能力削除
なるほど!
133.100名前が無い程度の能力削除
お見事
136.100名前が無い程度の能力削除
その発想は無かった