Coolier - 新生・東方創想話

DEAR MY DOLLMASTER

2010/03/14 20:42:39
最終更新
サイズ
4.13KB
ページ数
1
閲覧数
618
評価数
9/45
POINT
2010
Rate
8.85

分類タグ

 アリスがいなくなった。
 私はぐるっと部屋の中を見渡した。窓からさしこんだ朝の光が、床の上の雑多な魔導書やマジックアイテムを照らしだしている――つまり散らかっている。
 アリスが時々「仕方ないわね」と言いながら片づけるのだが、現在は汚い。アリスは世話焼きだから、口で言うほど嫌がってはいないのだけど。アリスが昨日片づけができなかった、正確に言うと中断してしまった理由は――今は割愛する。
 家の中を――といってもさして広くないのだが――もう一度探してみてもアリスはいなかった。ここにはいない、と見切りをつけ、心あたりを探してみることにした。



 家にもアリスはいなかった。

「お前たちも手伝えよ」

 洗濯をしたり掃除をしたりと、せわしなく働く人形たちに言ってみると、マスターの命令があるし、お前はマスターじゃないからだめだと拒否された。
 アリスは、つねに全ての人形を連れているわけではない。一番機能がすくない人形が家事、次が研究に必要な道具や材料の管理、アリスの傍で戦闘なんかをこなすのは一番優秀な人形だ。

「肝心のアリスがいないから言ってるのに」

 駄目もとで言ってみると、蓬莱に睨まれた。私がアリスを名前で呼ぶのが気に入らないらしい。その蓬莱も、留守番を任されているから行けない、と言う。



 アリスが行くとしたらどこだろう、と考えてみる。もちろん、確認済みの二カ所は別として。
 近いほうから当たろう、とまず神社に向かった。境内で巫女が賽銭箱を引っくり返しているところだった。あたりまえだが客が来ている時にすることではないので、ここではないのだろう。
 あとは紅魔館か。あの図書館はアリスのお気に入りだ。
 季節はもう春だけれど、霧の湖はあいかわらず寒かった。原因が季節に起因するものではないせいだ。門を越え、館に入る。
 さすがにこの広さだ。自分で探すのは得策ではないだろう、と本棚の迷路を見回す。さいわいにして、探している人間はすぐそこにいた。アリスを見なかったか、と聞いてみる。

「見てないわねえ」
「本に埋もれて見えなかったんじゃねーの」
「アリスは来たら声を掛けるでしょう。誰かとちがって」
「誰だろうな」

 誰のことかは分かりきっているが。

「とにかく、ここじゃないんだな」
「たいした忠犬ぶりね」
「犬じゃねーよ」
「褒め言葉よ。うちの番犬なんか、人も妖怪も通さないのっていうのが仕事なのに役に立たないったら」

 紫の髪の魔法使いはくすりと笑った。

「その忠犬ぶりに免じて教えてあげるわ。アリスならきっと魔界よ」

 その発想はなかった。ものすごく嫌な予感がしたが、アリスを探しているのだ、急いで魔界に向かうことにした。



 洞窟の先、魔界の街と氷雪世界を抜けたところに、その館はある。
 廊下には、銀盆にティーカップを三つのせたメイドがいた。私に気がついたようすだったが、何も言わなかった。
 廊下の先には重そうな扉があった。メイドが扉を開けようとした時、中から一番聞きたくない声が聞こえた気がした。私は居ても立ってもいられず、扉の隙間から体をねじこんだ。
 部屋の中央にテーブルがあり、アリスはこちらに背を向けて座って、何か話しているようすだった。向かいで魔界神が何度もうなずいている。

「アリス!」
「あっ……」

 アリスはこちらに気づいて、かすかに頬を赤らめた。椅子を立ってこっちに駆け寄ってきて、

「どうしたの、こんなところまで」

 嬉しかったけれど、私はまだ怒っていたので答えずにいると、

「ごめんね、心配した?」
「当たり前だろ。どうして何も言わないんだよ」

 アリスは困ったように笑い、

「言ったら怒るかな、って思って」
「……言わない方が怒るに決まってるだろ。一人じゃ危ない」
「うん。ごめんね」

 アリスはくすぐったそうな笑みをうかべた。すると横あいから、

「私がついてるんだ、大丈夫に決まってるぜ」

 私は無視を決め込もうとしたが、つまみあげられたのでそうもいかなくなった。何しやがるこいつ。私はじたばたと暴れた。

「魔理沙、離してあげて」

 アリスが私をつかんでいるやつに向かって言った。それから、

「心配してくれてありがとう、上海」

 私はアリスの首のあたりにぎゅっと抱きつき、後ろをふりかえった。魔理沙は面白そうにこちらを見ていた。
 ああもう、むかつく。アリスがこいつの家に足しげく通って世話を焼いてることも、こいつに会う前はアリスがいつもよりすこし長く鏡に向かうことも、昨日わざわざこいつの家を片づけてやってるアリスをベッドに引きずり込んだことも、アリスがまんざらでもなさそうだったことも、半年前から恋人同士なことも、今日親同然の魔界神に挨拶して公然の仲にならんとしている――もうなっているのかもしれない――ことも、全部むかつく。

「アリスは渡さない!」

 魔理沙はにやにや笑いながら、お、やるかこいつ、などと言って私をつついた。

「あらアリスちゃん、修羅場?」

 魔界神が、呑気に紅茶をすすりながら言った。
 初投稿です。テストも兼ねて。
 この組み合わせに需要はあると思ってますが、タグを入れたら終わりという罠。

 読んでいただけて幸いです。
アルバトロス
簡易評価

点数のボタンをクリックしコメントなしで評価します。

コメント



0.1370簡易評価
7.20名前が無い程度の能力削除
文章力はある感じなのですが、独自設定に関する描写が無く、情報だけ置かれてる(年前から恋人同士なことも、今日親同然の魔界神に挨拶して公然の仲にならんとしている、とかそのあたり)のでお話として物足りなさを感じました。
誤字じゃないのですが【私に気がついたようすだったが】の【ようす】は漢字にした方が良いと思います。

マリアリはいつだって需要有りますから、焦らずじっくり書いてみてください。期待しています。
13.40名前が無い程度の能力削除
磨けば光るよ、ガンバッテ
15.100不動遊星削除
 すごく面白いです。ありがとうございました。
 ちなみに、私は完璧にミスリードしました。これはタグに入れられないですねぇ。このペアーは大好きですよ。需要もあるはずです。この男言葉は新しい。ちょっと違和感があったのも伏線として十分昨日できてますしね。小さな完成形ですね。
 してやられたのが悔しいので100点つけときます。では。
18.70名前が無い程度の能力削除
私もミスリードにやられた口です。面白かったよー。
でもこの短さならミニの方でも良かったのかな。
ちょっと物足りないかも。
19.20名前が無い程度の能力削除
ちょっと急すぎてついていけない感…
情景がわからなすぎるってのも痛いな
28.100名前が無い程度の能力削除
わぁお、完全にミスリードされました。
なるほど、忠犬にひっかかってたんですがそゆことでしたか。
はじめにある説明の割愛も、蓬莱の台詞も、すでにミスディレクションだったんですね。

完全な自律の日も近いようです。
29.100名前が無い程度の能力削除
え?あれ?って途中から読み返して、あ、と笑いました。
こういうのは気持ち良いですね。短くてすっと読みきれたのも好印象でした。
32.100名前が無い程度の能力削除
あっはっは~! してやられた!!だまされたーwww
35.無評価アルバトロス削除
コメントありがとうございました。
正直遅いような気もしますが、この場で返信させていただきます。

>7
確かに必要以上に短く、結果情報だけ置かれてる感はあるかと思います。
ちなみに需要云々と言ったのは、もうひとつのカップリングについてでした。

>13
頑張ってみます。

>15
試みがうまく行き、また楽しんでいただけたようで何よりです。

>18
ありがとうございます。
長さについては反省しています。

>19
あまり書くとネタがばれるかなと短くなってしまったんですが、そこを上手くやってもう少し長くすべきだったとは思ってます。

>28
忠犬はそうです。否定はしてるけど突っ込みどころそこでいいの?という。
かなり自律してますよね。

>29
そういうふうに読んでいただけたらと思って書いた話なので、非常に嬉しいです。

>32
騙すのに全力を注いだかいがありました。
36.90ずわいがに削除
しまった、本当に騙されたッ、素直に魔理沙だと思ってしまいました。
ミスリードを全く疑わなかったのは葉月ヴァンホーテンさんの『八雲紫は此処にいる』以来です!
うわぁ、完ッ全に油断してた。地の文が三人称だったらたいていのミスリードは読めちゃうんですけどねぇ。
完全に魔理沙の一人称だと思ってましたがな;ww